Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 092:JEFF BECK GROUP 『Schaefer Music Festival 1969』 1969年7月14日 ニューヨーク

もひとつベック・グループいっちゃいます。先の68ダラス盤を買った際に貰った例のLH発のオマケですけど(苦笑)。

そのダラス公演からほぼ一年後、再度組まれたUSツアーから7月14日、ニューヨークのセントラルパークで開催されたシェーファー・ミュージック・フェスティヴァルでの演奏。ザ・フーがヘッドライナーを務めた前年に続き2度目の今回は、6月26日から8月23日までという長期に渡る開催となったようです。詳細はコチラ

英米のロックだけでなくジャズ界からも多数参加しているあたりがいかにもニューヨークという感じですが、ちなみにこの年の音源としてはマイルス・デイヴィス(7/7)、レッド・ツェッペリン(7/21)、プロコル・ハルム(7/30)なんてとこがウチのCD棚にありました。

さて、時期的には『Beck-Ola』のリリースからおよそ半月後、既にグループはメンバー間の不仲から崩壊寸前だったと言われていますが(ニッキー・ホプキンスは2ヶ月前に脱退)、と同時にベックのキモチがBBA結成にすっかり傾いている時期でもあるんですよね。

JBG_music_festival_1969.jpg
そんなバンドの状態が音に現われてしまったか、今ひとつピリッとしない演奏に終始しているような。それでも『Beck-Ola』の曲は比較的アグレッシヴに聴こえるんですが。

という訳で、『Beck-Ola』からのナンバー「All Shook Up」と、ほとんどヤケになっているようにも聞こえるベックのソロは後半延々とフィードバック音のみを流す単調な展開、そして最後何ともユルめなアメリカ国家が飛び出してくる「Shapes Of Things」をどうぞ。

先のダラスには及ばぬものの、時代を考えればこれも高音質なソースと言えるでしょうね。ベックのギターは割と細かなニュアンスまで聴き取れるコンディションで捉えられているものの、ロッドの声がオフ気味なのがちと惜しいです。

Live at Wolman Memorial Skating Rink, Central Park, NYC 14th July 1969
1. Introduction
2. All Shook Up


3. Hangman's Knee
4. Rock My Plimsoul
5. The Sun Is Shining
6. Rice Pudding
7. Shapes Of Things


Jeff Beck - guitar
Rod Stewart - vocals
Ron Wood - bass
Tony Newman - drums

JBG_music_festival_1969_r.jpg
『Schaefer Music Festival 1969』
オーディエンス録音音源収録 1CD-R
購入店:西新宿LH:対象商品2点購入特典
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/330-003d13d2
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
619
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
58
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。