Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 061:ERIC CLAPTON 『Boogie Chillen' 旅人 貳』 1990年12月5日武道館

タランチュラレーベルからクラプトンの新しいブートがリリースされました。9回目となる1990年のジャパン・ツアーから12月5日の武道館公演を完全収録。以前ココで4日の演奏を収めた同レーベル発のブートを取り上げましたが、その続編。音源提供者も同じで、この日もDATレコーダーでの録音とのことです。

boogie_chillen.jpg

ある意味当時の日本の経済状況にマッチしていたとも言える高価なブランド服を着込んでブルースを演奏、というバブリーなムード漂わせるECですが、コンサートの内容から匂い立ってくるのもゴージャスさとコマーシャリズムといった印象(それが悪い訳じゃありません)。更に言えばソロ名義での活動期間中、最もハード・ロックに接近した(これについてはフィル・パーマーというサポートギタリストに因る部分も大きいようですが)と言いたくなるよな音とアグレッシヴな演奏が聴けます。

セットの流れ自体は4日と大差無いやや演出色の強いものですが、この日は「Driftin' Blues」が「Boom Boom」に、「Sunshine Of Your Love」からメドレー的に挿入される「Two Trains Coming」も「Boogie Chillen'」に替わっているなど、若干の変更がありますね。

音質については”シリーズものの場合、後発は先発を越えられない”という定説をアタマ差ほどで超えた見事な高音質ぶり。4日版も比較的距離感の近い好ソースでしたが、個人的にはバスドラの音により芯を感じられる点でこちらに軍配を上げたいと思います。

ちなみに、4日版は客入れ時のBGMから収録されていましたが、この日はLayla (Orchestra Intro)からの収録(アタマ数秒欠けてるような)。それに対し終演後についてはホール外の様子も録音されているなど、長めの収録になっています。

boogie_chillen_is.jpg
Disc 1
01. Layla (Orchestra Intro)
02. Pretending


03. No Alibis
04. Running On Faith
05. I Shot The Sheriff
06. White Room
07. Can't Find My Way Home
08. Bad Love


09. Before You Accuse Me
10. Old Love

Disc 2
01. Badge
02. Wonderful Tonight
03. band intro
04. Cocaine
05. A Remark You Made
06. Layla
07. Boom Boom
08. Crossroads
09. Sunshine Of Your Love
10. Boogie Chillen'
11. Drum Solo
12. Sunshine Of Your Love (Reprise) 
13. Otsukaresama-Deshita!
14. SE / Happy Trails - Announcement
15. Concert Information
16. Concert Goods Information
17. Concert Ingormation
18. Announcement
19. What A Wonderful World
20. around the Questionnaire Box~Backing Home

Eric Clapton - guitar, vocals
Phil Palmer - guitar
Nathan East - bass
Steve Ferrone - drums
Greg Phillinganes - keyboards
Ray Cooper - percussion
Katie Kissoon - backing vocals
Tessa Niles - backing vocals

boogie_chillen_r.jpg 
『Boogie Chillen' 旅人 貳』
Tarantura TCDEC-51-1,2 2009
ステレオ・オーディエンス録音音源使用(from Original DAT Master)プレス2CD
購入店:西新宿P 7,800円
関連記事
Comment
2009.10.01 Thu 10:50  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。この公演、先月ラフィン・ノーズ(複数出演のイベントでした)に一緒に行った友人と共に行きました。既に“2,000光年のかなた”の出来事というか、細かい事は覚えていないのです。終演後、水道橋の“庄や”で朝まで飲んだ事は覚えていますが‥‥(爆)。
こんにちは / URL / Edit
2009.10.01 Thu 20:30  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、またまたどうもです。

ラフィン・ノーズ行かれたのですね。どうでしたか?

ライヴの記憶(に限らずですケド)って意外に薄れていっちゃうものなんですよね。いや薄れるというより欠落していくと言った方が正しい。ハッキリ覚えている部分もあれば(そんなのに限ってどうでも良いことだったりするんですが^^;)、きれいさっぱり忘れちゃってる部分もある、という感じ。

例えば85年のパープル再結成ライヴ。あれほど期待(と不安)して臨んだのに、今やそのほとんどが忘却の彼方、だったりします。
 / URL / Edit
2009.10.01 Thu 21:15  ファブギアマン #2fj95qD6
  こんばんは。同じコンサートを今観れば、もっと細かい点に氣づけるんですけどね。24年ぶりに観たラフィンノーズ、良かったですよ。紆余曲折あったにも関わらず、友人の話によると、バンド活動のみで生活出来ているそうです。その昔は、KYOYAが加入するなんて思いもしませんでしたが‥‥。

 85年のパープル(日本武道館、5月15日・水曜日)、アルバム『PERFECT STRANGERS』は既に『IN ROCK』や『MACHINE HEAD』の頃の彼等ではなかったものの、リッチー好きな私としてはまさしく『夢』でしたね。2階の右の方の座席だったのですが、照明の機材だかビデオカメラだかが入るとかで、振り替えの座席が、何と真正面! 2階の最前列だったかもしれません。テンション上がりましたねぇ。
こんばんは / URL / Edit
2009.10.03 Sat 01:18  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、またまたどうもです。

そうですか、続けているだけでも殊勲ものなのに、バンドだけで食って行けてるというのは実に素晴らしいですよね。ちょっと僕も観に行きたくなってきましたねぇ>ラフィン・ノーズ。

85年のパープルですが、その15日に掛け合いの最中、タイミングを外したジョン・ロードが仰向けにひっくり返るという小ギャグをかましたりしてなかったでしょうか。実は4日間行われた武道館公演中、どの日に行ったのかすら覚えていないのです。思えば、この頃が我が人生中最もやんちゃ(苦笑)を繰り返していた日々でありまして。

僕にとっても「夢」の時間だった筈なのです。筈なのですが、え???という気分になってしまったというのが正直なところでして。当時バンドの人間関係はとても良い状態だったようで、確かにそれは感じられたのですが(だからこそのロードの小ネタかと)。
 / URL / Edit
2009.10.03 Sat 15:06  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。武道館でのジョン・ロード、あまり記憶にないのです。リッチーとの掛け合いで、キーボードが無い、向かって右の方の高音部の箇所(≒つまり、空間ですね・笑)を弾く真似をしていたような記憶があります。
こんにちは / URL / Edit
2009.10.03 Sat 22:56  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、連投ありがとうございます。

なるほど~。ビートレッグの7月号にあるジョン・ロードの「我が人生において最良の時期だった」は伊達ではなかったという訳なのですね(笑)。
 / URL / Edit
2009.10.29 Thu 11:22  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。話をクラプトンに戻すと、1981年の来日公演モノが先日某メーカーから出ましたね。おそらく、たどんさんは購入された事でしょう。「ドゥービーのカバー??」と思ったら、違っていました‥‥。こういうタイトルの付け方は、オフィシャルは勿論、ブートでもまず無いように記憶しています。この方法だったら、色々パターンが考えられますよね。レインボーのライブ盤に『JOHNNY THE FOX MEETS JIMMY THE WEED』(THIN LIZZY)、はたまた『CHARIOTS OF FIRE』(VANGELIS)と‥‥(←これは既にありますネ)。
こんにちは / URL / Edit
2009.10.29 Thu 18:56  たどん #AZV5XfxQ
え、購入? ああはい、確かに(苦笑)。

という訳で、ファブギアマンさん、こんばんは。

ちなみに邦題が「ある愚か者の場合」。そんな事情?が当時クラプトンにあったかいな?と思わず深読み(苦笑)してしまいましたが。

ブートのタイトル付け、一度やってみたいですね(笑)。


 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/263-c034e322
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
369
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
40
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。