Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 109:BLACKMORE'S RAINBOW 『Kill For The King』 1976年12月10日 京都

全10公演となったレインボー76年の初来日音源も今回で9つ目になります。ムカシのようにハズレを引いてげんなり、なんて展開もなくここまでいい感じに来れたのも情報が豊富な現代ならではというか。レインボー関係はPとLHがリリースしたブツに的を絞っていけばほぼ間違いないという今の状況はにわか虹音源ファンとしては実に有り難いことです。

今回は取りあえずのIn Japan 1976の最終音源。まだ7日の名古屋公演が残っていますが、これに関しては随分前にダウンロードした音源がHDの中で眠っていたので(苦笑)、後程CD-Rにでもしてじっくり聴いてみたいと思います。

catch_the_niji.jpg catch_the_niji_r.jpg
『Someone's Calling My Name ~ Catch The NIJI』 N-001/002

さて今回のお題。LHがリリースした『Kill For The King』(Rising Arrow-023)という名のブツで、12月10日の京都公演を収録。14日の広島同様、アンコールで「A Light In The Black」を演奏しているところにまずソソられましたが、本音源のポイントはそこだけじゃあなかった。

ちと妄想含みですが、今ひとつピリッとしない(というか、どこかおちゃらけた風でもある)リッチーのムードが徐々にロニーやトニーに伝染。そこへ ”ったく何やってんだっ” とばかりに軌道修正をはかるコージーという図。始めに持つ音源ではないと思うけど、いくつかの凄いヤツを聴いた後なら妙に得したキブンを味わえるブツでもあります。いやぁこれはなかなか可笑しいよ。

kill_for_the_king.jpg

そこでまずはこんなところを。Disc 2の6トラック目「Jam incl. Apache」



半分寝てんのか?(笑)。出だしからいろいろあったけど何とかいつもの勢いでエンディングを迎えた「Stargazer」直後の状況です。ゆる~い感じでシャドウズの「アパッチ」と「F.B.I.」が飛び出しますが、そこへ即時対応していくコージーが素敵(笑)。

ちなみにこの後、いきなりリッチーがまるで憑き物が取れたように切れ味の鋭い「Still I'm Sad」のイントロを響かせ、いよいよバンドは本来の調子を取り戻し疾走を開始します。
以下、気になったところを書き散らかしてみると。。
  • オープニングのSEはこだま部分(?)からのカットイン
  • 「Kill The King」の演奏後リッチーがやおらチューニングをし始め、その間はロニーがメンバー紹介(トニー→ジミー→コージー)で繋いでいる
  • が、そんなケチが付いてしまったせいか、続く「Mistreated」のギターにいつものキレが感じられない
  • ロニーが「Blues」の後に聴かせるアドリブ(たぶん)のソロはなかなかの聴き応え
  • トラック4、「Stargazer」前のキーボードソロあたりからいよいよミョーな空気?が流れ始める(気がする)
  • トニーとロニーのやり取りから始まったコミカルなキーボードソロを遮るように飛び出すリッチーのベースペダル・シンセ
  • その後のKeyソロでは何が行われているのか、会場から何度か笑いが起きている
  • 「Stargazer」ではワンコーラス分まるまるロニーが登場せずまるでカラオケ状態(マイクトラブル?)。その後は再度アタマ部分に持っていこうとするリッチーとコージーの息が合わずとっちらかった展開に
  • 13日の福岡同様、ロニー得意のロングノートがあまり聴かれない。ひょっとしてコンディションを落としていた?
  • 後半急にコージーがリズムを変えテンポを上げるところなんぞ、まるで厄を振り払うかの勢い
  • 出だしからいろいろあったけど何とかいつもの勢いでエンディングを迎えた「Stargazer」直後の状況がふぁんきー(笑)
  • ドラムソロ突入の直前で聴こえるシャウトはコージー? だとしたら感動的
  • ギタークラッシュは無いが「Still I'm Sad」の怒濤のエンディング、ロニーが絡めるアドリブ含め、迫力満点
  • この日3度目のソロでバロック調の旋律を聴かせるトニーと、そこへ突然切り込んでくるリッチーの歪んだギター。これまでのもやもやを全て吹き飛ばすような凄まじい、本当に凄まじい「A Light In The Black」が聴ける。この日最高の名演はズバリこれ。あの広島『極楽蝶』のバージョンと良い勝負。しかしここでもコージーが凄過ぎ~
  • 終演後の「虹の彼方に」はフェイドアウトにて了

音質的にはやや距離を感じる音像で、音が混濁する箇所があるものの(特に「Stargazer」ではボーカルが埋もれがちに)それでもコンディション良好の部類に入るソースだと思います。

なお、本盤はどうも二つのソースが使われている様で、高域が強調された金属質な音の別のソースが部分的に補填使用されています。まずDisc 2の1曲目「Man On The ~」の5'42"から6'20"まで、とコージーのソロの「1812 Overture」部分(たぶん)。

Live in Kyoto Kaikan Daiichi Hall, Kyoto, Japan - 10th December 1976
Disc 1 [38:48]
01. Over The Rainbow [0:28]
02. Kill The King [6:41]


03. Mistreated [10:52]
04. Sixteenth Century Greensleeves [6:17]
05. Catch The Rainbow [14:29]

Disc 2 [75:50]
01. Lazy / Man On The Silver Mountain [7:01]
02. Blues [6:02]
03. Starstruck / Man On The Silver Mountain (reprise) [2:33]
04. Keyboard Solo [8:47]
05. Stargazer [9:48]
06. Jam incl. Apache [3:58]
07. Still I'm Sad [4:21]
08. Keyboard Solo [1:56]


09. Drum Solo [7:22]
10. Still I'm Sad (reprise) [9:50]
Encore :
11. Keyboard Solo [3:31]
12. A Light In The Black [10:41]

Ritchie Blackmore - guitar
Ronnie James Dio - vocals
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards
Cozy Powell - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

kill_for_the_king_r.jpg
『Kill For The King』
Rising Arrow-023
オーディエンス録音音源収録 プレス2CD
購入店:西新宿LH 5,400円

rainbow_76tour.jpg
76年ツアープログラムの表紙
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/352-2fde1c54
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
583
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
59
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。