Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 114:BLACKMORE'S RAINBOW 『When Evening Falls』 1976年12月16日 武道館

全10公演中9公演分を押さえたところでひとまずアガリを決め込んでいたレインボーの76年来日音源ですが、ちょっとした忘れモノ、ツアー最終日16日夜の部の「サウンドボードソース(以下、SBD)」を収録したブツが中古で出ていたので手に入れてきました。

when_evening_falls.jpg

この時の演奏を収録したブツとしては他にオーディエンスソース(以下、AUD)を収録した『雷神』を既に紹介していますが、本盤はこれまで取り上げてきたいくつかの音源同様、コージー・パウエルが所有していたテープを元に作られているらしく、そのマスターにあった数カ所の欠落部分は『Definitive Last Night』(Bondage Music BON169/170) というタイトルに使われたAUDソース(『雷神』には劣るもののこれはこれでかなりコンディションの良いソースです)で補填しているようです。

when_evening_falls_is.jpg

では、トラック毎に簡単なコメントなんぞ。
Live at Nippon Budokan, Tokyo - 16th December 1976 Evening Show
Disc 1
01. Over The Rainbow [1:57]
02. Kill The King [5:09]

  • ノッケから補填のAUDで始まる本盤。「Over The Rainbow」スタート前は『雷神』の方が1分10秒ほど長めに収録しています。

03. Mistreated [12:10]
  • 冒頭のギターソロの途中、0'37"からSBDにチェンジ。SBD特有の不自然なほどの生々しさがこの日のロニーの気合いの入り具合をより一層強く伝えてくれるような。

04. Sixteenth Century Greensleeves [8:10] 
  • 『On Stage』には前トラックの11:49から本トラック演奏終了後の7:14まで無編集で使われていますが、つまりそれだけメンバーやプロデューサーのマーティン・バーチにとって納得のいく内容だったんでしょうね。演奏後には例の虹のアーチのデモンストレーションが行われているもよう。 Green→Red→Blue→Amber→Rainbow "NIJI"‥‥

05. Catch The Rainbow [18:32]
  • 『On Stage』に収録されたのは9日の大阪音源ですが、最後の山場、ロニーが独唱を聴かせる部分でのミスをカバーする為にこの時の演奏が38秒ほど使われています。
  • ちなみに上記3曲のSBDソースについては、関係者から提供されたというDATマスターを使ったLH発の別タイトル、昨年の10月にリリースされた『Soundboard Archives』(Darker Than Blue 077/078)でも聴くことが出来ます。但し「Mistreated」はアタマ30秒欠け 。音質はメーカーインフォに書かれている程には変わりません(笑)。
soundboard_archives.jpg soundboard_archives_r.jpg
『Soundboard Archives』 Darker Than Blue 077/078

06. Lazy / Man On The Silver Mountain [7:27]
  • 移動中の新幹線から見た?雪を被った富士山(”フジヤマ~”)を銀嶺に掛けたMC後、「Lazy」が演奏される0'26"から0'53"までAUDソースで補填。「White Christmas」の爪弾きをインクルードし「Man On The Silver Mountain」へ。

07. Blues / Starstruck / Man On The Silver Mountain [8:49]
  • 1'34"~1'42"でAUD使用。『On Stage』の音に耳が慣れていると強い違和感を感じるかも。てなくらいに大胆なカット編集がされているのがこのメドレー部分。

Disc 2
01. Tony Carey Keyboard Intro. [8:13]
  • リッチーがチューニングを直している間はロニーがMCで繋ぎ。ウドーの社長や滞在中のもてなしへの謝辞、そして何故かオリビア・ニュートン・ジョンの名前が飛び出します(そういや76年に武道館でコンサートがありましたね)。
  • 会場でも実際にそう聴こえていたと思われるところどころ音が左右にパンニングするシンセサイザーソロ。当時夢の楽器としてもてはやされたシンセのギミックたっぷりなサウンドに当時の客は皆驚いたんでしょうね。思わず当時売れまくっていた冨田勲の諸作を思い出します。
  • 途中からオルガンのソロに切り替わりますが、例えばジョン・ロードの弾くそれに比べると確かにかなり小粒な印象。それでも僕はこの人のプレイかなり好きで、もし『On Stage』にオフィシャルならではの低域に厚みをもたせたマスタリングでこの人のソロが収録されていたとしたら、もうちょっとマシな評価がされていたと思うんですがどんなもんでしょ。

02. Stargazer [10:17]
  • この曲について、先のMCの中でロニーが「パウエルからのスペシャルリクエスト」と言っているように聞こえるんですが。確かにコージーが圧倒的な存在感を見せつける曲ですが、トニーの伴奏の音色、これもこの曲の大きなキモのひとつだと思いますね。



03. Still I'm Sad incl. Keyboard Solo [6:53]
04. Cozy Powell Drum Solo [8:15]
  •  ブートならではの音がハイコントラストなSBDソースで聴くコージーのソロは何だかやけに新鮮。ドゴドンッという得意のフレーズはさて何回出て来るでしょうか(笑)。『1812』に入ってからの6'03"から突然高域が強調された音に変わりますが、AUDではなさそう。

05. Still I'm Sad (reprise) [7:02]
  • 0'25"から数秒間、その他にも数カ所でテープよれと見られる音揺れアリ。

06. Do You Close Your Eyes [10:33]
  • 1:32のところでSBDソースはカットアウト(テープ終了?)。以降はAUDソースによる補完。 4:30以降からギンギンなアーミングとほとんどメチャクチャな速弾きを繰り出しつつ、5:40あたりでひと際大きな歓声が上がるとギタークラッシュも佳境へと突入。

07. Over The Rainbow [2:27]
  • 途中から絶えずガサゴソとノイズが入ってくるのはテレコを何かで覆い隠しているのか?それとも単にしまい込もうとしているのか?そんなことを気にする俺がヘンなのか?(笑)。何にせよ録音お疲れ様でした。

Richie Blackmore - guitar
Ronnie James Dio - vocals
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards
Cozy Powell - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

when_evening_falls_r.jpg
『When Evening Falls』
Rising Arrow -007
ス テレオ・サウンドボード音源収録(一部 AUDソースによる補填有) プレス2CD
購入店:西新宿BTR 3,570円(Used)
関連記事
Comment
2010.03.19 Fri 00:05  Unknown #-
毎度レインボー深堀レビュー楽しみにしてます。中2のときにレインボー二度目の来日に立ち会えた46歳のオヤジです。初来日は音楽専科でユビを加えてグラビアながめるだけでしたが、やっと「雷神」手に入れましたよ。
 / URL / Edit
こんばんは
AC/DCのさいたま2daysがもうブート化されておりました。
例外な速さじゃないでしょうか(笑)

雷神があれば十分かなと思っておりますがやはりSBDものも欲しくなりますね~
僕は先日シカゴの先月の国際フォーラム公演のブツを買いましたよ。
素直になれなくてが感動モノです。
あとLHのZionレーベルのjourneyの83年大阪公演とSODDレーベルのストーンズ76年ものやマイルス+ジャレットのブツも購入しました。

日曜日についに東京へ行きます!
BFにも寄りたいのですがHPがないので詳しい場所が解らないのでメールにて教えていけたけないでしょうか?
 / URL / Edit
2010.03.19 Fri 23:14  たどん #AZV5XfxQ
3/19 00:05のUnknownさん、はじめまして。

コメントどうもありがとうございます。

中学生の時分に生レインボー、さぞかし強烈だったでしょうね。月並みですが羨ましいとしか言いようがありません(笑)。

『雷神』の入手おめでとうございます。よかったら感想などお聞かせ下さい。
 / URL / Edit
2010.03.19 Fri 23:29  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんばんは。

どうやらイヤモニとAUDのミックス版が出ているようですね。んがいつものようにまずは静観。LHの出方を確認してから考えたいと思います。

いろいろ買ってますねー。そんなジャンルにこだわらない聴き方が素敵です。

シカゴといえばブラスロック時代の評価が高いですが、もちろんそこがキモだとは思いつつ、リアルタイムで聴いて夢中になった曲、例えば「愛ある別れ」といったセテラ節ぷんぷんのバラードもとても好物だったりします。

>日曜日についに東京へ行きます!

おお、西方徘徊ですね~。

>BFにも寄りたいのですがHPがないので詳しい場所が解らないのでメールにて教えていけたけないでしょうか?

お安い御用ですが、例えばMapfanなどの地図サイトで「東京都新宿区西新宿7-15-18」を確認された方が手っ取り早くてより確実かと(笑)。

http://www.mapfan.com/

ビルの1階で店名もでかでかと出ているのですぐに見つけられると思いますよ。

充実のお買い物になりますよう。

 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/378-199e8003
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
378
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
42
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。