Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 071:BRUCE SPRINGSTEEN & THE E STREET BAND 『Ready To Run』 1975年7月20日 ロードアイランド州プロヴィデンス

飲めもしないのにいい気になって酒を呷り、友人達の下宿先を転々とし、それも侭ならん時はテキトーな場所を見つけ夜を明かして、家になんぞ寄り付きもしない。当時そんな風にあてなく街をふらつくことが何度あったことか。

って何を書いてんだ一体(笑)。

友人達が皆まじめに就職活動している中、あっちでふらふらこっちでふらふら、今思い返してもこの頃が最もやんちゃで(苦笑)生活が荒んでいた1985年。その一方で今も強烈に印象に残っている出来事が多かったのも確かで、今回のお題もそんな中のひとつ。

なのにそれが何日だったのか思い出せない4月某日、代々木のオリンピックプールで行われたブルース・スプリングスティーンの初来日公演。決して大げさでなく、空前絶後の大コーフンを味わわせてくれたライヴがコレ。頭ん中が真っ白になる程、飛び跳ね、歌い叫び、そんでもってビシビシ決まるアクションとキメのフレーズにマジでちびりそうになった。

ちなみに僕が初めてこの人の歌を聴いたのは、76、7年頃で、何となくFENからだったようにインプットされていますが「Born To Run」でした。

当時ロックといえば、英米のハードロックと四天王を中心としたプログレに熱を上げていた僕にとって、異質と感じたであろう筈のこの曲はしかし、ユニゾンで奏でられるフレーズとキラキラしたピアノの音が強く印象に残った記憶があります。

という訳で?今回は先々月の末にリリースされたスプリングスティーンのブートをご紹介。

ready_to_run.jpg

1975年7月20日、Born To Run ツアー初日のプロヴィデンス公演を収録。このブログでも何度か紹介している人物による録音ですが、今回もまたいい仕事っぷりで。

この音源は30周年記念盤で公式に日の目を見た11月18日のロンドンのハマースミスオデオンでの演奏と聴き比べてみると面白いかも。ロンドン公演の4ヶ月前のこの日、『明日なき暴走』からの演奏はたったの3曲。で、聴いておや?と思ったのが、その3曲への客の反応がやや淡白に感じられたことなんですが、どうやらこの時点ではアルバムはまだリリースされていなかったようで(アメリカでの発売は8月25日だったそうな)、そんな意味でも貴重な音源と言えそうです。
音の方はと言うと、とにかくクリア(個人的にはもう少し低域の厚みが欲しいところですが)。ただ残念なことに、ショップのインフォでは触れられてませんが、「ロザリータ」でのメンバー紹介の後、さぁクライマックス突入、というところでカットが入ってしまうのと、冒頭の歓声0'08"のところに、一旦テープを止めたのか、または他の部分から持って来て接いだのか不自然に聞こえる箇所があること。あとはストーリーテラーぶりを発揮する長尺の「New York City Serenade」でピンチローラーの回転ムラが原因と思われる音の揺れが何度かあります。ちなみに今回の銀盤化にあたり、高めだったマスターのピッチを修正しているとのこと。

ready_to_run_r02.jpg


Live at Palace Theater, Providence, RI - 20th July 1975
Disc 1
01. Incident On 57th Street
02. Spirit In The Night
03. Tenth Avenue Freeze-Out


04. Growin' Up
05. It's Hard To Be A Saint In The City
06. The E Street Shuffle
07. Born To Run
08. Thunder Road
09. New York City Serenade

Disc 2
01. Kitty's Back
02. Rosalita
03. 4th Of July, Asbury Park (Sandy)


04. A Love So Fine
05. Sha La La
06. Quarter To Three

Bruce Springsteen - vocals, guitar, harmonica
Roy Bittan - piano, backing vocals
Clarence Clemons - saxophone, backing vocals, percussion
Danny Federici - organ, glockenspiel
Garry Tallent - bass, backing vocals
Steven Van Zandt - guitar, backing vocals
Max Weinberg - drums

あれから24年。あそこまで我を忘れて熱狂出来るライヴなんてもうないのかも知れませんが、それは演奏の内容云々だけでなく、とにかく僕自身がまだ若かった。口さがない人は60's, 70'sロックなんてもう死に体じゃないかと言うけれど、実際、まだ聴いてんのか?(まだ買ってんのか?)という友人もいたりするんですが、今も十代の頃に愛聴していた音楽が変わらず好きで、懲りもせずブートを買い込んでいる自分も考えようによってはまぁ悪くもないか、などと独りごちたりする秋の夜長ってことで。。

*おまけ*
第一部の締めの曲「Thunder Road」、会場の客電という客電が全て点された中演奏された「Born To Run」。興奮しながら思わず振り向き見渡すと人の壁が揺れている。会場全体が生き物のように脈打っている。とにかく僕も含め回りは皆わあわあと叫びっぱなし。ってかなり誇張が入っている可能性大だけどイイんです。僕の中にはこんなイメージで刷り込まれているのだからして。

そして最後、「Twist And Shout」を歌いきった後に大股広げて叫ぶあのフレーズ。

”I'M JUST A PRISONERRRRR…

…OF ROCK 'N ROOOOOLL !!!”

1985年4月11日代々木オリンピックプールの音源から「Thunder Road」と「Born To Run」


*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

ready_to_run_r.jpg
『Ready To Run』
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
関連記事
Comment
始めまして。何時も楽しくページを拝見しています。
ブルース・スプリングスティーン!
私もロックがどうだの、ストーンズだのクラプトンだの
言い始めて随分と時が経ちますが、そのロックの入り口が、
1985年4月11日代々木オリンピックプールの、
ブルースのライブでした。
それまでまともにライブを見た事も無く、初めての
ライブ経験がこのブルースでした。
この音源4月11日の音源は何処でどのように手に入れられたのですか?教えて頂く事は出来ませんか?(フルで聴いてみたい!のです)それが無理なら、セット・リストを教えて貰えませんか?
頭沸騰、初めてのあのライブを追体験したいのですが・・・。
ご検討頂けますか?
教えて下さい! / URL / Edit
2009.11.05 Thu 22:48  たどん #AZV5XfxQ
gigobaさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうですか~、あの場にいらしたのですね。それにしても凄まじかったですよね。アリーナクラスであれ程までに会場全体がヒートアップしたライヴは初めてでした。

この音源はDIMEから落としたものですが(アカウントお持ちですか?)、どうも商品化はされておらず、トレードを中心に出回ったソースのようです。

タイトル『Lights Out Second Night』

Born In The U.S.A.
Darlington County
Out In The Street
Johnny 99
Darkness On The Edge Of Town
The River
Trapped
Prove It All Night
Glory Days
The Promised Land
My Hometown
Badlands
Thunder Road

interval
 
Cover Me
Dancing In The Dark
Hungry Heart
Cadillac Ranch
No Surrender
I'm On Fire
Growin' Up
Bobby Jean
Racing In The Street
Born To Run
Ramrod
Twist And Shout / Do You Love Me / Twist And Shout

今でもダウンロード出来る筈なので、検索窓に↓を入力してみて下さい。出て来る筈です。

43391a0cca64996887be07956359e0830d86d3cd

?な点がありましたら遠慮なくおっしゃって下さいね。
 / URL / Edit
DIMEはやった事が無いのでチャレンジしてみます!
ずっとセットリストが知りたくて自分なりに探してみて
見つからなかったので、とても嬉しいです!
1985年4月11日以来、色々なライブを見てきましたが、
あれが絶対不動のナンバー1です。
実はブルースが今やっているツアーの初日にカリフォルニアまで
見に行ったのですが、その時のリクエストナンバーがGrowin' Up で
「おお!初めて聴いたぞ!」と喜んでいたのですが、
生まれて初めて見たブルースのライブで聴いていたのですね。
当時は今のようにブルースの曲を熟知していなかったので・・・。
本当にありがとうございました!
ありがとうございます / URL / Edit
2009.11.06 Fri 00:08  たどん #AZV5XfxQ
gigobarrgさん、こんばんは。

ブルースの音源や映像ばかりを集めた「Jungleland」というサイトがあります。

http://jungleland.dnsalias.com/

残念ながらこちらには日本公演のソースは上がってないようですが、最近のツアーソースも相当数集まっているようです。ご参考まで。

では、またお気の向いた時にでも立ち寄ってやって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
 / URL / Edit
はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。bossのBIUT日本公演、私も4/13が初海外アーチストライブ体験だったこともあり今でもとても記憶にのこっています。http://jungleland.dnsalias.com/ でbootのジャケは見れますね。Lights Out Second NightとFirsti Night(ver2)は昔売られていました。 (買いました。)

 / URL / Edit
2009.11.07 Sat 02:39  たどん #AZV5XfxQ
ecさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ブルースが初めての外タレライヴという方、結構多いのかも知れませんね。それだけ待望の初来日だったということなんでしょうね。

>Lights Out Second NightとFirsti Night(ver2)は昔売られていました。

おお、そうでしたか。情報ありがとうございます。店頭で見かけた憶えがないので、てっきりトレードオンリーと思い込んでいました。それにしては随分ちゃんとしたスリーヴが用意されていたので??ではあったのですが。

ぜひまた立ち寄ってやって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
 / URL / Edit
2011.08.29 Mon 20:41  たかぽん #SSzCoCjY
はじめまして。 大学時代にブルースに夢中でブートレコードもよく購入していましたが、これまでにほとんど手放してしまいました。
でも今になってCDのライブブートを買いなおしています!

でも代々木の4日目のライブの手かがリが全くありません(涙)
昔レカードデ持っていたのでなんとか手に入れたいのですが
情報をお持ちでしたら~何卒ヨロシクお願いします。

代々木4日目の音源 / URL / Edit
2011.09.01 Thu 16:50  たどん #AZV5XfxQ
たかぽんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

お訊ねの代々木の4日目(1985年4月15日)の音源ですが、一昨日ブルースのコアなマニアの方に会う機会があったので訊いてみました。

どうやらアナログ(お持ちだったものでしょうね)のみのリリースで未だCD化はされていないようです。せめてネット上にULされていれば良いのですが・・こちらについては確認出来ませんでした。

お役に立てずすみません。
 / URL / Edit
2011.09.01 Thu 20:22  たかぽん #-
お返事有難うございました。

そうでしたか・・・。 今となってはアルバムタイトルも覚えてませんが
最初の数曲終わった後の余韻の途中での観客の女性(2人かな?)
の興奮した会話が印象的でした。 音質はあまりいいイメージがなかったのですが手放したことを後悔しています。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/275-143483de
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。