Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 123:JEFF BECK 『Final Commotion』 2010年4月13日 東京国際フォーラム

続いては13日の東京国際フォーラム公演を収録した『Final Commotion』なるブツ。

final_commotion.jpg

セットリストは10日のJCBホールと同じですが、フィードバックし損ねてしまったからなのか?途中からまるで異なる展開を見せる「Led Boots」とか、流れがスムーズになっている「Jam~Hammerhead」とか、この日の”アイシテマス”はナラダが言ったのねとか、ある程度聴き比べが出来るようJCBホールと同じ曲を貼り付けてみました(アバウトだなぁ)。

音質は収容人数約2,000人増という会場規模がそのまま音に現われたような(アバウトだなぁ)、10日音源と比べるとやや距離を感じさせる音像なれどバランスは良好。まぁ今日日プレスで出て来る最新ライヴものにそうおかしなものはないと思うし、買い増し需要をも狙ったと思われる比較的安価な価格設定も上手いんじゃないでしょうか(アバウ‥もうええって)。

という訳で僕もこれからじっくりと聴き比べてみるとします(苦笑)。

final_commotion_is.jpg
Live at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan - 13th April 2010
Disc 1
01. Opening
02. Eternity's Breath
03. Stratus


04. Led Boots


05. Corpus Christi Carol
06. Hammerhead


07. Mna Na Heireann


08. Bass Solo
09. People Get Ready
10. Rollin' And Tumblin'
11. Never Alone


Disc 2
01. Big Block
02. Somewhere Over The Rainbow
03. Blast From The East
04. Angel (Footsteps)
05. Dirty Mind


06. Brush With The Blues
07. I Want To Take You Higher
08. A Day In The Life
09. How High The Moon
10. Nessun Dorma


11. Cause We've Ended As Lovers

Jeff Beck - guitar
Jason Rebello - keyboards, guitar
Rhonda Smith - bass, vocal
Narada Michael Walden - drums, vocal

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

final_commotion_r.jpg  
『Final Commotion』
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
80セットのみナンバリングステッカー付
関連記事
Comment
2010.05.04 Tue 05:06  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、おはようございます。プレス盤で出てくれるのは、何と言っても嬉しいですよね。自分が焼いたCD-R、歴年の変化、はたまたディスクの変質? のせいか、音がチリチリいうものがあるんですよ(泣)。クリーニングディスクを使っても改善されず、CD・DVDのコンパチのプレイヤーでは問題無かったり‥‥と、まちまちな状況です。読み取らないディスクもあります(苦笑)。話をジェフに戻すと、、初日の方が僅かながら音はいいようですね(『DEEP EMOTION』は自分は未購入なのですが、お店の例の方がおっしゃってました)。13日は微かな距離感も手伝ってか、若干薄味というか、懐石料理(?)のような味わいを受けます。あ、勿論ベック御大を悪く言ってる訳ではなく、「ロック」や「ジャズ」というカテゴライズでは捉えられない境地に達してしまったな‥‥という愛情溢れる氣持ちの表現ですからネ。
おはようございます / URL / Edit
2010.05.04 Tue 11:58  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんにちは。

ああ、僕のところにも読み取らなくなったCD-Rブートありますねぇ。そんな物理的要因からもRにはやはり抵抗を覚えます。とは言え、記録面の内部剥離?が始まっているプレス盤もあったりするんですが(汗)。

例えば一時期猛烈にハマったマイルス・デイヴィスの音源などは大部分がRなんですが、これがいつ何時…と考えると居ても立っても居られません。一応CD-Rものは全てWAVファイルで保存していますが、その記録媒体ですらいつどうなるか、と考え始めるともう(苦笑)。

「懐石料理」とはこれまた言い得て妙。ややコンパクトな音像も小振りな器を思わせるってな感じでしょうか。

>「ロック」や「ジャズ」というカテゴライズでは捉えられない境地に達してしまったな‥‥

全く以て同感です。
 / URL / Edit
2010.05.05 Wed 04:30  ファブギアマン #2fj95qD6
 たどんさん、こんな時間に失礼します。1番確実な情報の記録方法は「紙に書く」という行為だそうですね。大量の情報(や映像)が収録出来るCDやDVDも、再生するハードがなければプラスティックの板に過ぎない訳で。

 ベックの場合、いい意味で非常にシャイというか、ピュア過ぎるというか、対人間のコミュニケーションがあまり上手ではないのかも‥‥と最近感じます。それがインタビュー嫌いだとか、度重なる離婚という事になり、はたまたギターや車にのめりこむ事になったのではないかと‥‥。
おはようございます / URL / Edit
2010.05.05 Wed 22:27  まいるす #D.3D8ZuQ
たどんさん、こんばんは。
お休みのところアップして頂き、感激です。
本当に有難うございました。
早速聴かせて頂きました。

こちらもなかなかどうして素晴らしいではないですか。
JCBは更に良いとのことで、どちらかをでは迷ってしまいますね。

さて、定番の75ボストンがリリースされるようですね。
別テーパー氏によるもののようですね。
既発が素晴らしいすぎるのに、それを更に超えるとはあまり
想像し難いのですが、、、、。どうなのかなあ。
良い物には間違いないでしょうね。
 / URL / Edit
2010.05.05 Wed 22:48  たどん #AZV5XfxQ
ファブギアマンさん、こんばんは。

もう何年も聴いていないCD-Rブートを片っ端から再生してチェックしてやろうかと思いましたがやめました(笑)。

ベックはおそらく人並み外れた完全主義者だと思うんですよね。と同時に感覚至上主義者でもある、と。で、そんな特性を最大限に活かせるのが好きで好きでタマラナイもの、ギターやクルマということなのだと思います。

インタビュー嫌いについてはそんなアーティストは他にも沢山いるし、おそらくメディア側にも問題があるとは思うので何とも言えませんが、女性問題についてはうぅむ‥‥。かなり惚れっぽいけど飽きるのも早いとか(こらこら)。
 / URL / Edit
2010.05.05 Wed 22:57  たどん #AZV5XfxQ
まいるすさん、こんばんは。

喜んでいただけたようでこちらも嬉しいです。ありがとうございます。

ちなみにJCB、東京フォーラムのどちらか、と問われれば僕は10日のJCB『Deep Emotion』をお薦めします。

>さて、定番の75ボストンがリリースされるようですね。
>別テーパー氏によるもののようですね。

ありそうなのに一向に出て来ない、と思っていたら突然登場しましたね。実は既にダウンロードしたものを聴いているのですが、せっかくなのでブツを手に入れてから記事にしたいと思います(既発との比較式で)。よろしければまたコメント下さいませ。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/405-8bfa96fa
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
619
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
58
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。