Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACKMORE'S RAINBOW 『Rising Rough Mix Definitive Edition』

3月24日にリリースされる筈だった『虹を翔る覇者』と『バビロンの城門』のデラックス・エディション、どうやら完全にハナシが消滅してしまったようですね。やはり日本主導の企画だったのか、最後まで海外版に関する情報を目にすることがなく、そこに一抹の不安を感じていた訳ですが…。

そこで今回は、”もし『虹を翔る覇者』のデラックス・エディションが予定通りリリースされていたらこんな音源が収録されたのかもね" というお題でお送りしてみたいと思います。

rising_rough_mix.jpg

コージーが不慮の事故でこの世を去ってから4年ほど経った2002年初頭より、後に”COZY TAPES”と呼ばれるコージー所蔵のテープを元に制作された(真相は知る由もありませんが、当時のドラムテクニシャンが彼の家から持ち出し売り捌いたと云われています)ブートが市場に現われ始めました。そのごく初期の段階でリリースされたのが『虹を翔る覇者』のファイナルテイク前のラフ・ミックスを収録した『Rising Rough Mix』(Langley-087:1CD-R)です。

全体的に音がこもり気味だった点がいかにも非公式音源、という感じでしたが、それでも真性マスター(オープンリール)のサウンドクオリティはブートレベルとしては極上。内容もファイナルテイク前だけにいわゆるアウトテイクやリハーサル音源のような明らかな違いを味わうものとは異なり、むしろ制作の最終段階で何をカットし、どこをどういじったのかといった重箱の隅を突くようなスタンスで接するタイプの内容になっています。

今回は不覚にも初回盤を手放してしまっているので、新たにREVOX製のテープデッキで再生した音をストレートにデジタル化したという「Direct Master Version」とそれに24bitリマスタリングを施した「Digitally Remastered Version」の2バージョンを収録した ”ディフィニティヴ・エディション” について簡単にコメントしてみたいと思います。
まずはオープニングの「Tarot Woman」。公式版ではシンセサイザーのソロに5連のギターリフがフェイドインで被ってきますが、ここではそのシンセ・ソロのブレイクと同時にギターリフがフルボリュームで登場します。ギターソロの途中のパンニング(公式版の3'34"~3'37")は無し。エンディングも長めになっていますね。しかしいつ聴いてもこの曲はカッコいい。何故ライヴで演奏されなかったんだろう。

「Run With The Wolf 」「Starstruck 」いやこの2曲だけに限らないんですが、このラフ・ミックスを聴いて感じるのが気持ち良くドライヴするベースの存在感。公式版に比べややオン気味のミックスになっています。これについては自身のドラム音を目立たせる為の措置として最終的にコージーがベースのレベルを下げさせたという説もあるようですが、何にせよ、もしこのバランスのままリリースされていたとしたらジミー・ベインへの評価は今とはまた違ったものになっていたかも知れません。

チラリとギターが鳴り、"Sorry about that..."というロニーの声、そしてカウベルのカウントからスタートする「Do You Close Your Eyes」はエンディング部分にもビミョーな違いがあります。

裏ライヴ音源ではお馴染み、シンセのソロ(ここでは1分5秒)で始まる「Stargazer」が本音源中最大の目玉テイクだと思いますが、エンディングへ向けての、それはもう見事としか言いようのないロニーの歌い上げが15秒程長く聴けるのも大きなポイント。

制作段階では「Comin' Home」というタイトルだったことを教えてくれた点でも貴重な「A Light In The Black」はリマスター・バージョンの方にのみ何故か最後にコージーの肉声カウントが付いてます(tk12)。ちなみにこのタイトルの変更はよく言われるようにパープルの同名異曲(『カム・テイスト・ザ・バンド』のオープニングナンバー)を意識したということなんでしょうね。

01 - 06:Direct Master Version 
07 - 12:Digitally Remastered Version (07 - 12)

01 & 07. Tarot Woman
02 & 08. Run With The Wolf
03 & 09. Starstruck
04 & 10. Do You Close Your Eyes
05 & 11. Stargazer
06 & 12. Comin' Home (A Light In the Black)

rising_rough_mix_r.jpg
『Rising Rough Mix Definitive Edition』
Langley-220 プレス1CD
関連記事
Comment
2010.02.21 Sun 07:08  ファブギアマン #2fj95qD6
たどんさん、おはようございます。コージーの事故死、自分はまさに西新宿をウロウロしている最中に、お店の貼り紙で知りました。まだインターネットもなく、今より時間の流れが緩やかだった‥‥のでしょうね。最初はもしかしてガセネタかもと思いつつ、紛れもない事実でした。歴史に「たら、れば」は無いですが、もし存命ならば、東京国際フォーラムでの第2期JBG再結成公演なんてのも有り得た訳で、確実に失禁していたことでしょう‥‥(←前に言いましたっけ?? 爆ッ)。

 でもってDELUXE EDITION、ホント、どんな内容だったんでしょうね。何年か先に、流出してくれないかと(笑)。
おはようございます / URL / Edit
2010.02.21 Sun 12:14  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

あれからもう12年になるんですね。僕の場合は当時参加していたパソコン通信への書き込みで知ったのだと思います。その後すぐに用意された特設部屋に思いの詰まった書き込みがたくさん集まって‥‥。僕は”Cozy, the stargazer” というタイトルの追悼文を上げたんだっけ。

近年のベックの活動を見ていると、そんな失禁ものの展開まで行かずともですよ(笑)、必ずや共演があったに違いないと思わずにいられませんね。

>何年か先に、流出してくれないかと(笑)。

やっぱり作業は進行していたと見るのが自然でしょうか?
 / URL / Edit
2010.02.22 Mon 06:33  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、おはようございます。レインボーネタからズレますが、ボブ・テンチ、やはりナマで観てみたいのですよね。とっとと英吉利へ行って来い、という話ですが。

 「コージー、星を見つめる人」ですかぁ。「STARGAZER」の「エジプトの奴隷達が、空を翔び彼らを自在に操る魔術師のために石塔を建てるものの、いざその塔が出来上がると、魔術師はニセ者である事がバレてしまい、塔の上から地上へと転落死してしまう」という歌詞の内容は、物事の移り変わりが非常に速い現代社会において、考えさせられるものがありますね。「あの野郎、いい女捕まえやがって‥‥」と大衆に思われたであろうものの、一挙(?)に犯罪者になってしまった押尾君や、“時代の寵児”という感じで受け止められたにも関わらず、しばらくすると塀の中に行く事になった堀江貴文などが浮かびます。勿論、人生は諸行無常。マスメディアは常に面白おかしくしか取り上げないですし、堀江氏は誕生日が一緒という事もあり(爆)、応援しています(著書やCD、持っています)。

 ファブさんは「左」ですか? というツッコミは無しでお願いしますよ(笑)。
おはようございます / URL / Edit
2010.02.22 Mon 12:48  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、毎度です♪

わはは、ツッコまれたのはむしろワタシの方みたいです(笑)。

占星術者? 魔術師? いや歌詞の内容ですらこの際うっちゃって、深夜にひたすらパソコンのキーを叩いていたあの時の胸中に渦巻いていたのは、とにかく「Stargazer」のイントロ(やその他)を叩けるようになりたくて一人スタジオを借りて練習した日々や、そうですね、ニュアンスとしては文字通りの「コージー、星を見つめる人」そんな青いセンチメンタリズムだったと思います。

>勿論、人生は諸行無常。

ばあちゃんが生前よく言っていた「お天道様は見とるよ」。

この言葉を胸に抱いて生きて行きます(笑)。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/356-78305005
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。