Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 098:JEFF BECK 『Royal Albert Hall 2009』 2009年7月4日 ロンドン

新作についてなど、ジェフ・ベックに関する新たなニュースはまだ入ってきませんが、先日4月の来日公演のチケットが届きました。押さえたのは10日(土)のJCBホール分ですが、席はアリーナのかなり後方。今回初めて行く場所なのでイマイチ場内のイメージが掴めませんが、念のためにブーツ用の上げ底インソールを物色し始めました(爆)。良いブツに出会えたらここで紹介しますね(笑)。

*追記*
てなことを書いた後に公式サイトがメンテナンス明け。そこに新作の内容と新しいツアーメンバー(ナラダ・マイケル・ウォルデン!)に関するニュースが上がっていました。その内容についてはコチラで(あとココとか)。

emotion_commotion.jpg   
『Emotion & Commotion』
国内盤は3月24日リリース予定

さて、今回は例の2点購入特典としてLHが用意してくれたDVD-Rを取り上げることにします(対象期間は1月15日から19日まで)。昨年の7月4日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたベックのライヴ映像。この日は元ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアがゲスト参加したことで知られており、音源はここでも以前BFが出したタイトルを紹介しましたが、映像の方はYouTubeで数曲見る程度だったので今回のリリースはナイスな計らい。って結局は店側の戦略にまんまと乗せられているだけなんですが(笑)。

とまれ、この調子で2月の「共演」の方もどうぞよろしく(もちろん音源はプレスでお願いします)。

RAH_2009_20100119090635.jpg
撮影場所がステージ正面2階席の後方?だったようで、カメラのズーム性能が足りなかったのか表情や手元のアップは無く、どちらかと言うと引きのショットが多め。たまにレンズがあさっての方向に飛んだり、ブレやピンボケが散見されたりするものの、概ね安定した映像と言って良いんじゃないでしょうか。ちなみにスクリーンサイズが4:3でなく16:8のワイドタイプになっているので、ステージの全体像が分かりやすくその意味では視覚的臨場感のある映像と言えるかも。

音質はやや距離を感じるもののバランスは良好。耳障りなチャットなどのオーディエンスノイズは気にならないレベル。おそらく撮影とは別に録音されたソースだと思いますが、今回はその音声部分を取り出しMP3化してみました(目玉曲「Jerusalem」以外は全てBF版と異なる曲を選びました)。しかしこの「Jerusalem」、ただレアなだけでなくベックのギターがとにかくもう素晴らし過ぎます。

Live At Royal Albert Hall, London, UK - 4th July 2009
01. Beck's Bolero
02. The Pump


bolero.jpg
pump01_20100121002612.jpg

03. You Never Know
04. Cause We've Ended As Lovers
05. Behind The Veil
06. Blast From The East
07. Stratus


stratus01_20100121002606.jpg
stratus02_20100121002559.jpg

08. Angel (Footsteps)
09. Drum Solo
10. Led Boots
11. Nadia
12. Space Boogie


space_boogie01.jpg
space_boogie02.jpg

13. Goodbye Pork Pie Hat / Brush With The Blues
14. Blue Wind
15. Lilac Wine (with Imelda May)
16. Bass Solo incl. Freeway Jam
17. Big Block
18. A Day In The Life
19. Peter Gunn Theme
20. Jerusalem (with David Gilmour) *曲時間の都合上フェイドアウトさせています


jerusalem01.jpg jerusalem02.jpg

21. Hi Ho Silver Lining (with David Gilmour & Imelda May)
hi-ho.jpg hi-ho02.jpg

22. Where Were You


wwy01.jpg wwy02.jpg

Jeff Beck - guitar, vocal 
Tal Wilkenfeld - bass
Jason Rebello - keyboards
Vinnie Colaiuta - drums

Special Guest:
David Gilmour - guitar, vocal
Imelda May - vocal

COLOUR NTSC Approx.110min.

RAH_2009_r.jpg
『Royal Albert Hall 2009』
オーディエンスショット映像収録(+ステレオ・オーディエンス音源)1DVD-R
購入店:西新宿LH:対象商品2点購入特典
関連記事
Comment
2010.01.21 Thu 06:56  ファブギアマン #2fj95qD6
 おはようございます。ジェフ・ベックのサイトはどうにも愛想がないというか、商売っ氣が無いなと感じていたんですが(まあ、更新がマメならいいというものでもないですが。開けっ広げになり過ぎず、謎めいた部分も多少は残しておかないと、ですから)、メンバーはガラッと変更なんですね。やってくれますね~、ナラーダとは。彼本人のドラムで「LED BOOTS」が聴きたいです。以前共演した関係で、高中正義も公演に顔を出すのでは‥‥と予想します(笑)。
おはようございます / URL / Edit
2010.01.21 Thu 12:41  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

時々はご本人もコメントをUPされてるし、キズだらけのテレキャスはカッコイイし(苦笑)、ってことで個人的にはフツーに?受け止めてましたが、確かに商売っ気は薄いかも知れませんね。

漠然とですが、タル嬢は離脱するかもとは思っていました。が、カリウタまでとは。けどいざこうして発表されてみると入れ替えそのものはまぁ十分にあり得たハナシだったかな、とも思えます。

という訳で、ナラダと来れば当然「Led Boots」となりますよね。あの変態リズム。4月のライヴでこの曲が過去最高の歓迎を受けることは間違いないでしょう。わくわく。

あ、パープルは特にどれということはないのです。2期でも3期でもこれぞノックアウト間違いなし、ってヤツを聴きたいなぁとそんな感じでして。
 / URL / Edit
2010.01.21 Thu 19:02  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。メンバーの入れ替え、かつてはアルバムを2枚出す度に解散していた(←遠い昔の事ですね‥‥)ジェフなので、余り驚く事じゃないのかもしれませんね。今や、ひと昔前では考えられないニュースばかりですから‥‥。政治家がした事のツケが秘書に回ってくるというのも、もはやお約束ですし(爆)。バンドも企業も政治家も、だんだん寿命が‥‥(自粛)。

 もし、来日までに新譜が出なかったら、あんまりワクワクしないよなぁ、とは感じていました。「ベックのボレロ」とか、伸びやか&艶やかだけど、もういいですよ、というか(←上から目線ですいません‥‥爆)。
還暦(←この言い方、好きじゃないです)前後のミュージシャンのライブは、ヒットパレード+最新作から2~3曲、というのが定番ですが、トーゼン、新譜からも沢山演って欲しいですよね。
こんばんは / URL / Edit
2010.01.21 Thu 21:02  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

ファンキーな躍動感。新しいツアーメンバーから僕が連想したのがこんな陳腐なフレーズです。スタイルの変換。新作のレコーディングを終え、ある意味行き着く所まで行ったという感覚が今回のメンバーチェンジに繋がったのでは、などと勝手な想像をしています。

これで今度のツアーはストレートなプロモーションツアーではなくなった訳ですが、それがいかにもベックらしいというか、僕自身は却ってワクワク感が増してくるような。

ともあれ、まずは予定通りのリリースになることを祈りましょう~。
 / URL / Edit
2010.01.23 Sat 01:30  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。もう何年も前の曲ではありますが、「WHERE WERE YOU」、近年になって、またいい曲だなと感じますね。ギターって雄弁だなと。また、音楽って、言葉じゃ表現出来ないな、と‥‥。
こんばんは / URL / Edit
2010.01.23 Sat 03:01  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

何だか夢見心地なんですけど凛としたところもあって、とても良い曲&演奏ですよね。キーボードもいい味出してます。

この日は演奏後にひとりの男性客が ”Beautiful!” と叫んでいるんですが、もう頷くしかないという感じです。

新作でそんなムードを、となるとイメルダ・メイ・バンドとの共演の際にも演奏された「Corpus Christi Carol」と「Somewhere Over The Rainbow」(Dedicated to Mr. Les Paul ですかね)てなことになるでしょうか。
 / URL / Edit
2010.01.23 Sat 08:08  ファブギアマン #2fj95qD6
おはようございます。ジェフの公式サイトで見られるナラーダの写真、マフィアみたいでヨイですね。暖炉の前で、猫でも抱いてる感じで。ロンダは、いかにも指で♪トゥッペントゥッペン~とキメてくれそうで、海外でジェフのライブがあれば、プリンスやキャンディ・ダルファーの飛び入りもあり得る(?)のかな、と(←欲張り過ぎ)。ジェイソンが戻ったのは嬉しいですね。デヴィッド・サンシャスも悪くなかったけれど、来日公演、あまりに地味でした。あ、勿論、キーボードに日本刀を刺してくれとかいう事ではないですからネ(爆)。良い週末をお過ごし下さい!
おはようございます / URL / Edit
2010.01.23 Sat 09:29  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、おはようございます。

やはりファンキーな気配が匂ってきますよね、今回の顔ぶれ(笑)。これを機にベックも再びピックでカッティング、なんてことは無いか。

ジェイソンは2005年ツアー時の印象がちと薄めなので(だからと言ってキーボード引きずり回してくれとかいう事でもありません)個人的には微妙なんですが、それはおそらく僕がギターやリズム隊に耳と目を持ってかれ過ぎてるからなんでしょうね。

>良い週末をお過ごし下さい!

ありがとうございます。ファブギアマンさんもよい週末を!
 / URL / Edit
2010.01.23 Sat 10:50  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。たどんさんのおっしゃる通り、ジェフのコンサートは本人は勿論、ついついドラマーに視線が行ってしまいますね。86年の「FLASH」ツアーの時は、ヤン・ハマー(健康状態、いかがなんでしょうか)
には目が行ったでしょうが。あ、タル嬢にも勿論目が行きました(笑)。

 某店の購入特典(他に、商品として出している店も有りますね)と、同じ時と思われるこの映像で、たどんさんもDESTROYされていただければ幸いです(爆)。

 http://www.youtube.com/watch?v=Wrn0Px4-Lok
またもやおじゃまします / URL / Edit
2010.01.23 Sat 17:13  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

うひょひょ、そうですかコレが例のギフトに入っているという訳ですね。欲しくなりました(笑)。レインボー2つ買ってMSGを貰う、と。一体今は何年なんだ?(笑)

お陰様でこんなところを立て続けに見て更にDestroyされとります。

http://www.youtube.com/watch?v=zyRZ9SUXssY&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=SvwkkQ8qNss&feature=related
 / URL / Edit
2010.01.23 Sat 18:22  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。シェンカー、ジェフ・ベック等、30年近くやっているミュージシャンの来日公演は、やはり感慨深いものがありますよね。シェンカーは、“マジック”こそ無かったものの、やれば出来る(?)というのを感じました。

 ここらでブラックモアにも何らかの形で来て欲しいところですが、どうもマネージャー(義理のお母さん)のマインドコントロールにかかってしまっているような氣も。かつてのリッチーの活動に関してちゃんと把握してないらしい、という話も聞きました(未確認)。ブラックモアズ・ナイトの最新作も、『嵐の使者』のアニヴァーサリー・エディションも日本盤が出ていない(既に、グレンが『カム・テイスト・ザ・バンド』の作業に着手している様子)というのも、往年の人氣を知るものにとっては、ホント“異常”ですよね。それだけ、世の中の物事の移り変わりが加速しているのかもしれません。
こんばんは / URL / Edit
2010.01.24 Sun 01:08  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

と言うことは、この2009年の演奏も「やれば出来る」レベルということになってしまうのでしょうか。僕なんぞは予想以上に現役バリバリじゃないかとつい色めき立ってしまったのですが。

過去アーカイヴの整理、リリースがもしも何らかの理由で遅れていたり、頓挫しているなんてことなら大変残念ですね。

>既に、グレンが『カム・テイスト・ザ・バンド』の作業に着手している様子

お、それは仕上がりが楽しみですね。
 / URL / Edit
2010.01.24 Sun 05:44  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんばんは。誤解を生んでしまったなら、お詫びします。「やれば出来る」というのは、マイケルは時々プッツンする癖があるので、そう表現したのです。「愛のある小言」だと捉えていただければ‥‥(滝汗)。勿論、何十人ものスタッフが関わっているでしょうから、公演放棄は“良くないレバレッジ”というか、多くの人に迷惑がかかりますからね。ウドーは「もう、絶対に(シェンカーは)日本には呼ばない」と言ったとか?

動画の、股にフライングVを挟んで弾く姿。たまりませんね~。
こんばんは / URL / Edit
2010.01.24 Sun 11:05  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

おっしゃる「マジック」がどのようなものかについては自分なりに理解しているつもりですし、特に往年の頃と同じスタイルで活動しているシェンカーのようなギタリストだとそこに衰えが感じられても不思議ではないですよね。熱心なファンの方が気付いたことを僕が見落としていることは十分にあり得る訳でして、とまぁ先のコメントの主旨はそんなところにあります。

酷い時のシェンカーがどんな具合だったかについては、実際にライヴに参戦された方の書き込みで目にしたことがあります。で、その印象のまま先の動画を見ると意外やスゴイじゃないですか。

もっと物事を多角的に見るべし、改めて自身の情報へのスタンスを問われた気がしましたです(もちろん先のレビューが不正確という意味ではありません)。

>動画の、股にフライングVを挟んで弾く姿。たまりませんね~。

ええ、全く同感です~。
 / URL / Edit
2010.01.24 Sun 11:30  ファブギアマン #2fj95qD6
 こんにちは。情報へのスタンスですかあ、自分が近年、1番考えるコトでありますね。世の中は無駄・マイナスの情報だらけですし。最近、テレビはほとんど観ないんですが、芸能人の醜聞や政治家のセンセーショナルな話題から始まり、最後は天気予報・はたまた「○○動物園で、○○の赤ちゃんが生まれました」dで締める‥‥なんて順番も、ある種の情報操作だと感じます。

 フライングV、座った体勢だと弾きにくいと聴いた事があります。他人に見られるミュージシャンは、多少は“ステージ映え”という事も氣にかけているでしょうが、“弾きやすさ”がやはり最優先でしょうね。シェンカースタイルでプレイするロバート・フリップを、1度観てみたいものです??(猛爆)。
こんにちは / URL / Edit
2010.01.24 Sun 15:16  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

>フライングV、座った体勢だと弾きにくいと聴いた事があります。

形状的にどうしてもそうなりますよね。椅子に座った状態でもヘッド部分をかなり下げないとボディが安定しませんし(もしくはその逆、股の間に挟むスタイルですね)。それが理由でシェンカー・フリークの級友は泣く泣く?エクスプローラーを買うことにしたのでした(笑)。選んだ理由はもちろん、ミュージシャンと愛器の関わりというテーマもなかなか面白そうですね。プレーヤー系の雑誌では常套ネタでしょうが。

翁の場合ですが、あのスタイルがステージ映えをも意識したものだと思っております(笑)。
 / URL / Edit
こんばんは。
おぉ~コレ映像あったんですね。
EVからプレスCDで出てたのは知ってました。
会場の空気感が感じれる良いAUD録音ですね
最近のジェフはクラプトンとのジョイントといい2年連続来日といい60超えてるおじいちゃんのスケジュールとは思えないですね(笑)

遅れましたがブログのリンク貼らせていただきました!。
貼り方が解らなくて苦戦してました笑
新記事も載せましたので是非ご覧下さい!。
 / URL / Edit
2010.01.25 Mon 13:11  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんにちは。

リンクの件、お手数掛けました。ありがとうございます。

このホールのAUDものは概してよく響くというイメージがありますが(あの丸い形状に因る部分が大きいんだと思います)、今回のはそれが程よい感じなので聴いていて心地良いですね。

>最近のジェフはクラプトンとのジョイントといい2年連続来日といい60超えてるおじいちゃんのスケジュールとは思えないですね(笑)

近年特に精力的ですよね。ここへきて更に評価が上がっている気もしますし。この調子でいつまでも元気に活動を続けていただきたいものです。
 / URL / Edit
2010.01.28 Thu 12:56  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、こんにちは。話をジェフ先生(師匠?)に戻しまして‥‥、「○○TION&○○TION」というタイトルも、先生にしては珍しいのではないか、と。昨年は来日してくれた事もあり、日本ツアーの前と後、ギルモアとの競演、はたまた過去の音源と大量にリリースされましたが、大半がCD-Rでのリリースでしたね(泣)。MID VALLEYは、ジェフ&クラプトン競演の『VERSUS』のリリースでちょっとミソを付けた感があるので、また奮闘して欲しいです。
こんにちは / URL / Edit
2010.01.30 Sat 19:02  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、毎度です♪

「共演」はやはりMID VALLEYに期待ですよね。ライヴ直後はネット落としで楽しみ、その後MVのプレス仕様で仕上げ、そんな調子で行きたいな、と。

とその前に7日のスーパーボウルが気になってます(笑)。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/335-1a17a882
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。