Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 103:LED ZEPPELIN 『Casino』 1971年8月7日 スイス・モントルー

クラプトンの『夢番地』と同じ日に同じレーベルからリリースされたツェッペリンブート、それが今回のお題です。

1971年8月7日、スイスのモントルー・カジノでのライヴ。この時のライヴは19日からスタートする1ヶ月間にわたる米国ツアーのウォームアップ・ギグとして組まれたもので、2005年にEVが『Casino Royale』というタイトルで出したのが初出。時期的には4枚目のアルバムがリリースされるおよそ3ヶ月前のライヴですが、そこから既にライヴでは定番化していた「Black Dog」「Stairway To Heaven」「Going To California」を演奏しています。

実はこの日の演奏、不覚にも今回が初聴きなんですが、圧倒的な存在感とスケールのデカさで聞く者全てをノックアウトしていく、そんなパフォーマーとしてのピークとソングライティングのレンジが一段と拡大し始めた頃のドキュメントとも言える訳で、中でも流麗なフィンガリングと閃きでもって魅せるジミー・ペイジと、フェイクを混ぜずにビシバシとハイトーンをキメていくロバート・プラントがこの時期ならではの凄みを放っていて痛快。やっぱりこの頃の彼らは最高ですよって。

casino_f.jpg

例えば喉への負担とか、そんなリスク感覚とは無縁な勢いでもってプラントがノッケから飛ばす「Immigrant Song」はフィードバックを含むロングトーンと速いパッセージを織り交ぜながら展開するギターソロも聴きもの。そしてそれに呼応するフレキシブルなドラムとベースの動き。この音源では全編オン気味なプラントの声につい耳を奪われがちになるものの、他のメンバーの音もうまい具合に録り込まれているので聴きやすいですね。距離は感じますが。

間髪入れずの「Heartbreaker」ではジミーの独演前、ソロの出だし部分に音揺れがあります。しかしこのソロも素晴らしい。スタジオ版を凌駕する澱みの無い性急さ。そして ”出来たら4週間後くらいには出したい新作から” そんなMCの後に披露される「Black Dog」もお見事。

この時の会場のムードがどんなだったか、例えば爆竹が鳴らされることもなく、狂ったようにわめき散らす客もいない。先のEC茨城じゃないけど会場全体に何やらジェントルなムードが漂っています。資料本(『レッド・ツェッペリン:コンサート・ファイル』)には「晩餐のために訪れたディナー・ジャケット姿の客に、ツェッペリンのファンが混じるという光景であった」との記述がありますが、それがすんなりと頷けるような。とにかく音の静かなパートでもオーディエンスノイズに邪魔されることがないので「Since I've Been Loving You」(キーボードの音がオン気味)や緩急、強弱、様々な表情を見せる「Dazed And Confused」もじっくり演奏に入り込んで聴けますね。

ライヴで初めて聴いた曲が感動的だったりするとえらく得したキブンになるもんですが、この日の客層から想像するに、一部の人にとってまさにそうだったかも知れない「Stairway To Heaven」。ここではギターソロの途中に音揺れと数秒程の欠落が一ヶ所ですがあります。

テープ反転のタイミングは中盤のアコースティックセットの直前だったもよう。ここでは「Going To California」とアルバム『III』から「That's The Way」が演奏されていますが(音のふらつきがやや目立つ)、特に後者への客の反応は大きく、これはやはり当時のフォークロックの人気を受けてのものかも知れませんね。

んでは、いよいよ場内がヒートアップする後半、レアな「Weekend」を含む怒濤の35分については聴いてのお楽しみってことで(笑)。

casino_is.jpg
メーカーのインフォには「使用されているライヴフォト、記事は全て当日の貴重な資料です」とあります

てな訳で、今回が初聴きとなった71年のモントルー・カジノ公演。手元に比較するブツがないのでこの音源の位置付けについてはコメント出来ませんが、例えばテープのジェネレーションの違いは?とか、マスタリングの具合は? とか、内容が良いだけにいろいろと気になります。出来れば極東の新興レーベルが出したこんなトコとの聴き比べがしてみたいんですけどね。
Live at Montreux Casino, Montreux, Switzerland - 7th August 1971
Disc 1 [54:07]
01. Introduction [0:43]
02. Immigrant Song [3:40]


03. Heartbreaker [6:54]
04. Since I've Been Loving You [7:32]
05. Black Dog [6:08]


06. Dazed And Confused [20:11]
07. Stairway To Heaven [8:57]

Disc 2 [46:35]
01. Tuning [0:59]
02. Going To California [4:15]
03. That's The Way [6:38]
04. Celebration Day [4:49]


05. What Is And What Should Never Be [4:23]
06. Whole Lotta Love [22:07]
07. Weekend [3:23]


*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

 casino_r.jpg
『Casino』
Tarantura TCD-103-1,2 2010
オーディエンス録音音源収録 プレス2CD
購入店:西新宿P 7,800円
関連記事
Comment
こんばんは。

kentのセールは掘り出し物が多いですよ~。
LHの昔のタイトルとかが載せられてますしそちらも見てはいかがでしょうか?
あとこの前言ってたエアロスミスの77年来日のも買いましたよ。

夢番地は今日はバイト入ってますので帰ってから聴きます。

この同日音源の極東のやつ持ってます。
これと聴き比べたところそんなに音質は大差無いかと思います。

どちらもただ金属音(?)が少し耳が痛くなりますかね~。
 / URL / Edit
2010.02.03 Wed 23:51  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんばんは。

そうですよね、見れば何かしらソソられるブツがあるのは分かっているんですが、あまり立ち寄ることが無いのは何故なのか‥‥。以前は興味本位でオーバービットにはよく参加してたんですが。

例のエアロのSBD、僕は先日中古で手に入れました。でちょい聴きしましたが、大仰なオープニングが似合わん(笑)。

>これと聴き比べたところそんなに音質は大差無いかと思います。

なるほど、然もありなんという感じですね。差異といってもマスターは同一でレベル設定が違うくらいかも知れない、とは思っていましたが。

>どちらもただ金属音(?)が少し耳が痛くなりますかね~。

僕の場合、イヤホンで聴くとプラントの声が耳に刺さってくるのが嬉しいやらキツいやら(笑)
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/340-2c813fdf
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。