Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 128:RAINBOW 『虹船 Legend Of The Additional Performance』 1976年12月2日 東京体育館

日本の冬空に雷鳴を轟かせた虹の軍団! 12月2日の東京体育館を皮切りに行われたブラックモアズ・レインボーの日本公演は、真冬の寒気に見舞われた各地に異常なまでの興奮状態を招き、まさに熱狂のコンサートとなった。ディープ・パープル時代からの圧倒的支持を仰ぐリッチー・ブラックモアの独特のギター・ワークを前面に、アルバム・ジャケットの図を写し出したバック・スクリーンとステージ前方に大きく渡したコンピューターの虹の多彩な演出効果によってアピールする、あくまでハードで挑発的なレインボー・サウンドに聴衆はしばし我を忘れて酔いしれた。」

これまた前回同様、雑誌『ミュージック・ライフ '77年2月号』からの引用です。

ML1977_2_y.jpg

ブリティッシュ・ハード・ロック史に残る傑作『虹を翔る覇者』のリリースから8ヶ月。過去にZEPやパープルのライヴを体験している人ならともかく、この日初めてHR最高峰の演奏に生で接するチャンスに恵まれた人達の期待の大きさたるや如何ばかりだったろう。

おそらく当日は大した予備知識も無く臨んだ人がほとんどだったと思いますが、一体どれ程の大音量なのか? ナマで観る&聴くリッチーのギターって? ロニーのヴォーカルはLPのそれを超えるのか? コージーのツーバスの威力って?

例えばそんな参戦模様?

そして放たれた音はまるで閃光。なのに超重量級。初めて聴く曲だけど滅茶苦茶カッコいい。途中「紫の炎」に似た感じの3連フレーズが飛び出す。それにしてもツーバスの威力が凄い。で、2曲目はなんと「Mistreated」。3連打のバスドラが、やけに正確なピッチで気持ち良く伸びる硬質な歌声が、かつての名曲をヘヴィメタルに接近させている。そうそう、音に合わせて光の色や動きを変化させる虹のアーチも興奮UPに一役買っている…。

と、こんな風にちょっと想像してみるだけでも・・・。

nijifune_20111225112836.jpg

今回紹介するのは1976年の初来日ツアー初日、12月2日東京体育館でのライヴを収録した『虹船』という名のブート、タランチュラレーベル謹製。昨年の夏頃リリースされた『初陣 Uijin'』(アクエリアス音源)と同日の演奏を別音源で収録しています。

音源提供者は今やブート界のブランドと言っても過言でない?桃印なお方。今回もスタンド席からの録音だったようで、これまで同様かなりの高音質に仕上がっています。

一方、アリーナ席からマイクを使わずテレコで直録りされたというアクエリアス音源ですが、これについては以前の書き込みでこんな風に書いていました。

「それでなくても興奮するだろう初来日初日、ましてやステージ上には当時のハード・ロックの最高峰がいる訳で。冒頭聞こえてくるチューニング音と既にステージ前に押し寄せている観衆、実に4分半に及ぶ喧騒。そしてSE「Over The Rainbow」から「Kill The King」へ。ネックに手を滑らせた時の”キュルッ”というノイズからしてもう堪らない。疾走するバンド。そして2曲目「Mistreated」ではそのコーフンがコンサートの中断を招き、パイプ椅子が踏まれる(?)音と悲鳴のような歓声、野次。しまいにはマイクを通してスタッフに注意を促されるてな始末。それら全てがはっきりと聞き取れる訳ではないですが、異様なムードだけはひしひしと伝わってきます。」

件のML誌に掲載されたロニーのインタビューでも話題にされてましたが、この東京体育館公演は開演早々アリーナがパニック状態に陥った日としても(特にブート好きには)知られている訳でして。

けどそんな状態でも録る(しかも完遂)、思わずテーパー、アクエリアス氏の熱意に脱帽という感じですが、その分音質的にキビシイものがあったのも確か。その意味では、カオスな光景をリアルに捉えたドキュメントとしての面白さはあるものの、単純に演奏を楽しむという点では今回の桃印音源によってようやくこの日の決定版登場と言えるのかも知れません。

nijifune_is.jpg
Live at Tokyo Taiikukan, Shibuya, Tokyo, Japan - 2nd December 1976
Disc 1
01. American Woman (The Guess Who) [0:09]
02. Monitor Check / band tuning [4:03]
03. Over The Rainbow [0:25]
04. Start [0:21]
05. Kill The King [4:40]


06. The 1st MC by Ronnie / Mistreated introduction [0:33]
07. Guitar Solo [0:56]
08. riot on arena [1:55]
09. Promoter's Speech [0:27]
10. Guitar Solo [0:56]
11. Mistreated [11:06]
12. MC [0:28]
13. Greensleeves [2:10]
14. Sixteenth Century Greensleeves [4:55]


15. Niji Flashing working [1:04]
16. Das Wohltemperirte Clavier [2:01]
17. Herz und Mund und Tat und Leben BWV147 [0:37]
18. Catch The Rainbow [13:02] ※
19. Band Introduction [0:26]
20. Guitar Solo [1:15]
21. Lazy [0:55]
22. White Christmas [0:45]
23. Man On The Silver Mountain [5:55]
24. Blues [3:10]
25. Man On The Silver Mountain [2:09]


26. Starstruck [1:19]
27. Man On The Silver Mountain [3:05]

Disc 2
01. MC [0:45]
02. Keyboard Solo [8:19]
03. Stargazer [11:34]
04. Still I'm Sad [5:39] ※


05. Keyboard Solo [1:45]
06. Drum Solo [1:18]
07. 1812 Overture [2:33]
08. Drum Solo [1:18]


09. Still I'm Sad (reprise) [5:03] ※
10. Guitar Solo [1:03]
11. Do You Close Your Eyes (Guitar Clashing) [10:08]
12. Over The Rainbow [2:48] ※

※ edited with Aquarius UIJIN master tapes

「Catch The Rainbow」 > 10'17"~10'42"
「Still I'm Sad」 > 0'00"~0'12"
「Still I'm Sad (reprise)」 > 3'02"~3'12"
「Over The Rainbow」 > All

Ritchie Blackmore - guitars
Ronnie James Dio - vocals
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards
Cozy Powell - drums

nijifune_r.jpg
『虹船 Legend Of The Additional Performance』
Tarantura nijifune-1-1, 2
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
関連記事
Comment
2010.05.23 Sun 08:53  lespaul #-
こんにちは。
前にも書きましたが、この日が外タレ初体験だったものにとって、やっと聴けるBOOTが出ましたね。
LH盤、初陣(かなり期待したんですがガッカリ)…とやはりあの時代だから…とガマンしてました。
曲間カットがなければサイコーなのに。
やっと / URL / Edit
2010.05.23 Sun 13:50  たどん #AZV5XfxQ
lespaulさん、こんにちは。

メモリアルアイテムの登場おめでとうございます。何てったって34年、ですものね。

>曲間カットがなければサイコーなのに。

あれはやはりカットなんでしょうか。現場でそこまでマメにテレコを操作していたとは考えにくいし、そもそも録音者は完全収録を目指していたと思うんですよね(結果的には別ソースによる補完が生じましたが)。僕は他のタイトルに同様の症状?が見られるものがあることから、例えばトラックごとの調整で生じたレベルのギャップといったマスタリングに付随したものではないかと思っています(自信は無いですけど)。
 / URL / Edit
2010.05.23 Sun 23:19  lespaul #-
たどんさんの言う通り、かもしれませんね。カットと書いたのは間違いかもです。
でもやはり、曲間の観客のざわつきも完全に聴きたかったですね。
この虹船にはチケットの写真がないのですが、どこら辺で録音したんでしょうかね?ちなみに私はリッチー側のスタンドでした。上のほうから知らない兄ちゃんが降りてきて「リッチー!リッチー!」とうるさかったのを覚えてます(笑)
そうかも / URL / Edit
2010.05.24 Mon 00:22  たどん #AZV5XfxQ
lespaulさん、こんばんは。

この曲間のギャップについては以前ベックのところで書いたことがあるんですが、やはり違和感ありますよね。そうせずにまとめる方法がある筈だと思うんですが(もちろん推測が当たっていたら、の話です)。

スタンド席からの録音には違いないと思いますが、今回はその詳細が紹介されていませんね。改築前の東京体育館を知らないので想像すら出来ないのですが、今回の音源はいつになく客のしゃべりに意識を集中することになりました。特にトラック2の「Monitor Check / band tuning」。演奏前からアリーナがすし詰め状態になっていたことがよく分かりますよね。

あと「Catch The Rainbow」を演奏する前の「もうちょっと静かにして!」にはウケました。ホントそうだっての(笑)。
 / URL / Edit
2010.05.24 Mon 09:20  lespaul #-
たどんさん、どうもです。
当時の東京体育館は、普通の長方形の箱です。学校にある体育館の舞台がなく、スタンドに席がついている、と思って下さい。
↑と記憶してます。
真横まで席があったんでそこからは虹アーチは見えなかったでしょうね(笑)
私の席は、かろうじて見える斜め横からでした。
誰か当時行った人いませんかー?
東京体育館 / URL / Edit
2010.05.24 Mon 22:45  たどん #AZV5XfxQ
lespaulさん、こんばんは。

外観だけなら画像検索で確認出来ましたが、やはり昔とは随分と様変わりした様ですね。

すぐ近くに勤務先があるのでしょっちゅう近くを通るんですが、近頃ではコンサートに使われることもかなり減った様です。時々邦楽のライヴがあるようですけど。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/408-368ae662
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
562
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
56
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。