Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 111:UFO 『Birmingham Tapes』 1974/76/77年 英バーミンガム

昨年の夏にリリースされたUFOの公式ブートレグBOX(以下、公式ブート箱)を買ったのをきっかけに、今度はオーディエンス音源が聴きたくなってしまいました。シェンカー加入前のブルージーかつサイケデリック、そしてガレージロック色を匂わせる時代もコンディションの良い音源があればぜひ手に入れたいんですが、まずは演奏、 楽曲のバリエーションとクオリティが頂点に達した1977年(アルバム『Lights Out』リリース時)に的を絞り物色を始めてはみたものの‥‥。

これといって有用な情報にも行き当たらず、何となく良さそうな気がする、ってことで3枚組のブツを購入してみました。でこれがナカナカの内容だったので、今回はソレを紹介してみたいと思います。

birmingham_tapes.jpg

1974年、76年、77年という3つの音源を3CDに収録。全て英国バーミンガムで録音されたAUDソース(会場は違う)が使われています。

■Disc 1 & 2 (tk1, 2):1977年6月5日 Town Hall *15曲収録
  • 6作目(M. シェンカー加入後4作目)の『Lights Out (新たなる殺意)』リリース直後の演奏

  • オープニングSEからエンディングまで完全収録(たぶん)

  • 距離感はあるがバランスは良好。マイケルのギターに深いエコーが掛けられている

  • 公式ブート箱に収録されている4月2日のラウンドハウス音源との聴き比べも一興。ここではアンコールに応え演奏された2曲もしっかり収録されている(公式ブート箱ではおそらくカットされてしまったんじゃないだろうか)
  • ちとピッチが高くない?

■Disc 2 (th3 - 14):1976年4月20日 Barbarella's Night Club *10曲収録
  • 5作目 『No Heavy Petting』リリース後の演奏。公式ブート箱に収録されているラウンドハウス公演の5日前の演奏

  • オープニングSE「トッカータとフーガ」からエンディングまで完全収録(最後の「Boogie For George」がカットされているかも知れない)

  • 先の77年音源よりも距離が縮まり、音像もよりクリアに。ベースもよく聴こえる。

■Disc 3:1974年8月5日 Bogarts 『Cold Turkey』というタイトルでもリリースされている音源。*10曲収録
  • 3作目 『Phenomenon』リリース後の演奏
  • ギターはマイケル&ポール(・チャップマン)の2人体制

  • バンドイントロダクションからの収録。が最後の「Boogie For George」があと少しのところでカットアウトしてしまう

  • ダンゴ状だが実は本タイトル中最もブートらしいともいえる音。悪くない

birmingham_tapes_is.jpg

Disc 1
Live at Town Hall, Birmingham, England - 5th June, 1977

01. Introduction
02. Lights Out


03. Gettin' Ready
04. Love To Love
05. On With The Action
06. Doctor Doctor
07. I'm A Loser
08. Too Hot To Handle
09. Out On The Streets


10. This Kid's
11. Shoot Shoot
12. Rock Bottom
13. Let It Roll
14. C'mon Everybody

Disc 2
Live at Town Hall, Birmingham, England - 5th June, 1977
*with Michael Schenker (continued)

01. Can You Roll Her
02. Boogie For George

Phil Mogg - vocals
Michael Schenker - guitar
Pete Way - bass
Andy Parker - drums
Paul Raymond - rhythm guitar, keyboards



Live at Barbarella's Night Club, Birmingham, England - 20th April, 1976

03. Introduction
04. Can You Roll Her


05. Doctor Doctor


06. Oh My
07. Out In The Streets
08. Highway Lady
09. I'm A Loser


10. Let It Roll
11. This Kids
12. Shoot Shoot


13. Rock Bottom
14. C'mon Everybody

Phil Mogg - vocals
Michael Schenker - guitar
Pete Way - bass
Andy Parker - drums
Danny Peyronel - keyboards



Disc 3
Live at Bogart's, Birmingham, England - 5th August, 1974

01. Introduction
02. Oh My
03. Doctor Doctor
04. Built For Comfort
05. Give Her The Gun


06. Space Child
07. Cold Turkey
08. Rock Bottom
09. Going Down


10. Prince Kajuku
11. Boogie For George

Phil Mogg - vocal
Michael Shenker - guitar
Paul Chapman - guitar
Pete Way - bass
Andy Parker - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

birmingham_tapes_r.jpg
『Birmingham Tapes』
Bondage Music BON-278/279/280
オーディエンス録音音源収録 プレス3CD
購入店:浜松K 4,800円
関連記事
Comment
2010.02.27 Sat 10:05  ファブギアマン #2fj95qD6
 おはようございます。たどんさん、ホント、次から次へと購入されてますねぇ。ビートルズのBOXは聴いてますか‥‥? と、ツッコミを入れておきましょう。

 裏ジャケットのフィル、髪が長くて時代を感じさせますね。ビジネス的に、マイケル不在だとあまり美味しくないのかもしれないですが、UFOにはまた日本列島に襲来して欲しいです。UFOのナンバーはフィルのヴォーカルでこそ生きる・映えるというのも多分にあると思いますし。マイケルが、次に誰と組むかも興味深深ですね。

 また、「LIGHTS OUT」が聴きたくなって来ました。たどんさん、良い週末を!
おはようございます / URL / Edit
2010.02.27 Sat 10:34  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

酒飲まない、タバコ吸わない、ギャンブルやらない、オンナもちろんやらない(笑)、ならCDくらい良いよね?そう自身に言い訳しながら彷徨う新宿界隈というやつでして(苦笑)。

ビートルズは全曲バイブルを片手に一通り聴き終えてます。聴き終えてますが、そういった聴き方をするとずっしりとした手応えは残るんですが、書く事が出来ません(笑)。何を書いても本の転載をしているキブンになってしまうんです。

「髪」に反応しちゃいますが、ことシェンカーに関して言えば、ビジュアル的に最もイケてたのが表ジャケの頃(77~78年?)ですね。垂らした前髪、スポーティなジャンプスーツにフライングVも一層映える。まるで優秀なスタイリストでも付けてたんじゃないかと思う程です(笑)。それはともかく、僕もフィル&マイケルでUFO、ぜひ観てみたいですね。

そういや先日、MSGの3曲入り『ハーフ・ライヴ』なる30cmシングル盤が奥の方から出てきました(笑)。

では、ファブギアマンさんも良い週末を~
 / URL / Edit
2010.02.28 Sun 07:34  ファブギアマン #2fj95qD6
 おはようございます。昨日は秋葉原でお約束の献血、ヨドバシでちょこっと買い物の後は神保町まで歩いて某店の知り合いの店員と歓談、そのあとDISK UNIONで「beatleg」4月号購入~帰宅でした。自分もタバコ、ギャンブル、ゲーム等、中毒性の高いものはやらないですね。ブートはどうなんだという話ですが(笑)。ヨドバシでちらっと見たゲームのガイド本が600ページ近くもあるのには驚きました。ゲームをやって得られる達成感って、自分の中では途轍もなく低いのではないか‥‥と感じます。果たしてそんなに楽しいのかいな?? と。

 『ハーフ・ライブ』、懐かしいですね。自分は、日本盤が出る前にぺラぺラのジャケットの輸入盤を御茶ノ水の今は亡きシスコで買いました。アナログでこそ映えるデザイン(薬物中毒からのリハビリ中?)、B面はこれぞコージー! というドラミングですネ。

 ビートルズについて「何を書いても本の転載~」というお氣持ち、何となく察します。言語に置換して表すより、ただただ味わうのが正解かなと。
おはようございます / URL / Edit
2010.02.28 Sun 10:46  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

ううむ、結局何をどう好むかは人それぞれですからねぇ。僕もゲームにハマったことは無いけど・・・と書きかけ、95、6年頃初めてMacを手に入れた頃にDoomというシューティングゲームで毎夜脇の下に汗をかいていた日々のことを思い出しました(苦笑)。

何となく自らの意思で距離を置いているから手を出さないだけで、そのスタンスもいつどんなきっかけで変わるか分からん、個人的にはそう思ってます。だから危うい(笑)。おっしゃる通りブートだってそうですよね。「どこがイイんだ?」そんな風に思っている音楽好きはそりゃあもうゴマンといる訳で(苦笑)。

『ハーフ・ライヴ』実に20数年ぶりに針を下ろしましたが、ノイズが凄いのなんの。収録されているライヴは2曲だけ。けれど必殺の2曲ですよね。

>「(薬物中毒からのリハビリ中?)」「御茶ノ水の今は亡きシスコ」

ああ懐かしいっ。

 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/364-5f6a2c64
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。