Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 099:PINK FLOYD 『Echoes In Montreux』 1971年9月18日 スイス

昨年7月にベックとロンドンで共演したデヴィッド・ギルモア。前稿ではそれを収録したブツを取り上げましたが、そこから遡ること38年。今回のお題は、1971年9月18日、スイスのパビリオン・モントルーでのライヴを収録したフロイド・ブートです。新登場マスターで当日の演奏を完全収録とのこと。確かに鮮度の高いステレオ・オーディエンス・ソースでバランスも良好。またどの曲も演奏後には盛大な拍手がわき起こっていますが、演奏中は会場全体が固唾を呑んで聴き入っているような静けさで、これもある意味臨場感抜群と言うか、とにかく聴き始めて程なく演奏に集中出来る内容になっています。

ところで、71年の9月18日といえば彼らが初めて来日した箱根アフロディーテ(8月6日と7日)のおよそ1ヶ月後の演奏ということになります。ちなみに箱根ではオープニングの「原子心母」から順に「グリーン・イズ・ザ・カラー~ユージン斧に気をつけろ」「エコーズ」「シンバライン」「神秘」が演奏された様ですが、この日は翌月にリリースを控えたアルバム『おせっかい』から「エコーズ」を1曲目に演奏。あとは「グリーン・イズ・ザ・カラー」と入れ替わりに「太陽讃歌」がセット入りしている点が一番の違いかと思いきや、さにあらず。

実はコレ、混成コーラスとブラス隊を加えて演奏された最後の「原子心母」を収録しているという点で重要な音源とされているんですね。

PF_Montreux.jpg
大作指向の直中という時期ゆえどの曲も尺が長いので、今回の3曲はどれもフェイドインまたはアウトのエディット版になっています。

Live at Pavillion de Montreux, Montreux, Switzerland  - 18th September 1971
Disc 1
1. Echoes [24:10] (冒頭でマイクに何かが触れるガサゴソといったノイズが数回入り、8分を過ぎたあたりでギターの音程が怪しくなり、曲の途中でチューニングをする様子が捉えられています:ここではそれとは関係なく終盤の演奏をMP3化)


2. Careful With That Axe, Eugene [12:28]
3. Set The Controls For The Heart Of The Sun [13:15]
4. Cymbaline [12:32] (足音が会場内を移動するミュージックコンクレート的な後半 9'30"を過ぎたあたりで隣の?客がする咳がうるさい ^ ^ ;)


Disc 2
1. Atom Heart Mother [30:59]


2. A Saucerful Of Secrets [18:36]

PF_Montreux_r.jpg
『Echoes In Montreux』 Sigma 53
ステレオ・オーディエンス録音音源収録 200セット限定 プレス2CD
購入店:西新宿LH 5,400円

そして箱根アフロディーテでの「原子心母」のオーディエンス・ソース(『Aphrodite』Sirene-160)も貼ってみました(これまたフェイドアウト版)。このタイトルには異なる2つのAUDソースが収録されていますが、今回MP3化したのは音質的に優れているDisc 1に収録されているバージョン。

Disc 1 : Source 1
01. The Circle Game (Buffy Sainte-Marie) [2:57]
02. Soundcheck [0:35]
03. Announcement [0:13]
04. Soundcheck [2:23]
05. Atom Heart Mother [16:09] (4人での演奏。ライヴではむしろこのパターンの方がレギュラー)


06. Soundcheck [1:25]
07. Green Is The Colour [3:50]
08. Careful With That Axe, Eugene [11:18]
09. Soundcheck [2:43]
10. Echoes (cut-out) [19:59]

Disc 2 : Source 2
01. Soundcheck [1:14]
02. Atom Heart Mother [16:18]
03. Soundcheck [1:01]
04. Green Is The Colour [3:49]
05. Careful With That Axe, Eugene [10:24]

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

aphrodite01.jpg aphrodite02.jpg
『Aphrodite』 Sirene-160
ステレオ・オーディエンス録音音源(2ソース)収録
レプリカ・コンサート・プログラム(原寸大)付 プレス2CD
購入店:西新宿LH 9,800円(現在は廃盤)

aphrodite_program.jpg

P.1 広告:HItachi IC Car Stereo (CS-1010IC、CS-1050IC)
P.2 アフロディーテ:8月6日(金)2:00p.m.→7:00p.m. 8月7日(土)2:00p.m.→7:00p.m.
P.3 ご挨拶(株式会社ニッポン放送 取締役業務局長 羽佐間重彰)
P.4 ごあいさつ(箱根町長 亀井一郎)
P.5 ピンク・フロイド(福田一郎)
P.6 1910フルーツガム・カンパニー(朝妻一郎)
P.7 バフィー・セントメリー(小倉エージ)
P.8 渡辺貞男クインテット、菊池雅章クインテット、稲垣次郎とソウル・メディア、佐藤允彦トリオ
P.9 山下洋輔トリオ、ハプニングス+クニ河内、成毛滋&つのだひろ、モップス
P.10 ダーク・ダックス、トワ・エ・モア、赤い鳥、ズーニーブー
P.11 尾崎紀世彦、長谷川きよし、本田路津子、北原早苗
P.12 南こうせつとかぐや姫、グリーメン、早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラ、慶応義塾大学ライト・ミュージック・ソサエティー、ザ・カルア
P.13 広告:日本コロムビア株式会社(1910フルーツガム・カンパニー)
P.14 広告:株式会社ポニー(ポニー・フレッシュパック、ピンク・フロイド『幻想の中に』)
P.15、16 イメージ
P.17 広告:キングレコード株式会社(バフィー・セントメリーほか)
P.18 広告:東芝音楽工業株式会社(ピンク・フロイド『ピンク・フロイドの道』ほか)
P.19~24:対談『音楽がそこにあったら、とにかく楽しんじゃおう~毎年つづけたい箱根アフロディーテ』

aphrodite_program_b.jpg
左から木崎義二氏、三橋一夫氏、糸居五郎氏、藤井筆氏、岩浪洋三氏

P.25 広告(小田急電鉄株式会社)
P.26 広告(レストラン西武)
P.27、28 「7月17日の夜」(大沼正)
P.29~32 「愛神アフロディーテと野山のうた」(中村とうよう)
P.33~34 「お山に出てもナゼカ海賊ナノダ」(亀淵昭信)
P.35 広告:ニッポン放送
P.36 広告:トリンプ
P.37裏表紙 広告:明治梅酒ソーダ
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/336-7351dd68
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。