Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 026:ERIC CLAPTON AND JEFF BECK 『Versus』 #2

今の会社に入って8年以上が経ちますが、今回入社以来初めての社員旅行に行ってきました。場所は伊豆半島にある稲取温泉。そこで15年ぶり?のボウリングや20年ぶり?のテニスなんぞに興じたまではよかったのですが、昨日から極度の全身筋肉痛に悩まされヨレヨレ。月並みですけどやはり日頃から身体動かしていないと全くダメですね。それを文字通り痛感している次第です。せっかく陽気も良くなってきたことだし、何か良いスポーツがないだろか?と真剣に考え始めているんですが。

ま、そんなハナシはさておき前稿の続きと参ります。「競演」2日目、『VERSUS』(以下MV盤)22日の音、画の具合や如何に?

versus09.jpg versus12.jpg
22日の写真(付属の4枚のピクチャーカードより)

と、ここまで書いてからじっくり聴き始めたのですが。

まずベックのセットでのノイズ感がまたイヤな感じです。ドラムス音を中心とした歪みですが、その程度は21日分のレベルを超え、かなり耳障りに聞こえます。過入力によるものだと思うんですが、そのためリズム隊が控えめなバラードや弱音部分では”ギターがクリアで音の近い優良ソース”として問題なく聴けるので随分と惜しい気がします。

続くクラプトンのセットや共演部分になると、これまた前日分同様に歪み感が減少。それでも全体的にざらついた感じが耳に残るような(特にディスク4のエレクトリックセット以降)。とは言え、あくまで前日分との比較を念頭に入れて書くからそうなる訳で、これ単独で聴かされれば相当良好なオーディエンス音源ということになりますね(最後の「I Want Take You Higher」ではまたもや”ハーイヤー!”の歪みがキツイ)。少なくともベック単独のパートと比較すれば個人的にはこちらの方が随分とストレ ス無しに聴けますね。

Live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 22nd February 2009

【CD】
Disc 3
JEFF BECK
01. Introduction
02. The Pump
03. You Never Know
04. Cause We've Ended As Lovers
05. Stratus
06. Angel (Footsteps)
07. Led Boots
08. Goodbye Pork Pie Hat
09. Brush With The Blues
10. Jam inc: Freeway Jam
11. A Day In The Life
12. Big Block
13. Where Were You
14. Peter Gunn Theme

ERIC CLAPTON
15. Introduction
16. Driftin'
17. Layla
18. Motherless Child
19. Running On Faith

Disc 4
01. Tell The Truth
02. Key To The Highway
03. I Shot The Sheriff
04. Wonderful Tonight
05. Cocaine
06. Crossroads

ERIC CLAPTON X JEFF BECK
07. Introduction
08. You Need Me
09. Listen Here
10. Compared To What
11. Here But I'm Gone
12. Outside Woman Blues
13. Brown Bird
14. Wee Wee Baby
15. I Want Take You Higher

DVDの方ですが、前日分同様、CDの音声とステージ下手側の大型スクリーンを撮影した映像のミックス仕様です。この日は冒頭の引きの映像アングルから見るに、どうもこんなところからの撮影じゃないかと思うんですが、どんなもんでしょう。

saitama_02_22.jpg
 
やや右に傾いだ画像を見せられることになりますが、それが苦痛という程のものではなく、少なくとも僕自身は割とすんなり鑑賞モードに入れました。画質についてはちょっと良い言い方をすればソフトフォーカス。大画面での鑑賞には向かんのでしょうが、PCや一般的なサイズのTVでフツーに観る分には問題ないと思います。当日から既に3ヶ月以上が経ちましたが、それにつれボヤケてくる記憶の彫りを改めて深める一助として私的にはとても有効なブツになってくれました。

さて。

以前、発売後すぐに22日の決定版呼ばわりをしたブツ(以下LH盤)と聴き比べてみたのですが、MV盤に比べ音が遠めで音量レベルも抑え目。一聴迫力不足に感じられるところもあるんですが、音のクリアさ、サウンドバランス、オーディエンスノイズの程度などを総合し、トータルバランスの良さで22日の音についてはLH盤が決定版、な私見変わらずといった具合です。

versus04.jpg versus06.jpg
『VERSUS』
MID VALLEY 507/508/509/510 2009
ステレオ・オーディエンス録音音源+オーディエンスショット映像使用
プレス4CD+プレス3DVD スリップケース&4ピクチャーカード付
購入店:西新宿BF 15,000円

versus13.jpg versus14.jpg
関連記事
Comment
2009.06.06 Sat 00:53  たどん #AZV5XfxQ
masaさん、こんばんは。
2日から仕事で台湾に行っていたので、またしても亀レスになってしまいました。

LH盤、お気に召されたようで良かったです。思わずホッとしてしまいました(笑)。

さて、SBS(極東系?)のDVDレビューどうもありがとうございました。特徴がとても分かりやすく、僕としては以前からこういったやり取りを望んでいるところもあったのでとても嬉しいです。で、そのSBS版ですが何とブルーレイ仕様まで出ているんですね。おそらく出来への自信の表れということなんでしょう。まずはスクリーンショットを収録した21日分『You Need Love』を買ってみたいと思っています(ハードが無いのでDVD-R版で)。

ところで、MV版あちこちで酷評されてますね。中でも特に叩かれている(ように感じる)DVDについては、僕自身観たいときに手軽に観れるだけで恩の字という緩めなスタンスがあるのは事実としても、”そこまで酷い?”という疑問符が浮かんでしまうのも確かだったりします。

まそれはともかく、生き馬の目を抜くよな業界体質ゆえ、人気の高いレーベルにあっては特に最高品質を目指す徹底したスタンスが求められてることを改めて肝に銘ずるべきなのかも知れないですね(と利いた?風なことをぬかしてます 苦笑)。
 / URL / Edit
2009.06.08 Mon 23:15  たどん #AZV5XfxQ
masaさん、こんばんは。

SBS版DVDですが、何やらかなりの俊足ブツになっているのか、行き付けの店やそれ以外のところでも在庫を切らしていたのですが、先程木曜日入荷との知らせが入りました。プレスじゃないところが残念なのですが、映像の場合はそれを言ってちゃ始まりませんよね。

賞味するのは週末になりそうですが、それまで楽しみに待ちたいと思います。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/178-bc80fa6c
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
431
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
44
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。