Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 118:RAINBOW 『Close Encounters Of The Third Kind -第3種接近遭遇-』 1980年5月9日 武道館 #2

では引き続きレインボー『Close Encounters Of The Third Kind -第3種接近遭遇- 』のもうひとつのAUDソース”Mr. Peach Version”をば。が、内容についてこれ以上書き散らかすのもアレなので?、あとはもう聴いてもらうのがイチバン!ってことで今回はちと多めにULしてみました。

CEOTTK_Box.jpg

ちなみにこちらは「威風堂々」(といえばゴダイゴを思い出します)から「虹の彼方に」~終演アナウンス(FO)まで完全収録(冒頭に「Hey Joe」が40秒ほど収録されてます)。で、その「威風堂々」がまさに威風堂々で(?)。この時点で既にタダモノでない気配が漂ってくる訳ですが、果たして想像以上の高音質ワールド、しかも終始安定型(右chの音が歪む箇所がありますが何のその)、が待ち受けていました。

CEOTTK_p.jpg CEOTTK_p_r.jpg
ジャケットを開くとカセットテープの写真があります。”2層塗りデュアド”、いわゆる高級カセットテープのひとつですが、当時の僕にはなかなか手の出せないブツでした。はともかく、そこには実に興味深い書き込みが(コノ手のハードねたは大好物)。

1階南スタンドA列20番。てことはあの『雷神』同様、ステージ正面に位置し録音に最適と言われる席の最前列でこの音は録られたと。そしてそこで使われたのがこの年の3月に発売されたばかりのカセットデンスケ Sony TC-D5M と同じくSony製のECM23Fというマイクだったという訳ですね。

でこの音を聴いているといい意味でのアナログっぽさと言うか、現在主流のデジタル機器では味わえないマッタリとした厚みのある音像がとても魅力的です。なもんでデンスケ、今でも全然有効だと思うんですが、やっぱり使い勝手が悪いですかねぇ。

CEOTTK_p_is.jpg

Disc 3 : Mr. Pearch Version
01. SE / Hey Joe
02. SE / Land Of Hope And Glory
03. Count Down
04. Over The Rainbow
05. Eyes Of The World

06. MC
07. Love's No Friend
08. Band Introduction
09. Guitar Solo
10. Since You Been Gone
11. Over The Rainbow

12. Man On The Silver Mountain
13. MC
14. Greensleeves
15. Catch The Rainbow

Disc 4
01. MC
02. Keyboard Solo
03. Also Sprach Zarathustra
04. Lost In Hollywood
05. A Light In The Black
06. Guitar Solo
07. An Die Fieude
08. Keyboard Solo
09. Green Onions
10. Popeye Opening Theme
11. Sukiyaki

12. Keyboard Solo
13. Close Encounters Of The Third Kind
14. Keyboard Solo (Include 'Kimigayo')
15. Drum Solo
16. The Year 1812, Festival Overture in E flat major

17. Lost In Hollywod
18. Guitar Solo
19. Lazy
20. All Night Long
21. Long Live Rock 'N' Roll

22. Kill The King
23. Long Live Rock 'N' Roll
24. Over The Rainbow
25. Announcement


試聴用ファイルは MP3 192kbps です。



しかし今回改めて感じましたが、音源提供者にこんな風にスポットを当てる手法といい、制作者の個性が色濃く表れたブツの仕上がりといい、ZEPの諸作のようにあまり凝られても買えなくなっちゃうんでアレですが、家内制手工業的なこのレーベルの物作りのスタンスは僕は好きですね(ってブートは大体どこもそうか。。)。欲を言えばせめてあと二千円安ければ、なんて思ったりもしますが(苦笑)。

なお、今回取り上げた4CDのBOXセットは既に完売してしまいましたが、このMr. Peach Versionは2nd Editionとして現在も販売中です(7,800円也)。

CEOTTK_Box_r.jpg
『Close Encounters Of The Third Kind -第3種接近遭遇- 』
Tarantura TCDRAINBOW-8,9 2010
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス4CD
150セット限定ボックス仕様 ナンバリングスタンプ入り
購入店:西新宿P 14,800円
関連記事
Comment
2010.04.06 Tue 23:45  lespaul #-
たどんさん、毎度です。
グラハム時代は…と書いておきながら、セカンドエディションを予約しちゃいました(笑)桃音源の2枚組ですが。
楽しみです!
1976東京体育館は、初めての外タレライヴだったので、特別な思い入れがあります。
実は私も録音しました。小さいテレコなんで聴けたものではありませんでした。
開演した瞬間にステージに押し寄せ、アリーナの半分から後ろには誰もいませんでした。終演後はアリーナの折りたたみ椅子はめちゃくちゃだった事を思い出します。
ではまた。
こんばんは。 / URL / Edit
2010.04.07 Wed 00:03  たどん #AZV5XfxQ
lespaulさん、こんばんは。

おお、予約されましたか。デカい音量での再生に堪えうる名録音だと思いますのでどうぞお楽しみに♪

>実は私も録音しました。小さいテレコなんで聴けたものではありませんでした。

実は僕も日本のバンド、それもライヴハウスに限られるんですが色々録音しましたねぇ。首からテレコぶら下げてた時などは演奏中の某ギタリストに笑いながら指差されたり、また時にはあとで聴かせろとライヴ中にマイクを通じて話しかけられたり(笑)。

>終演後はアリーナの折りたたみ椅子はめちゃくちゃだった事を思い出します。

この手のハナシに目がないワタシです。皆さんハードル競争よろしくパイプ椅子を飛び越えて行ったんでしょうか。それとも畳みながら進んだとか(それはないか)。
 / URL / Edit
2010.04.07 Wed 00:09  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、こんばんは。この公演の数日後、5月12日が自分にとっての初リッチー、初レインボーでした(『SOLITARY TRAVELLER』の日ですね)。雑誌『beatleg』の広告も見ましたが、この勢いだと、札幌公演も別マスターでまたブート化されそうな勢いですね~。
こんばんは / URL / Edit
2010.04.07 Wed 00:21  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

おお、そうでしたか!それでは『Solitary Traveller』(Lがひとつ余計ですね:笑)書き込みしなければいけませんね♪

しかしこの桃氏という方はどこまで行脚されてるのか(笑)。全くもって恐れ入ったという感じです。なのでおっしゃる通り出るかも?、札幌新音源。
 / URL / Edit
2010.04.07 Wed 13:21  lespaul #-
桃さんは、余程暇人で遊んでいてもお金が入る人としか思えませんね。
例えば、土地貸しの賃料収入だけで生活してる人とか?
あちらのミラード氏も同じかも。羨ましい…。
ちなみに1976東京体育館はスタンド最前列で録音してましたが、後ろの列から男が駆け降りてきて、リッチー!とうるさかった事を覚えてます。演奏中はまだしも、MCの間はそいつの叫び声ばかり録音されてました(泣)
その点桃さんは回りにも恵まれてますね。
長文失礼しました。
 / URL / Edit
2010.04.07 Wed 18:44  たどん #AZV5XfxQ
lespaulさん、こんばんは。

>その点桃さんは回りにも恵まれてますね。

通常のルートでチケット買いました、ということではないんでしょうね。きっと良席を確保する秘策(人脈か)みたいなものがあったのでしょう。

てな勘繰りはともかく、東京体育館の新音源、僕はかなり期待値高めです。
 / URL / Edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます /  / Edit
2010.04.24 Sat 01:53  たどん #AZV5XfxQ
鍵コメさん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

お訊ねの件ですが、当ブログではシェアではなく、あくまで試聴用というスタンスで音源を公開させてもらっています。

どうか悪しからずご了承下さいませ。
 / URL / Edit
2010.04.24 Sat 05:19  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、おはようございます。このトピックでいいんでしょうか、昨日発売の『バビロンの城門』ラフミックス、および自分が行った武道館のMSG、双方とも非常に氣になるところなのですが、経済的に○○(決して“●●がない”とは言いません!)なのですよ。いいビジネスアイデアがあったら教えて下さい~。

 レインボーのオフィシャルで、知らない人は居ない(?)、ミュンヘンのライブがアナログで出るようですね。サイト“RAINBOW FANCLAN LEGACY”で見ました。後半の「STILL I'M SAD」と「DO YOU CLOSE YOUR EYES」の曲順が入れ替えとの事です。それでは、良い週末を!
おはようございます / URL / Edit
2010.04.24 Sat 10:50  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

「いいビジネスアイデア」、そんなものがあればワタシが知りたいっという感じですが、このところのブートリリース(オフィシャルもですが)の攻めにはこちらも正直参ってます(笑)。LHで2点、Pで1点、取りあえず今月はここまでですね。

ご紹介のサイトにアクセスしてみました。デラックスエディションについても触れられていますが、ここまで情報が錯綜してくると逆にそれが面白く感じられてくるから困ったもんです(アマゾンでは1ディスク仕様3,800円で上がってますね)。

それはそうと、僕の場合ミュンヘンはCDよりもDVDで味わうことが多いですね。少なくとも鑑賞中に受けるインパクトの大きさはCDとは比べものになりません。友人宅で観たヤング・ミュージック・ショーにぶっ飛ばされた当時を思い出しますね。
 / URL / Edit
2010.04.25 Sun 01:09  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、こんばんは。おっしゃる通り、「ヤングミュージックショー」と言えば、レインボーかキッスですかね~。当然youtubeなど無かった時代、コージーのソロやリッチーのギター破壊には圧倒されました。今はあらゆる事が便利になり、当然その事に感謝もしていますが、ウチらの方が、昨今の若者よりずっと豊かなミュージックライフを送っているのではないか‥‥と思います。
おっしゃる通り‥‥ / URL / Edit
2010.04.25 Sun 22:28  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

衝撃度の大きさではストーンズのパリ公演も忘れられません。

当時はいつでも空腹状態というか、とにかく音を聴く手立てが限られてましたからねぇ、手に入れることが出来たレコードはそりゃもう何度も何度も繰り返し聴いたものです。

よく言われることですけど、洋楽リスナーとしてはあの頃が一番楽しかったなぁ、そんなセンチな気分は僕の中にもありますね。
 / URL / Edit
2010.04.26 Mon 07:46  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、おはようございます。そうですねぇ、あの時期はコンサートの曲目(“セットリスト”ではありません)も、『音楽専科』や『ミュージックライフ』等で書店で立ち読みして、少し離れた場所で3~4曲くらいづつメモしておりました(笑)。ホント、遠い昔の事ですね。でも現代だって、今回のレインボーのようなアイテム(未聴&未入手ですが)が出るんですから、長生き(?)はするものですよネ。
おはようございます / URL / Edit
2010.04.26 Mon 12:28  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

その ”少し離れた場所で~” の下り、大いにウケました(笑)。他にもキャッシュボックスのチャートとか、歌詞とかタブ譜とか、こちらも似たようなことをしておりました。

ブートもそうですが、ライヴだって当時はなかなか行けなかったですからね。言うまでもなくその時々に相応しい向き合い方があるんでしょう。僕の場合はどうやってその時間を確保するか、が問題なんですが。

 / URL / Edit
2010.04.26 Mon 17:18  プッチ #-
素晴らしいHP&CDの紹介ありがとうございます♪
さっそく西新宿でさがしましたがもう売ってなかったので、ヤフオクでゲットしました泣、私、5月9日、南スタンド1階の4列近くから見ていました。音を聞いて、完全に忘れてしまっていた記憶が蘇りました
場内SE、Hey Joeの前曲はFreeのWisingWellだった、
Eyes Of The Worldイントロ~コージーカウント後、ステージ両サイドからでた巨大なボム、Love's No Friendリッチーは片ひざついて片足伸ばしポーズでステージ最前で弾いていた、帰りの地下鉄で友人と”リッチーよりコージーのほうが歓声大きかったよなぁ”と話した事etc
またオススメなCDありましたらご紹介お願いします。
 / URL / Edit
2010.04.28 Wed 00:46  たどん #AZV5XfxQ
プッチさん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

その場にいた人にとっては尚更感慨深い音源になることでしょうね。貴重なお話にも多謝です。そんなエピソードのひとつひとつが音源を聴く上でのスパイスになってくれます。

>リッチーは片ひざついて片足伸ばしポーズでステージ最前で弾いていた

これはまんま画が浮かぶなぁ。

>またオススメなCDありましたらご紹介お願いします。

こちらこそまた楽しいエピソードなど教えて下さい。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 / URL / Edit
2010.05.09 Sun 16:48  プッチ #-
こんにちわ、たどんさん。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

でっ、エピソード補足ですが

私、8日公演も行きましたよ♪

憶えている事は、初日は全席立見禁止でした。
78年事故の影響で、セキュリティ厳しかったです
アンコールでやっと
ALLNIGHTLONGの最初のフレーズ、ブレイク時にリッチーが
腕を上げて”立て!の合図をして観客は立つことができました
ウドーさんスタッフ達もリッチーを確認して、立見解禁にしました
ウドーさんとリッチーの間で約束がとり交わされていたと思います。

8日の良質ブートが発掘されないのは、当日、厳戒体制だったので
録音できる隙がなかったのが原因では?と推測します
12日は行かなかったので(当時中2だった為、予算不足で断念w)
不明ですが、9日に比べて8日はかなり緊迫した雰囲気だったこと
は憶えています。

ちなみにこのCDに使用されているステージショットは、
8日と3月1日、ロンドンWembley Arenaのものです

また、たどんさんNewCDレビュー、楽しみにしてます♪
 / URL / Edit
2010.05.10 Mon 12:25  たどん #AZV5XfxQ
プッチさん、こんにちは。

これはまた大変貴重なお話、どうもありがとうございます。

8日も9日同様の演奏が繰り広げられたんでしょうから、あの「All Night Long」の掛け合いで座ってろというのは酷なハナシですよね。

しかしその「立ち見解禁」の下りやブートが出て来ないことへのご推察も実に興味深いです。

初日の状況を確認した上で、これならと警備体制が若干緩められたということなんでしょうか。9日も音だけ聴いているとノッケから総立ちで大盛り上がりしているように聴こえますもんね。

また色々と教えて下さい。

こちらこそどうぞよろしくお願いします♪
 / URL / Edit
2010.05.11 Tue 22:58  ちょろ #LMs.iqQA
たどんさん、こんばんは。

私もこのツアー、5月13日を見ました。30年かぁ。。(汗)
やはり席を立つことが一切許されず、少しでも立つと警備員が飛んで来ていましたね。
グラハムの胸ポケットにはくしが常備されており、鼻歌を歌いながらリーゼントを撫で付けていました。(笑)
同じデンスケで録られた 5/15 のブートもいい音ですね。
 / URL / Edit
2010.05.11 Tue 23:24  たどん #AZV5XfxQ
ちょろさん、こちらへもコメントありがとうございます。

13日は大阪厚生年金会館ですよね。「リーゼントを撫で付け」ですか、これまた無理なく画が浮かびます(笑)。

しかしこんな演奏をずっと座りっぱなしで観ているというのはやはり相当に酷です。せめてその場で立ち上がるくらい許せそうなものだろうにと思いますけどね。

>同じデンスケで録られた 5/15 のブートもいい音ですね。

大阪3デイズの中では15日が最も音が良いらしいですね。いつか聴いてみたいものです。
 / URL / Edit
2010.05.12 Wed 20:32  プッチ #-
>初日の状況を確認した上で、これならと警備体制が若干緩められたということなんでしょうか。
9日も音だけ聴いているとノッケから総立ちで大盛り上がりしているように聴こえますもんね。

仰る通りだと思います。

初日でトラブルがなかった為、9日からはノッケから総立ちOKでGOだったのでしょう
当時も札幌の件はファンには承知の事実だったので、なぜ立てないのか?理由は分かっていました。
セキュリティが巡回しまくりだったので、アリーナでの隠密録音は絶対無理だったと思います。
ただ8日はアリーナで、9日は1階席で見たので、大阪に行かれた方が
立てなかったとゆうことは、9日は1階席だったから総立ち解禁されたのかもしれませんね。

8日に、前座があまりに軟弱で、プレイ中に一斉にレインボー・コールがはじまり「日本の音楽も聞いてくれ。」とMCした為大ブーイングが起こる一幕はありました、9日は、その前座をパスしたのでどうなったのか不明です。

グラハムは存在感あって男臭くて超カッコ良かったですけどね
翌年、ジョーを見て影の薄さには落胆しました。
短髪に違和感抱いていたのはリッチーだけだったのでは…

プロモーター有働さんが日本公演後、札幌の不祥事で79年当時、
2度と日本でのライブができない状況だったが、
翌年に条件付で許可がでた、今回は東京と大阪公演がやっとで、
地方公演は無理だったと事情を語っていました。
本当はバンド側は地方公演も予定していた…と。

あ~、どこかにグラハム期のフルライブ映像が眠ってないでしょうか?w
大阪3デイズの6枚組は持っています、これいいですよ
とくに15日は抜群の音質と迫力です、お薦めします。
 / URL / Edit
2010.05.13 Thu 01:08  たどん #AZV5XfxQ
プッチさん、こんばんは。

今回も素敵なコメントどうもありがとうございます。80年のツアーが2都市だけとなったのにはそんな背景があったのですね。

リッチーだけでなく一部のファンにも揶揄?されたりするグラハムのファッションセンスですが、僕は寧ろそんなステレオタイプな物言いを蹴散らすように我が道を貫くスタンスをとても格好良いと思っていました。それで歌が拙くてはありゃりゃですが、あの圧倒的なヴォーカルですもんね。

ところでこれは余談ですが、グラハムがオーディションで「Mistreated」を歌った時の様子が『リッチー・ブラックモア伝』に記されていますよね。「"I've been Mis..."と歌ったところで、リッチーは顔を上げ」というやつですが、僕はこのくだりがとても好きです。

>とくに15日は抜群の音質と迫力です、お薦めします。

強く意識しておきたいと思います。
 / URL / Edit
2010.05.14 Fri 22:44  ちょろ #LMs.iqQA
こんばんは。
同様に当時を体験された方の回想が聞けるのが嬉しいです。
80年コンサート時、開演前のスタッフの口上が、『ご存知のように、レインボーは2年前に死亡事故を起こしています!今度また同じようなことが起きれば2度とコンサートを開催する事が出来無くなります!!』 と、一種異様な緊張感が走っていました。
(この部分も収録したブートってないのでしょうか? 笑)

勿論事故は無かったですが、リッチーがPAの上によじ登ってギタークラッシュを始めると、さすがに全員が総立ちで、警備もなす術なしって感じでしたね。

確かに前座酷すぎで、一曲ごとに客のため息が出ていましたね(苦笑)
 / URL / Edit
2010.05.16 Sun 11:43  たどん #AZV5XfxQ
ちょろさん、こんにちは。

先日76年初来日時の特集を組んでいた『ミュージック・ライフ』を入手したんですが(1977年2月号)、その中のロニーのインタビュー中に観客のヒートぶりを案じるコメントがあるんです。次回の『虹船』の記事中で紹介する予定ですが、これを読むと何とも皮肉というか、何というか。

>確かに前座酷すぎで、一曲ごとに客のため息が出ていましたね(苦笑)

一体誰だったのかが気になります(笑)。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/388-82c94cc5
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
431
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
44
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。