Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 024:JEFF BECK 『Get Them All In The End』 1986年6月1日 軽井沢

まるでビートレッグ誌の記事に合わせているようなペースでベックのリリースを続けているLH。今度は86年6月1日軽井沢プリンスホテルの特設会場で行われた、サンタナ、スティーヴ・ルカサーとの共演コンサートを収録したブツ(2CD+1DVD)を出してきました。

以前、ココで既発盤を取り上げていますが、今回はベックのパートを中心に編集されたものなので、第一部のサンタナの演奏は未収録(TV放送のCMを抜いて盤化したDVDには3曲収録されています)。

get_them_all.jpg

ちなみに、この日のコンサートは午後1時からサンタナ・バンド、3時過ぎからベック、そして3部はベックのバンドにサンタナ、スティーヴ・ルカサー、バディ・マイルス、アルフォンソ・ジョンソンが加わってのセッション大会になりました。
 
【Disc 1】
FM放送のソースにTVでのみ放送された「Going Down」やMC部分を加えて”ステレオ・サウンドボード音源の決定版”を目指したもの。文句なしの高音質です。放送されなかった3曲「The Pump」「Miami Vice Theme」「Gets Us All In The End」は当然未収録ですが、3人揃い踏みでセッションを行った第3部の4曲は全て収録しています(こちらもFM放送音源)。

FM Broadcast Recording
■ TV Broadcast Source

01. Star Cycle
02. Love Will
03. Ambitious
04. Goodbye Pork Pie Hat
05. Stop, Look And Listen
06. Cause We've Ended As Lovers
07. Escape
08. Blue Wind
-Encore-
09. Wild Thing
-Encore-
10. Freeway Jam (with Steve Lukather)
11. Going Down (with Steve Lukather) ■ ※この他にもMC部分の補填に使用

12. Super Boogie (with Carlos Santana & Steve Lukather)
13. Hong Kong Blues (with Carlos Santana & Steve Lukather)
-Encore-
14. People Get Ready (with Carlos Santana & Steve Lukather)
-Encore-
15. Johnny B. Goode (with Carlos Santana & Steve Lukather)

Jeff Beck - guitar
Jan Hammer - keyboards
Simon Phillips - drums
Doug Wimbish - bass
Jimmy Hall - vocal

Carlos Santana - guitar
Steve Lukather - guitar
Buddy Miles - vocal
Alphonso Johnson - bass

【Disc 2 】
2種類の初登場オーディエンスマスターをミックスし、第2部のベックのセットを完全収録。

■ Source A (メイン)Stereo  距離感の近いクリアな音のソースですが、手拍子や曲間などで客のチャットが耳障りな箇所アリ。音像狭め

□ Source B (サブ:補填用)Stereo A同様、距離感の近いこちらは音像広めのソース。低域の歪が目立つ箇所アリ

これら2つのソースをかなりマメに組み合わせて仕上げているようです。※()内はソースBの使用箇所

01. Star Cycle ■
02. Love Will ■
03. Ambitious ■
04. Goodbye Pork Pie Hat □■ (0'00"-0'20")
05. Stop, Look And Listen ■
06. The Pump ■□■ (1'21"-2'27")
07. Miami Vice Theme ■
08. Cause We've Ended As Lovers ■□■□■□■□ (1'30"-2'00" 2'51"-3'07" 3'14"-3'20" 4'07"-4'13")
09. Escape ■□■ (0'22-0'33") 
10. Blue Wind ■□■□■□ (3'01"-3'09" 3'53"-4'14" 5'25"-6'05")
11. Gets Us All In The End ■□ (6'46"-6'49")

-Encore- 
12. Wild Thing ■
-Encore-
13. Freeway Jam (with Steve Lukather) ■□■□ (1'00"-1'11" 4'44"-5'11")
14. Going Down (with Steve Lukather) ■□■ (3'30"-3'34")

Jeff Beck - guitar
Jan Hammer - keyboards
Simon Phillips - drums
Doug Wimbish - bass
Jimmy Hall - vocal
Guest : Steve Lukather - guitar


そして、ディスク3のDVDには、当時深夜にTV放送された映像を(CMを抜いて)完全収録。

  • サンタナ:3曲
  • ジェフ・ベック:6曲+セッション4曲

ややハレーション気味の画質に時代を感じますが鑑賞上の問題は全くナシ。音はとても良いです。

【Disc 3: DVD】
SANTANA
1. Primerainvasion 2. Black Magic Woman 3. Open Invitation (with Steve Lukather)

Carlos Santana - guitar
Raul Rekow - percussion
Orestes Vilat - percussion
Armando Peraza - percussion
Chester Thompson - keyboards
Alphonso Johnson - bass
Buddy Miles - vocal
Tom Coster - keyboards
Graham Lear - Drums

JEFF BECK
4. Opening 5. Star Cycle 6. Cause We've Ended As Lovers 7. Wild Thing
8. Freeway Jam (with Steve Lukather) 9. Going Down (with Steve Lukather)

Jeff Beck - guitar
Jan Hammer - keyboards
Simon Phillips - drums
Doug Wimbish - bass
Jimmy Hall - vocal

JEFF BECK, CARLOS SANTANA & STEVE LUKATHER
10. Super Boogie 11. Hong Kong Blues 12. People Get Ready 13. Johnny B. Goode

Jeff Beck - guitar
Carlos Santana - guitar
Steve Lukather - guitar
Jan Hammer - keyboards
Simon Phillips - drums
Doug Wimbish - bass
Jimmy Hall - vocal
Buddy Miles - vocal
Alphonso Johnson - bass

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx. 65min.

共演曲では明らかにリハーサル不足と感じさせるところがあったりしますが、メンバー、観客共にノリノリで、まさに祭りムード全開といった感じです。

ベックの演奏に限って言えば、音と画をここまでひとまとめに仕上げてきたブートはこれまでなかった筈。今後未発表の放送用ソースの流出や、より優れたオーディエンス・ソースが出てこない限りコレが決定版と言って良いんじゃないでしょうか。

get_them_all_bk.jpg
 『Get Them All In The End』 
ステレオ・サウンドボード音源、
モノラル&ステレオ・オーディエンス音源+プロショット映像収録
プレス2CD+プレス1DVD

関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/164-6c42f1cf
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
369
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
40
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。