Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 069:JEFF BECK 『Sling Shot』 1989年12月2日 カリフォルニア州サクラメント

もうひとつ、前回、前々回のタイトルと同日にリリースされたジェフ・ベックのブートを取り上げたいと思います。

1989年、アルバム『ギター・ショップ』リリース後、10月25日からスタートしたUSツアーのラス前の12月2日、カリフォルニア州サクラメントでのライヴをオドロキの高音質AUDソースにて収録。

sling_shot.jpg

全15曲計73分チョイの1CD仕様。それでも当日のセットリスト全曲収録とのこと。ちと短いんじゃ?と思われるかも知れませんが、この時のツアーはスティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルとのジョイントで各地を回るスタイルだった為、セット時間が通常より短めになっているんですね。

ちなみに日ごと交互にトリを務め、最後に「Going Down」で共演するといったパターンだったらしく、この日はベックのバンドにレイ・ヴォーンが加わるという流れになっています。で、この共演がまたゴキゲンで、王道的ブルースのマナーに良い意味でのケレン味(スパークするテキサス魂とも云う)混じりのSRVと変幻自在にトリッキーな技を繰り出すベックのバトルが本タイトルの目玉でもある訳ですが、そこに至るまでのバンドの演奏、特にこの日のベックは間違いなく絶好調、どの曲も見事な弾きっぷりですよって。

セット自体はショートスケールながら『ギター・ショップ』全曲を演奏するという、いわば『ギター・ショップ・ライヴ』的な内容になってますが、そこに「Freeway Jam」やフルコーラス演奏が復活した「Goodbye Pork Pie Hat」、「Blue Wind」といった往年の代表曲、そして「Train Kept A Rollin'」と「People Get Ready」のインスト・バージョンが混じるという構成になっています。実に計算の行き届いたセットリストという感じがしますね。

そして70年代や80年前半に比べると、インプロ的側面が形を潜め、かなりカチッとまとまった流れに(このあたりに時代の流れを感じます)。でもって演奏の方も揺らぎのない、スタジオ作同様にえらくタイトなもので、これは弦ベースレス(キーボードがベースの役目を兼任)と何と言ってもテリー・ボジオのタイム感がジャストな独特なグルーヴ感に因るところが大きいと思います。
音質はと言えば、距離感が近く、音圧もありバランス良好。またひとつ良質なタイトルがコレクションに加わり嬉しい限り。但し「Good Bye Pork Pie Hat」の出だしがテープ反転のタイミングだったらしく数秒の欠落があります(惜しい!)。

Live at Arco Arena, Sacramento, CA USA 2nd December 1989
01. Savoy
02. Guitar Shop
03. Sling Shot


04. Big Block
05. Behind The Veil
06. Freeway Jam


07. Where Were You
08. Stand On It
09. Goodbye Pork Pie Hat
10. Two Rivers
11. Day In The House
12. Train Kept A Rollin'
13. Blue Wind
14. People Get Ready


15. Going Down (with Stevie Ray Vaughan)


Jeff Beck - guitars
Tony Hymas - keyboards
Terry Bozzio - drums

sling_shot_r.jpg
『Sling Shot』
Wardour-072 2009
ステレオ・オーディエンス録音音源収録 プレス1CD
購入店:西新宿LH 3,500円

それではまず、ベック&レイ・ヴォーン初の共演となった84年3月19日、ハワイ・ホノルルでの「Jeff's Boogie」。バックはダブル・トラブルとジミー・ヴォーン。


そして本ツアーから「Going Down」
関連記事
Comment
2009.11.01 Sun 21:47  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。このトリオの日本公演、チケットを買ったにも関わらず雨で中止&順延、横浜には行く事は叶わず、泣く泣く払い戻しました。いくらギターが上手くても(?)、雨と感電には勝てないんだな‥‥と感じましたね。時間が空いたので、確か西船橋の駅前で、友人と昼間からビールを飲んだ記憶があります(1杯だけですが)。おととしぐらいの六本木でのテリー・ボジオのライブ終了後、サイン会でその中止の事を話したら、謝ってくれました(爆)。

 ざっと聴いたら、「PEOPLE GET READY」は若干早いんですね。ボジオ効果(?)でしょうか(笑)。この人、一説によるとドラムの音がうるさ過ぎて、奥さんのデイル・ボジオと離婚したとかいう話を聞いた事があります。勿論、それだけではないでしょうが。
こんばんは / URL / Edit
2009.11.02 Mon 22:02  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、またまたどうも。

もう十数年前になりますか、楽器屋でテリー・ボジオの教則ビデオを見たことがあります。まるで千手観音(大げさ)のような芸達者ぶりにはもちろん驚きましたが、個人的にどうもしっくり来なかったのが、あまりに上手過ぎることと(笑)、僕の思うグルーヴが希薄に感じられたことでした。

なんてまるで分かっちゃいないハナシはともかく、ミッシング・パーソンズなんてバンドがありましたねぇ。
 / URL / Edit
2009.11.02 Mon 22:16  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。そうなんですよね、「凄い事は凄い」んですけどね‥‥。自自分がギタリストだったとして、ドラマーに欲しいのは、やはりチャーリー・ワッツだったり、コージーやキース・ムーンだったりするんですよね。
こんばんは / URL / Edit
2009.11.03 Tue 00:17  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

ギタリストになった立場で選ぶドラマー…、実に興味深いお題ですね。

色々と浮かんだものの、一人だけとなると誰だろう、と考えてみましたが、結局自分がどんな音楽を演りたいかによるなぁ、という結論に至りました(笑)。

で、どんな音楽を演りたいのかと言うと、これがよく分からないのです(苦笑)。
 / URL / Edit
2009.11.03 Tue 10:37  ファブギアマン #2fj95qD6
 おはようございます。今日はお仕事はお休みでしょうか。こんな日は、長年聴いてない(爆)ブートを聴くのもいいのではないかと‥‥まあ、オフィシャル、ブートに限りませんが。

 どんな音楽を演りたいか‥‥それで生活して行くというのは(猛爆)ひとまずおいて、選択肢が多すぎるかもしれませんね~。気軽にコピーバンドをやるとしても、「SMOKE ON THE WATER」はやりたくないです(往年のパープルは大好きですが、ね)。
おはようございます / URL / Edit
2009.11.03 Tue 12:33  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

ええと、仕事です(泣)。近くの競技場からお気に入りのチームを応援する歓声が聞こえてきます…。

旗日はもし休みだとしても5歳になる小猿が一日中まとわりついてくるのでのんびり過ごす事すらままなりません(笑)。

「Smoke On The Water」確かに、ですね(笑)。今パープルのコピーをするなら3期または4期が良いかも。けど「タマホーム」もとい「バーン」はダメ(苦笑)。「You Fool No One」あたりが良いですかね(ドラムスはしんどいですが)。
 / URL / Edit
2009.11.03 Tue 22:08  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。「5歳になる小猿が一日中まとわりついてくる」ですかぁ、それって、紛れもない“幸せ”じゃないですか? 男が幸せを追ってどうする、という意見もあるかもしれませんが‥‥(苦笑)。
こんばんは / URL / Edit
2009.11.05 Thu 00:34  たどん #AZV5XfxQ
いんや、ファブギアマンさん、あたしゃ根が欲張りですんで、一生追い続けますよって、幸せってやつを(笑笑)。
 / URL / Edit
2009.11.08 Sun 11:49  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。“幸せ”の話はひとまず置いといて(笑)、別記事の『FIRE STILL BURNING』の、「AIR BLOWER」でのハイハット・ワーク。こういうドラムがいいですねぇ。もしくは、小節の途中ではどう聴いてもズレてるんだけど、ケツではしっかり合わせてしまう、的な。それから考えると、テリーもカリウタも少々メカニカルかな、と‥‥(上から目線だなあ)。
こんにちは / URL / Edit
2009.11.08 Sun 12:12  たどん #AZV5XfxQ
ええ、全く同感です。良いですよね~「Air Blower」のドラム。

メカニカルというのは本当にそうで、何だかそんなことを改めて考え始めるとまた昔のように黒人のリズム隊と組んで演ってくれないかな、などと夢想してしまいます。

もっとこうネバっこいリズムに乗る最新のベックのギターが聴いてみたいですねー。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/276-955a95ee
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
369
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
40
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。