Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 104:BLACKMORE'S RAINBOW 『Hail To The King』 1976年12月5日 大阪厚生年金会館

思わぬ伏兵登場。って単に僕が知らなかっただけなんですがキブンはそんな感じ。タラやサウンドボードだけじゃなかった、76年のレインボー in Japan をゴキゲンな音質で聴かせるブツを入手したので紹介したいと思います。

収録されているのは来日2公演目、12月5日の大阪厚生年金会館でのライヴ。3分半に及ぶ開演直前の盛り上がりから場内阿鼻叫喚の巷と化したかのようなギタークラッシュ~「虹の彼方に」までほぼ完全収録(「虹の彼方に」はフェイドアウトになっています)。

でこの日はメンバー皆とても調子が良かったと見えて(リッチーの機嫌が悪かったという説もあるようですけど)演奏は素晴らしく終始圧巻。抜群のコンビネーションとプレイの応酬を聴かせてくれます。その中でも特にロニーが好調で、それは2曲目の「Mistreated」からもハッキリと感じ取れますね。

音の方はどうやら2つのソース(クロスフェードでなく突然切り替わる)が使われているようです。以下簡単にまとめてみました。

■ソースA:見通しの良いクリアなAUDソース (Disc 1とDisc 2の「Still I'm Sad incl. Keyboard Solo」の7'03"まで)。※周り客はほとんど男。
  • 「Kill The King」(と「Mistreated」の一部)ではマイクのポジションが定まらなかったのか何度か音が不安定になります。
  • tk8「Tony Carey Keyboard Solo」から「Stargazer」は抜群のコンディション。

■ソースB:まるでSBDとAUDがミックスされたようなソース (Disc 2「Still I'm Sad incl. Keyboard Solo」の7'03"から最後まで)。※周りの客に女性多し。
  • ボーカル含め楽器が単体で鳴っている時の音の近さや質感はまるでSBDソースのよう。なのでコージーのドラムソロはこれまで聴いてきたAUDの中でも最高クラス。
  • その一方でバンド全体が鳴る時は音がダンゴ状になってしまいやや聴き辛くなりますが、迫力はかなりのもので「Do You Close Your Eyes」後半のギタークラッシュ直前に繰り出されるぶっ飛んだアーミング(思わずゾクゾク)やギターをいたぶる様子に観客が狂ったように叫び声を上げるトコなんざかなりスリリング。エンディングに近付くにつれダンゴ状が更に進んでしまうものの、それも異常に過熱した会場内のムードを伝えるドキュメントとして楽しめるってもんです。
hail_to_the_king.jpg
Live at Koseinenkin Kaikan, Osaka, Japan - 5th December 1976
Disc 1 [41:46]
1. Over The Rainbow [3:32]
2. Kill The King [5:20]


3. Mistreated [10:08]
4. Sixteenth Century Greensleeves [8:13]
5. Catch The Rainbow [14:35]

Disc 2 [62:36]
1. Man On The Silver Mountain (incl. Lazy and White Christmas) [7:54]
2. Blues / Starstruck / Man On The Silver Mountain [5:45]


3. Tony Carey Keyboard Solo [7:15]
4. Stargazer [11:38]


5. Still I'm Sad incl. Keyboard Solo [7:52]
6. Cozy Powell Drum Solo [6:22]
7. Still I'm Sad (reprise) [5:31]
8. Do You Close Your Eyes [10:03]
9. Over The Rainbow  [0:23]


Ritchie Blackmore - guitar
Ronnie James Dio - vocal
Cozy Powell - drums
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

 hail_to_the_king_r.jpg
『Hail To The King』
Rising Arrow-009 2005
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
関連記事
Comment
こんばんは。
ブログのコメントありがとうございます。

奇遇にも僕もレインボー来日公演のブート買いましたよ!
同じくRising ArrowレーベルのでStill I'm Sadです。
76年初日と78年最終日の4CDセットです。BTR通販で2520とかなりお買い得でした。
kentにインフォ載ってましたが高音質AUDの様です。

今携帯から書き込んでますので後程PCから音源聴かせていただきます。
 / URL / Edit
2010.02.05 Fri 22:13  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんばんは。

おお、それは安い。とても良い買い物をされましたね。76年初日の音がタラ盤『初陣』と比べてどう違うかが気になります。

ぜひブログで聴かせて下さい♪
 / URL / Edit
2010.02.06 Sat 09:22  ファブギアマン #2fj95qD6
 おはようございます。対するワタクシ、先週末、西新宿にて『Still I'm Sad』を売却して参りましたよ~。これは購入してからかなり経ち、『初陣』は未購入なんですが、これ(4枚組の、音質的に少々厳しいだろうと思いまして‥‥。RISING ARROWは、当然、ロニー期のモノを選りすぐってリtリースしているとは思うのですが、ネ。kazさんの判断やいかに??
おはようございます / URL / Edit
2010.02.06 Sat 17:37  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

あれ、ひょっとしてソレがkazさんの手元に、なんてことはないか。いやあるかも(笑)。

『初陣』も決して極上音質とは言えないですし、実際のところがどうなのかやはり気になります。がそれ以上に、他の日との抱き合わせでその値段ってのが僕がソソられた一番の理由だったりして(笑)。
 / URL / Edit
>ファブギアマンさん
恐らくというか確実にファブギアマンが持ってたものじゃあないでしょうか?笑
物凄い偶然に驚愕するばかりです。。

>たどんさん
昨日届きましたよ!
昨日と今日は用事が入ってますので聴いてからブログに載せます
あと両日のKill The Kingを聴き比べました。
音質はやはり78年の方が良かったですね。
76年の方は音質が劣りますが78年よりロニーのボーカルが近かったですね。
今も携帯から書き込んでますのでまたPCからアクセスして初陣と聴き比べてみます。


それとドミノスの幻の2ndアルバムのセッションのブートも購入しました。
 / URL / Edit
2010.02.07 Sun 17:30  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんにちは。

これからはもっとマメにサイトをチェックしようという気になってきました。確かにサイトで中古のブートを扱うところではBTRが最もブツの鮮度が高そうですもんね(あとはやはりKか)。ま、かく言う僕も店に入ったらまずまっすぐ行った突き当たりにある中古盤のコーナーをチェックするんですが(笑)。

それはそうと、凄まじいプライスになっている『風神&雷神』がありますよ(苦笑)。

>それとドミノスの幻の2ndアルバムのセッションのブートも購入しました。

飛ばしてますねー。記事楽しみにしてますよ(催促ではありません、念のため:笑)。
 / URL / Edit
こんばんは。

BTRは新品中古共に業界最安値ですからね~、よく利用します。
kentは正直中古は高いです・・・
僕も最初にブート屋行けば中古から覗きますよ笑

確か雷神は63000ですよね、誰が買うんだって思わず叫びたくなります(笑)

Still I'm Sadですがとりえず78年の方を聴きました
ロニーもよく歌えてますしMistreatedでは結構な迫力でしたよ
Rainbowブートはこれともう1つしか持ってないので演奏の方はあまり大した言及は出来ないんですが聴く限りではリッチーもちゃんと弾いてる方だと思います。
それとKill The Kngが終わってアナウスンが入り一時休止にもなってます。
音も普通に良いですしイヤホンで聴いても耳が痛くないですよ、特にキーボードとドラムソロではやはり他の楽器は鳴ってないのでかなりクリアに収録sれてます。
あと北海道の事件の後ですのでロニーがMCを入れて日本語アナウンスで翻訳も入ってるのも聴こえますよ。

あと初陣との聴き比べですがKill The Kingを聴き比べたところ音量と迫力は初陣で音のクリアさとバランスはこちらのStill I'm Sadに軍配が上がると思います。
76の方も聴いてから記事にして載せます!
 / URL / Edit
一時休止アナウンス入るのは76の方でした。
失礼しました。
こちらも全部通して聴いてから感想述べます!
 / URL / Edit
2010.02.08 Mon 12:42  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんにちは。

丁寧な解説ありがとうございます。

そうですか~、78年も行かねばという気になってきました(笑)。いい買い物が出来て良かったですね。

記事楽しみにしてます♪
 / URL / Edit
2010.06.05 Sat 00:48  ケーン #GSy5Gvgw
たどんさん、こんばんは。
この記事からずっと気になっておりました
本作、遅ればせながら入手いたしました。
いやー確かに良いですねー、コレ!!
ソースつなぎですが音質良く、迫力十分です。
個人的にはこの日、
特にDISC2のMAN ON THE SILVER MAOUNTAINから
STARGEZER、STILL I'M SADの流れが、良いなと感じます。
相変わらず素晴らしい演奏です。
ここではリッチー先生、特にMAN ONで珍しくカッティングで言わば
ゴリオシ的なプレイをしてますね。先生、スパイス的にはカッティングプレイ、
良く演りますが、ここまでオシテくるのはあまり無い気がします。
でもこれがまた先生+ストラト&マーシャルとあいまって、
カッコイイんですよ。
 / URL / Edit
2010.06.06 Sun 02:50  たどん #AZV5XfxQ
ケーンさん、こんばんは。

(ひょっとしたらあまり認知されていないかも知れない)虹良盤の入手おめでとうございます♪

何かとインパクトの強い新タラの虹諸作に話題を持って行かれた格好というか、ジャケットのデザインも何だか地味ですし、実はbeatleg誌のレビューを見なければ入手はもっと後になったかも知れません。

けどコレ凄く良いですよね。で、コメントいただいたのを機に改めて聴き返してみましたが、音質だけでなく演奏もおっしゃる通りの素晴らしさ。確かにリッチーのザクザクと切り刻むようなカッティングがとても刺激的です。特にtk6の銀嶺の6'00"以降の展開にはゾクゾク来ますね。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/342-4eca3a33
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
562
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
56
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。