Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 072:JEFF BECK 『Fire Still Burning』 1975年5月3日 ボストン

以前このブログで取り上げたジェフ・ベック1975年のライヴを収録した裏名盤と同じソースを収録したブツが先日リリースされました。

既発盤では非常にクリアーできらびやかな、若干派手目な音処理がなされていましたが、今回はライブの出だしと終わりのフェード処理をはじめ、余計な音加工、編集を極力施さず、音量およびピッチ調整を施す程度にとどめ、原音を極力尊重した形にてCD化。(もちろん音量調整の際は、歪みなどのノイズが生じないよう丁寧にマスタリングされています)~ショップのインフォメーションより~

本当にそこまで違う? 買う前に試聴させてもらいましたが、冒頭の部分が既発盤のようにフェイドインでなくカットインになっているのはその通り(ゆえに既発のコピー→イコライジング版ではない)。けど音質差についてはよく分からない。まして何やら微妙な言い回しだし。

ってことで、結局購入と(苦笑)。

fire_still_burning.jpg

聴き比べてみると、WT盤の方が若干高域が強調されているように聴こえます。また、これも何となくなんですが、新盤の方がテープのジェネレーションがひとつ若くなったように感じられる箇所もあるようで(ビミョウだな)。なので、音は”若干良くなってる”とは思うんですが、今回の再発のキモはそんな重箱の隅をつつくようなことではなく、長いこと中古市場でしか入手出来なかった良質な音源が再び容易に手に入れられる環境になったところにある訳で。

fire_still_burning_is.jpg

収録されているのは1975年作『Blow By Blow』リリース後に開始したUSツアーより、5月3日マサチューセッツ州ボストンにあるボストン・ミュージック・ホールでの演奏。曲数は少なめですが全曲収録とのこと。『Blow By Blow』のイメージでもって聴き始めると音の感じが随分と異なることに気付きます。その一番の理由は構成メンバーの違いによるもので、まずはリズム隊、バーナード・パーディとウィルバー・バスコムのコンビがもたらすアーシーでどこかまったりとしたリズムがスタジオ版のそれと大きく異なるからなんですね。

ちなみにこのUSツアーはマハヴィシュヌ・オーケストラとのジョイント形式になっていて(交互にトリを務めたのだとか)、ベックはひょっとしたら先鋭的なジャズ・ロックを高度なテクニックで聴かせる彼らを意識し、結果あえてファンキーな路線で差別化を図ったんじゃないかと勝手な想像をしてるんですが。つまりジャズ・ロックに対するジャズ・ファンク。そのためのバーナード・パーディであったし、ウィルバー・バスコムであったと(ツアー開始の前月にメンバーを決めたんだそうです)。バンドの持ち味が活かしにくい「Scatterbrain」は演奏せずに、かつてのレパートリーである「Superstition」や「Got The Feeling」といった黒めなところを取り上げているあたりにもそれがうかがえるような。ちなみにこの3ヶ月後、同じメンツでベックは2度目の来日を果たします。

音の方ですが、そんなまったり具合に実にお似合いのまるで会場の空気感をも取り込んだような音像が印象的。独演の「Jeff's Boogie」に続いて演奏される「Constipated Duck」で感じられるリアルなホール感なんぞ実に見事なものです。ショップのインフォにある”あたたかみのあるサウンド”にも思わず納得。近年主流のデジタルレコーダーの音とはひと味違うふくよかな音色を聴かせてくれます。
さて、今回は新盤 VS 既発盤ってことで、2ヶ月前にCDを整理した時に出て来たMistral Music盤も混ぜ、三つ巴の比較でお送りしたいと思います。ちなみにこのMM盤は元テープのジェネレーションが低く、ピッチやや遅め、曲によって音質にバラツキあり、後発盤にないフェイドアウト/フェイドインあり、おまけに表記ミスもある(5月31日になってます)と、今となっては明らかに役目を終えてしまったブツであります。

fire_still_burning.jpg lost_mistral_tape_b.jpg in_boston_1975.jpg

L : 『Fire Still Burning』 (2009)
C : 『Lost Mistral Tape』Watch Tower WT 2004123 (2004)
R : 『Live In Boston 1975』 Mistral Music MM9118 (1991)

Live at Boston Music Hall, Boston, MA 3rd May 1975
01. Jeff's Boogie / Constipated Duck
02. Drum Intro / She's A Woman
03. Freeway Jam
04. Definitely Maybe
05. Superstition


06. Keyboards Solo
07. Cause We've Ended As Lovers
08. Power ※後に共演する事になるスタンリー・クラークのカヴァー


09. Got The Feeling
10. You Know What I Mean

Jeff Beck - guitar
Max Middleton - keyboards
Wilbur Bascomb - bass
Bernard Purdie - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

fire_still_burning_r.jpg
『Fire Still Burning』
Import Title 2009
ステレオ・オーディエンス録音音源使用 プレス1CD
購入店:西新宿LH 3,500円

lost_mistral_tape_is.jpg
『Lost Mistral Tape』のスリーヴより
関連記事
Comment
私も別音源でこの5月3日ライブを聴いたのですが、おっしゃるとおり、Blow by Blowのリチャード・ベイリー×フィル・チェンのファンキーながらスッキリしたシンプルな音作りと、ライブの若干の泥臭さのあるファンキーっぽさとの対比を感じました。
スタンリークラークのPowerを取り上げたあたりも、「黒っぽさ」の打ち出しかも、なんて思いますね。
同じファンキーでも / URL / Edit
2009.11.08 Sun 10:02  たどん #AZV5XfxQ
Mickさん、こんにちは。

スタジオ作を聴いているだけではまるで突然変異のように感じる当時のベック・サウンドの変化ですが、BBAというよりはファンキーな2期ベックグループのエッセンスを残しながらインスト期に移行する流れを感じ取れる意味でもコレは貴重な音源だと思います。

で、それがアルバムリリース後のことなのがベックらしいというか、面白いところですね。
 / URL / Edit
2009.11.08 Sun 14:12  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。この時期のファンキーさ、第2期JBGとはまたちょっと違いますよね。マックス・ミドルトンがいる事はさておき。

 このジャケットの写真、BBAの頃のっぽい感じも受けますね。『LIVE IN ○○○○ 19XX』という、ありがちなブートタイトルは時に素っ気ないと感じることもありますが、『FIRE STILL BURNING』とはどこから来たのでしょうか? MC? ベックが言いそうな言葉でもないですよね。
こんにちは / URL / Edit
2009.11.08 Sun 17:47  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、毎度です。

やはりドラムスの違いが大きいですかね。ベックの本質というか、根っこの部分は一貫してますもんね。

『Fire Still Burning』。はて、何でしょう? 案外ブートレガーの心情だったりして?
 / URL / Edit
2009.11.16 Mon 20:56  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。試聴させてくれた店員さん、あの御方ですかね? 長身で目がパッチリした、インパクトのある‥‥。愛想のいい方ですよね。こういうマニアック(?)なショップでは、店員さんの接客態度も、そこそこ重要だよな‥‥と感じます。決して安い買い物ではないですしね(苦笑)。
こんばんは / URL / Edit
2009.11.16 Mon 21:30  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

ええ、Fさんですね。世代が近いのでお互い音楽以外でも割と話が合うみたいです。

ムカシはまぁこちらがガキんちょだったこともあるのでしょうが、限りなく敷居が高いというか、まるで客と思われてねーな、てな応対をされる店もありました。

今ではほとんどの店が親切な応対をしてくれますよね。がそれでもどうも苦手な店ってのがあったりするもので(笑)。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/281-117cb4f5
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
576
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
54
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。