Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAMES GANG 『2001 Comeback Special』

2001年にジェイムズ・ギャングがデビュー時のメンバーでリユニオンした時の演奏を収録したブートを紹介したいと思います。2月25日、オハイオ州クリーヴランドでのライヴを全編安定したステレオ・サウンドボード音源にて収録(放送音源かも)。何でもこの日は”ロックの殿堂”主催のチャリティー・コンサートへの出演だったそう。

james_gang_2001.jpg

Live at Allen Theatre, Cleveland, Ohio 25th February 2001
01. Walk Away
02. Midnight Man
03. Take A Look Around


04. Ashetton Park
05. The Bomber
06. Garden Gate
07. Collage
08. Ashes, The Rain And I
09. Tend My Garden
10. Stop
11. Personal Manager
12. Lost Woman
13. Funk #49
14. Rocky Mountain Way
オーディエンスノイズの拾いが少ない、まさに”卓直”といった感じの音ですが、各パートのバランスが良いので聴き応えは十分。もうちょい歓声を大きくミックスすればオフィシャルとしてもイケそうですが、個人的にはギターの音にちと単調な印象を受けます。

全14曲中、アルバート・キングのカヴァー11「Personal Manager」と最後に演奏された14「Rocky Mountain Way」以外は全てジェイムズ・ギャングのレパートリーという当然と言えば当然な選曲。ちなみに14にトーキング・モジュレーターは登場せず(スライドはガンガンにキメてます)。

さて、この時の演奏内容に手応えを感じた3人は2005年に再度クリーヴランドで単発のライヴを行い、翌2006年いよいよバンドの復活を宣言、35年ぶりとなるツアーへと繰り出します。この報を受け、僕のように来日に期待した人も多かったことと思いますがそれは叶わず、新作のレコーディングもなく、ウォルシュにとってのメインとなる活動の場は再びイーグルスに。

james_gang_2001_bk.jpg
 『2001 Comeback Special』
Shamrock SR-201026 
ステレオ・サウンドボード音源使用 プレス1CD
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/219-c4ee8a56
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
431
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
44
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。