Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JEFF BECK 『Definition Of Blow』 1975年8月5日 名古屋

せっかくなので?前稿のボストン公演から3ヶ月後の音源も紹介してみたいと思います。

definition_of_blow.jpg

4月24日からスタートしたUSツアーに続いて2度目の来日となる日本公演が8月3日の札幌公演よりスタートします。この時は計5回の公演が組まれましたが、全て内田裕也氏が舵取りをした和洋バンド混合のロック・フェス、”ワールド・ロック・フェスティヴァル・イーストランド”への出演でした。

ここに収録されているのは2回目公演、5日の名古屋・愛知県体育館での演奏です。音質的には先のボストン公演盤に及ばないものの、バンド全体のテンションはむしろこの日の方が高く、ベックも随所でスリリングな演奏を聴かせてくれていますが、実はこの日ベックの体調は最悪だったらしく、実際計5回の公演中、京都(6日)と仙台(9日)のライヴをキャンセルしちゃってるんですね。

world_rock_festival.jpgところで、このフェスティヴァルのプログラム冒頭の内田裕也氏の”宣言”の中には「日本のバンドを前座としてでなく、公平に紹介することを第一主義とする」という一文があります。

そのことは当然各参加アーティスト達にも伝えられていた筈で、ならば、と”ロックの本場代表”としてベックも気合いの入った演奏を聴かせ、バンドのメンバーも風邪っぴきのベックを支え、鼓舞。その結果の名演ではないかと。が、前述の通りここでの無理が祟ったのか、翌日また寝込んじゃうんですけど。

definition_of_blow_02.jpg

aichiken_taiikukan.jpg
愛知県体育館第一競技場(愛知県体育館のサイトより)
Live at Aichikentaiikukan, Nagoya, Aichi 5th August 1975
01. Opening
02. Constipated Duck


03. She's A Woman
04. Freeway Jam
05. Definitely Maybe
06. Superstition
07. Air Blower


08. Keyboard Solo
09. Cause We've Ended As Lovers
10. Power
11. Got The Feeling
12. Thelonius


13. You Know What I Mean

Jeff Beck - guitar
Max Middleton - keyboards
Wilbur Bascomb - bass
Bernard Purdie - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

definition_of_blow_r.jpg
『Definition Of Blow』 Wardour-038
ステレオ・オーディエンス録音音源使用 プレス1CD ボーナス1CD-R付
購入店:西新宿LH 3,500円

ところで、本盤にはもうひとつのオーディエンスソースを収録したボーナスディスクが付いているんですが、メイン盤に音質面では大きく劣るものの、そこでは聴けない裕也氏によるアナウンスが収められていました。

どうも。えー、時間がなくてアンコールに応えられなくて残念です。えー、僕も歌いたかったんですけども、みなさん、最後のバンド、お待ちのことと思いますんで。
かなり長い時間だったですけど、楽しんだかな?(歓声)
日本のバンドも結構やるようになったと非常に僕も痛感してますけど、どうですか?(歓声)
上の方の人、ノッテるのかな?
えー、非常にあまり世界でもないコンサートなんで、まずスタッフの人に温かい拍手を送って下さい。(拍手)
それでは、えー、温かい拍手で迎えていただきたいと思います。

聴くところは聴いて、ノルところはノッテ下さい。
はるばるイギリスからやって来てくれました。
Ladies and Gentlemen!
… Jeff Beck!!


「…」はうまく聞き取れなかった部分。

ここで裕也氏が言っている”結構やるようになった日本のバンド”とは、クリエイション、ファー・イースト・ファミリー・バンド、外道、ウエスト・ロード・ブルース・バンド、フェリックス・パパラルディー with ジョー(ジョー山中)という面々だったそうな。

nagoya_1975_AT.jpg nagoya_1975_AT_r.jpg
『Nagoya 1975 Another Tape』
Wardour-038 Bonus
モノラル・オーディエンス録音音源使用 1CD-R
関連記事
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます /  / Edit
2009.11.12 Thu 09:27  たどん #AZV5XfxQ
鍵コメさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうですか~、僕も同じくらいですよ。>ベック歴

おっしゃるタイトル、持ってはいるのですが、随分前から人に貸しっぱなしになっているので、しばらくお時間を下さいませ。いずれ取り上げたいと思います。

ぜひまた立ち寄ってやって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
 / URL / Edit
2009.11.12 Thu 13:12  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。ジェフのブート、明日発売のボストン公演もお買い上げでしょうか? WATCH TOWERの『LIVE AT BOSTON 1976』、たどんさんもお持ちかと思いますが、お役御免なんでしょうか‥‥? これがサウンドボードではない(?)とは??  だとしたら、マイク・ミラードもびっくりですね。

 内田裕也氏の聞き取りづらい部分、「Would you welcome,please~」とかではないですかね? 未入手なもので、根拠は無いですが‥‥。
こんにちは / URL / Edit
たどんさん、
お返事ありがとうございました。
PC初心者で、不得手でして、コメントが隠れてしまいました。
最近は毎晩寄っています。
ぜひ、また解説や曲のアップをお願いいたします。楽しみにしています。
beck fan です。 / URL / Edit
2009.11.13 Fri 09:41  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

WTの『Live At Boston 1976』は名盤ですよね。限りなくサウンドボードに近いオーディエンスという感じで、演奏内容も良いですし、個人的には『ライヴ・ワイアー』の「Blue Wind」が短縮編集版だったことを暴露(笑)してくれた点が大きいですね、やっぱり。

明日あたり書き込む予定ですが、残念ながら?WT版、お役御免とは行きませんでした。

>「Would you welcome,please~」とかではないですかね?

それがですね、もっと短いんですよ。ごにょ、って感じでほんの一瞬なんです(笑)。
 / URL / Edit
2009.11.13 Fri 10:14  たどん #AZV5XfxQ
konさん、こんにちは。

コメントどうもありがとうございます。

75年のボストン音源に続き、76年のボストンも昨日再リリースされました(これもまたベックの代表的なライヴソースです)。近日中にUPする予定ですのでよかったらまた覗いてやって下さい。

こちらこそ、今度ともよろしくお願いいたします~。
 / URL / Edit
2009.11.22 Sun 16:24  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。言われてみれば、裕也氏のMCはお得意の“Ladies and gentlemen‥‥”から始まり、早口で少し聞き取りづらいイメージがありますね(告げ口しないで下さい・笑)。

 そんな事はさておき、来年4月、ジェフ先生がまた来るとか?
mixiのコミュニティで見ただけで、未確認ですのでよろしく。
こんにちは! / URL / Edit
2009.11.25 Wed 21:19  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

すわ、新作のリリースも見えぬうちにもう来日!?

でいろいろ探ってみましたが、行き当たりませんね。招聘元は今回もきっとUDOですよね。その関係者からのソースなんでしょうか?

何やら眉唾もんの臭いが(苦笑)。
 / URL / Edit
2009.11.25 Wed 22:48  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。お騒がせしました。かつてクラプトンのサイトを運営されていた方の情報という事で、ガセではないと思ったのですが、今回は延期のようですね。失礼しました。今ではその情報も削除されているので、経緯が分からない方も少なからず居るようです。
こんばんは / URL / Edit
2009.11.26 Thu 10:24  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

そうでしたか~。となればなったで残念ではありますが、新作リリース後の来日という流れになるよう期待しつつ、首を伸ばして待つことにいたしましょう。

また何か動きがありましたら教えて下さい。
 / URL / Edit
2009.11.26 Thu 10:58  ファブギアマン #2fj95qD6
 おはようございます。確か12月19日よりチケット発売、関東は4月12・13日に東京国際フォーラムとなっていたと思いますが、今更こんな話をしても‥‥ねえ、って感じですよね(苦笑)。しかし、空白の10年は何だったの、という露出ぶりは嬉しいです。
おはようございます / URL / Edit
2009.11.26 Thu 12:45  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

そこまで具体的でしたか。なので延期というニュアンスなんですね。

>空白の10年は何だったの、という露出ぶりは嬉しいです。

そのせいか身近なところで「ジェフ・ベックって良いね~」という声がちらほら。やはりロニー・スコッツの公式リリースが効いているようです。
 / URL / Edit
こんばんは。1か月半振りです。つい先日「内田裕也 俺は最低な奴さ」を読んでいたこともあり、こちらに立ち寄ってみました(笑)。

この第1回ワールド・ロック・フェスには、自腹・直談判でJeff Beckはじめ出演バンドを呼んだとのこと。その時の資金作りの過程で内田裕也夫人である樹木希林はマンション一つ失くしたということです。

75年物ではこの音源がダントツに気に入っているのですが、それも当時の裕也さんの心意気あっての恩恵であると改めて感じた次第です。

例の紹介アナウンスですが、私には彼なりの親しみを込めて
Good old man,Jeff Beck!
と言っているように聴こえるのですが・・・どうでしょう?

ではよいお年を!来年も時々立ち寄らせていただきますので、その折にはどうぞよろしく!
・・・Jeff Beck! / URL / Edit
2010.01.01 Fri 01:57  たどん #AZV5XfxQ
ナナハンライダーさん、明けましておめでとうございます。

「内田裕也 俺は最低な奴さ」。そういえば、と『TVブロス』を取り出して見てみたら(レビューではないのですが)載っていました。そうですか、とても興味深い逸話ですね。また、おっしゃる心意気の下りについてもナルホドという感じです。この本、俄然読みたくなってきました(笑)。

>Good old man,Jeff Beck!

ふむ、確かにそう聞こえなくもないのですが、この”old”がどうでしょう?てな感じですかね。

ではナナハンライダーさん、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/282-b38d9b18
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
431
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
44
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。