Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 119:ERIC CLAPTON & JEFF BECK 『Two Gunslingers In The O2』 2010年2月13日 ロンドン#1

いよいよあと2日。

そこで今日と明日は2月13日と14日にロンドンのO2アリーナで行われたベックとクラプトンの共演ライヴを収録したブツを取り上げてみたいと思います。

まず第一部がベック、第二部クラプトン、そして第三部でクラプトンのバンドにベックが加わるという構成はこのほぼ1年前、やはり2日間続けて行われたさいたまスーパーアリーナと同じ構成。

しかし双方にメンバーの変動があり、よく考えてみれば?ベックのバンドは総入れ替え。対するクラプトン・バンドの方はスティーヴ・ガッドが復帰し、抜けたドイルの代わりという訳でもないんでしょうが、ウォルト・リッチモンド(Key)なる人物が新たに加わり再びのKey二人体制に。

two_gunslingers.jpg

で、今回個人的に最も強い関心を寄せていたのが ”共演パート” の内容でした。日本でのそれを踏襲するものになるだろうと予想はしていたものの、何かしらのサプライズは用意してくる筈。ところが、いざ蓋を開けてみたらこれが何とも淡白な展開。それでもクラプトンが歌う「Moon River」やアンコールに応えて演奏されたやはりクラプトンがボーカルを取るというレアな「Hi Ho Silver Lining」もロンドンならではということで確かに意外性はあったものの、全体的にはこじんまりとした印象を拭えなかったのも事実(ゼイタク言ってら)。

そしてクラプトンのセットにも大きな変動は無く、日本での演奏をほぼ再現したような流れに終始しました。何も変わればそれが全て良しということでは無いし、一期一会的なクラプトンのソロには日替わりの旨味がしっかりと存在する訳ですが、それでも正直もうちょっと何とかならなかったものか、と感じたのも確かでして。なのでこのあたりについては来年と噂されている来日ツアーに期待したいところです。

それに対し、こちらの予想を大きく覆してくれたのがベック。ちょうど新作の制作終了というタイミングの良さもあったんでしょうが、オーケストラやゲストを複数迎えるなど、短時間ながらもバリエーション豊かなその内容は常に新しいことにチャレンジする姿勢を崩さないベックの面目躍如といった感じでした。

なお、この日のベックのパートについてはロンドン在住のMickさんがご自身のブログ『斜に構えて。』に鮮烈な参戦記を残していらっしゃいます(両日全セットの音源ダウンロードも可能です)。

two_gunslingers_a.jpg

音質は両日共に申し分のないもの。曲間を中心に所々観客の話し声が目立つ箇所があるものの個人的には耳障りというレベルではないです(英語だし)。強いて気になるところを挙げるとすれば13日の第一部、ロンダ姐さんのソロが始まったところでデカイ声で”Sit down!”とどなるオヤジがいる位ですかね(笑)。

という訳でまずは13日分、各パートから数曲ずつULしてみました。
Live at The O2 Arena, London, UK - 13th February 2010
Disc 1
JEFF BECK
01. Eternity's Breath
02. Stratus
03. Led Boots
04. Corpus Christie Carol (with 12 piece orchestra)
05. Bass Solo by Rhonda Smith
06. Hammerhead (with 12 piece orchestra)
07. Mna Na Heireann (with Sharon Corr on violin and orchestra)


08. People Get Ready
09. Big Block
10. There's No Other Me (with Joss Stone)


11. I Put A Spell On You (with joss Stone)
12. A Day In The Life (with 12 piece orchestra)

Jeff Beck - guitar
Narada Michael Walden - drums
Rhonda Smith - bass
Jason Rebello - keyboards
12 Piece Orchestra
Joss Stone - vocals
Sharon Corr - violin

Disc 2
ERIC CLAPTON
01. Driftin' (acoustic)


02. Layla (acoustic)
03. Nobody Knows You When You're Down And Out (acoustic)
04. Running On Faith (acoustic)
05. When Somebody Thinks You're Wonderful
06. Tell The Truth
07. Key To The Highway
08. I Shot The Sheriff


09. Wonderful Tonight
10. Cocaine
11. Crossroads

Eric Clapton - guitar, vocals
Chris Stainton - keyboards
Walt Richmond - keyboards
Willie Weeks - bass
Steve Gadd - drums
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals

Disc 3
ERIC CLAPTON & JEFF BECK
01. Shake Your Moneymaker


02. Moon River


03. You Need Love
04. Outside Woman Blues
05. Little Brown Bird
06. Wee Wee Baby
07. (I Want To Take Tou) Higher

Encore:
08. Hi Ho Silver Lining (Eric and Jeff shared vocals)


Eric Clapton - guitar, vocals
Jeff Beck - guitar
Chris Stainton - keyboards
Walt Richmond - keyboards
Willie Weeks - bass
Steve Gadd - drums
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

two_gunslingers_r.jpg
『Two Gunslingers In The O2』
Beano-034
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス6CD
50セットのみナンバリングステッカー付
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/390-53b3cfbc
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。