Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 119:ERIC CLAPTON & JEFF BECK 『Two Gunslingers In The O2』 2010年2月13日 ロンドン#2

いよいよ明日に迫りました、ジェフ・ベック東京公演初日。

では今年2月に行われたロンドンO2アリーナでの”共演”、引き続き14日分の音源をば。

two_gunslingers.jpg

ベックのセットではまずゲストが前日のジョス・ストーンからイメルダ・メイ姉さんに替わり「Lilac Wine」を。そして最後に歌劇『トゥーランドット』の最終幕でカラフが歌うアリア「Nessun Dorma (誰も寝てはならぬ)」をバンドメンバー+12名のオーケストラで演奏。その流れで本編最後の「A Day In The Life」までオーケストラ付という実に豪華&羨ましい展開。

一方のクラプトンは「Layla(acoustic)」「Wonderful Tonight」「Crossroads」が外れ、新たに「Little Queen Of Spades」を演奏。また13日はエレクトリックで演奏された「When Somebody Thinks You're Wonderful 」がこの日はアコースティックに。やはりエレキの幕開けは「Tell The Truth」がしっくりくるようです。が、今回はギター1本体制だった為に聴いているこちらがついもう1本のギターを脳内補填(デレクかドイルか)してしまう有様。ちなみにこの曲でドイルに代わりセカンドコーラスを担当したのはミシェル・ジョン。

でもって第3部は前日と同じ選曲でした。

そしてこの日のベックのセットについてもMickさんがご自身のブログ『斜に構えて。』に参戦記を書いていらっしゃいます。って今回もすっかり他力本願モードだ(苦笑)。

two_gunslingers_b.jpg 
Live at The O2 Arena, London, UK - 14th February 2010
JEFF BECK
Disc 4
01. Eternity's Breath
02. Stratus
03. Led Boots
04. Corpus Christie Carol 8with 12 piece orchestra)
05. Bass Solo by Rhonda Smith
06. Hammerhead (with 12 piece orchestra)
07. Mna Na Heireann (with Sharon Corr on violin and orchestra)
08. People Get Ready
09. Big Block
10. Lilac Wine (with Imelda May)
11. A Day In The Life (with 12 piece orchestra)
Encore
12. Nessun Dorma (with 12 piece orchestra)

Jeff Beck - guitar
Narada Michael Walden - drums
Rhonda Smith - bass
Jason Rebello - keyboards
12 Piece Orchestra
Imelda May - vocals
Sharon Corr - violin

Disc 5
ERIC CLAPTON
01. Driftin' (acoustic)
02. Nobody Knows You When You're Down And Out (acoustic)
03. Running On Faith (acoustic)
04. When Somebody Thinks You're Wonderful (acoustic)
05. Tell The Truth
06. Key To The Highway
07. I Shot The Sheriff
08. Little Queen Of Spades
09. Cocaine

Eric Clapton - guitar, vocals
Chris Stainton - keyboards
Walt Richmond - keyboards
Willie Weeks - bass
Steve Gadd - drums
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals

Disc 6
ERIC CLAPTON & JEFF BECK
01. Shake Your Moneymaker
02. Moon River
03. You Need Love
04. Outside Woman Blues
05. Little Brown Bird
06. Wee Wee Baby
07. (I Want To Take You) Higher
Encore
08. Hi Ho Silver Lining (Eric and Jeff shared vocals)

Eric Clapton - guitar, vocals
Jeff Beck - guitar
Chris Stainton - keyboards
Walt Richmond - keyboards
Willie Weeks - bass
Steve Gadd - drums
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals
 
two_gunslingers_r.jpg
『Two Gunslingers In The O2』
Beano-034
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス6CD
50 セットのみナンバリングステッカー付
関連記事
Comment
こんばんは。
僕もコレ歌買いましたよ~
でも正直な話、音質も演奏もさいたまの方が良かったと思うが本音です。

個人的にクラプトンのステージにガッカリでした、やはりドイル一人居るだけでも大分違うなと思いましたね。

AWBですが確かに白人だって知らなかったら勘違いしそうですよね。
Savoy Brownのボーカル(名前が分かんないです笑)も凄いと思います
 / URL / Edit
2010.04.10 Sat 12:20  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんにちは。

お、そのさいたま版はどこ製のヤツですか?21日?22日?

よかったら教えて下さい。私的には今回取り上げたタイトルでもかなり満足しているんですが、これを凌ぐとなるとちと気になります。

クラプトン本人のギターにどうのはまるで無いんですが、ギター複数体制に聴き馴染んでしまうとちょっとした物足りなさみたいなものは感じますね。今後はどうなっていくんでしょうね、ECバンド。

Savoy Brownも近年の音源ですか?
 / URL / Edit
こんにちは!
僕が持ってるのはX-AVELのAcross The Muddy Road Vol.2というのやつで22日の方でプレス盤です
各パートがかなりバランス良く撮れてますよ~

ベースもはっきりと聴こえます!

Armsからも出てますがこちらは未聴です。

確かに物足りなさを感じます。
近年は(もう4年前ですが)デレク・トラックスが居たから何となくハードル上げて見ちゃいますね。

Savoy Brownはブートもオフィシャルも所持してなくてyoutubeで聴いただけです。
Getting To The Point(?)に入ってる曲でした。
このアルバム買おうと思ったのですが輸入盤で3000円でしたので一旦諦めました(笑)
 / URL / Edit
2010.04.10 Sat 13:34  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんにちは。

なるほどアレですね。プレス一番乗りだったんじゃなかったでしょうか。実は僕も当初コレを狙っていたんですが、ジャケットのデザインがあまりにも‥‥で結局パスしちゃいました(その後LHの22日単独盤(それでも3CD)を入手しました)。

そうですか、そこまで高音質となれば一度聴いてみたいものです。という訳で、ここはベック来日記念という事でアップしてみません?(冗談です:笑)
 / URL / Edit
こんばんは
あれが一番乗りなのは初耳です。
プレスはあとは確かMVとtinker bellとJohana(?)とLHだけでしたよね。
MVはボロクソに酷評されたみたいですからねぇ~笑
Tinker Bellのはそれほど良くは無いみたいです。
クラプトンの06大阪を持ってますが現代AUDにしては少し籠りがちでした・・・

リクエストにお応えして記事にしましたよ~
きっとこの音質なら御気に召されるはずです!
 / URL / Edit
2010.04.12 Mon 10:57  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんにちは。

映像のプレスは結局MVだけでしたっけ?。ずっと大事に持っていたいソースなのでプレス仕様の決定版が欲しかったんですけどね。

>リクエストにお応えして記事にしましたよ~

おおっ、それはどうもありがとうございます。後程じっくり賞味させていただきますね♪
 / URL / Edit
2010.04.13 Tue 06:48  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、おはようございます。少し間が空きましたが‥‥セットリスト、見ないように見ないようにしていたもので(笑)。「LED BOOTS」をやるであろうハナシは耳にしました。今回の日本ツアー、最初で最後になる国際フォーラム公演(私の父の誕生日でもあります・爆)、十二分に楽しんで来ます~。

 ちょっと話がズレまして、「UDO ROCK FESTIVAL」を収録した『TALE TO NOSE』を中古で安く入手しました。これはサウンドボードとオーディエンスのミックスのようですね。
おはようございます / URL / Edit
2010.04.13 Tue 13:11  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

今頃落ち着かない時間をお過ごしのことと思います(笑)。どうか存分に楽しんできて下さい。後程じっくりと語り合いましょう(笑)。

>「UDO ROCK FESTIVAL」を収録した『TALE TO NOSE』を中古で安く入手しました。

おめでとうございます。「Lopsy Lu」でしたか、1曲だけ未収録とは言えこの日の代表的なタイトルですよね。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/391-c014911a
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
431
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
44
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。