Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 076:THE WHO 『Electric Factory』#1 : 1969年10月19日 フィラデルフィア

前回のいかにもブートな音質のタイトルから打って変わり、今回はオフィシャルクラスの高音質で迫るブツを紹介したいと思います。

electric_factory_RS.jpg

8月、ウッドストックで米国民に向け決定打を打ち、ワイト島で母国民にダメ押し、9月29日にはヨーロッパ国内で初の『トミー』演奏(由緒あるオペラハウスでの演奏で現地のラジオ放送用に録音もされました)とにわかに活動のスケールを拡げ始めたザ・フー in 1969。そんな波に乗っていた頃の演奏が抜群の音質で聴けるアイテムがコレ(以下RS盤)です。

10月10日から11月16日まで行われたアメリカ&カナダツアーから、10月19日、フィラデルフィア州ペンシルバニアにあるエレクトリック・ファクトリーでのライヴを収録。この日は午後の部(16時から)と夜の部(20時から)の2回公演だったらしく、ここで聴けるのは午後の部の演奏。ちなみにこのツアーではライヴ・アルバム制作の為のレコーディングがアチコチで行われていたようで、本盤に収録されているのもそんなソースが流出したものなんですね。

「長い間ずっとライヴ・アルバムの計画を練っていた」と、ピートは『NME』紙のリチャード・グリーンに話している。「俺たちは先のアメリカ・ツアーで全公演を録音した。良い素材が手に入るだろうと思ってね。でもツアーから戻った時には収録テープが80時間分にもなっていて、それで、ほら、そんな膨大な素材の中から選び出すなんてとても出来なかった。そこでパイのモバイル・スタジオを借りてリーズへ乗り込んだ。すると今までの中でも最高な、そしてこの上ないほど楽しいライヴが出来たんだ」(ピートによると、海賊盤として流出することを恐れてアメリカでの録音は全て破棄されたとのことだが、いくつかの音源はその難を逃れて存在している)

シンコーミュージック・エンタテイメント 『ザ・フー コンプリート・クロニクル1958 - 1978~エニウェイ・エニハウ・エニウェア』 209ページより

が、残念なことに当日”21曲版”で演奏された『トミー』からここに収録されているのはたったの6曲。一度は捨てられたというその成れの果てか、はたまた他のソースがどこかに残存するのか。ここから先はもうオフィシャルのチカラに期待するしかないのかも知れませんね。

そういや4月のリリース以降オフィシャル物の動きが途絶えてますが、もうそろそろ次が欲しいところですよね。例えば『四重人格』のDEとか、1970年タングルウッドのDVDとか。

electric_factory.jpg
Electric Factory
21 N. Seventh St., Philadelphia, PA, 19123
音についてはぜひ↓で聴いてみて下さい。ドラムの音が軽くコロコロしてるのが惜しいですが、こんな部分こそオフィシャルならではの最新テクノロジーとやらでじっくり補正して欲しいところです。

1曲目「Heaven And Hell」はフェイドイン、8曲目「The Acid Queen」がフェイドアウトでの収録になっています。11分を超える「My Generation」が一番の聴きものですが、今回はそれ以外で聴き応えのある3曲をMP3化してみました。

Live at The Electric Factory, Philadelphia, PA, USA October 19 1969
01. Heaven And Hell (fade in)
02. I Can't Explain
03. Overture


04. It's A Boy
05. 1921
06. Amazing Journey
07. Sparks


08. The Acid Queen (fade out)
09. Summertime Blues


10. My Generation

Live at McDonough Gymnasium, Georgetown University, Washington DC, USA November 2 1969
11. Heaven And  Hell
12. I Can't Explain
13. Fortune Teller
14. Summertime Blues
15. Shakin' All Over
16. My Generation

Live at City Hall, Hull, UK February 16 1970
17. Young Man Blues

さて、このRS盤のリリースによってお役御免になった既発盤も貼っときます。エレクトリック・ファクトリー部分のみの収録で、元ソースはRS盤と同じ(RS盤はこの既発盤をコピー→マスタリング、トラック調整した可能性も)。これまでマスト盤のひとつに数えられていましたが、音の鮮度、ピッチ狂い(かなり低め)の点でもはや出る幕ナシといったところですかね(ジャケットはなかなか格好よろしいんですが)。

electric_factory_NH.jpg electric_factory_NH_r.jpg
『Electric Factory』
Night Hawk NH-02013
ステレオ・サウンドボード音源収録 プレス1CD

01. Heaven And Hell
02. I Can't Explain
03. Overture
04. It's A Boy
05. 1921
06. Amazing Journey
07. Sparks
08. The Acid Queen
09. Summertime Blues


10. My Generation

一方、夜の部の演奏を収録したブツもあります。オーディエンスソースで(SBDソースは未だ発見されていません)ややノイズが目立つものの、まずまずの音質。1曲目の「Heaven And Hell」がフェイドインで始まり『Tommy』の「Tommy Can You Hear Me?」の最後と「There's A Doctor」の出だしにカットがあります(ここでテープをひっくり返したもよう)。またデータ本『The Who Concert File』には「Eyesight To The Blind」と「Christmas」が演奏されたとの記述がありますが、この音源を聴く限りではその箇所にカットや不自然な編集跡がないのが不可解。なお、夜は午後の部の全曲に「Young Man Blues」を足したセットになっていたようで、その演奏前に”ライヴ・アルバム用のレコーディングをしている”というピートのMCを聴くことが出来ます。
unreleased_1969_show.jpg unreleased_1969_show_r.jpg
『Unreleased 1969 Show』
Trystar TR-016/17/18
オーディエンス&ステレオ・サウンドボード音源収録 プレス3CD

Disc 3
01. Heaven And Hell
02. I Can't Explain
03. Young Man Blues


04. Summertime Blues
05. Overture
06. It's A Boy
07. 1921 / Amazing Journey
08. Sparks
09. The Acid Queen


10. Pinball Wizard
11. Do You Think It's Alright?
12. Fiddle About
13. Tommy Can You Hear Me?
14. There's A Doctor
15. Go To The Mirror
16. Smash The Mirror
17. Miracle Cure


18. Sally Simpson
19. I'm Free
20. Tommy's Holiday Camp
21. We're Gonna Take It
22. My Generation

Disc 1 : Live at Capitol Theatre, Ottawa, Ontario, Canada October 15 1969
    *Audience Recording
Disc 2 : Live at The Hippodrome, Bristol, UK December 4 1969
      *Stereo Soundboard Recording
electric_factory_RS_r.jpg
『Electric Factory』
Rattle Snake RS 227
ステレオ・サウンドボード音源収録 プレス1CD

後半のジョージタウン大学の音源については他の既発盤を引き合いに出しつつ次回取り上げてみたいと思います。
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/290-d8994449
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
619
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
58
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。