Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 126:Jeff Beck 『Forum First Night』 2010年4月12日 東京国際フォーラム

どれがジェフでどれがジョン?聴きながら思わず眉間に皺を寄せてしまう、そんな音源に続いてはやけにハイコントラスト、全編これパキパキなモニターサウンドで占めたブツを紹介します。

forum_first_night.jpg

ジェフ・ベック来日公演、4月12日東京国際フォーラムでのライヴ。キーボードのジェイソン・リベロの、かどうかは分かりませんが、イヤーモニター音を収録。近頃はこのモニター音源とオーディエンス音源を重ね合わせて高音質盤一丁上がりとやっているものが多いですが、コレはモニターソースのみのストレート仕様です。

で、この手の音源はややもするとライヴならではの熱とか臨場感が希薄だったり(この音源も歓声は小さめ)、いい意味での雑味や脂っ気が抜けて、全体的に味気なく感じられるケースが多いんですが、その一方、情報量の点ではオーディエンス音源を大きく凌ぐ場合が少なくなく、例えば各パートの音があからさまになる分、実際の会場では意識することのなかった音が聞こえてくるといった面白みがあるのも確かなんですよね。

forum_first_night_is.jpg

という訳で早速聴いてみました。

冒頭聞こえてくるホワイトノイズがいかにも電波傍受音源という感じ(何となく)ですが、まずは「Eternity's Breath」でベックのギターにうねうねと絡み付いてくるジェイソンの弾くシンセの音からして何やら新鮮。

ぱたぱたぱたっ(決してドスドスドスッと聞こえないところがご愛嬌)と強引に小節を埋めていくバスドラ。だけでなく瞬間芸の塊のようなスリリングなナラダのドラミングに後押しされベックのギターも発火。ナラダのマイティぶりが遺憾なく発揮されたこの日の「Stratus」は大きな聴きどころのひとつ。

そして「Led Boots」。ナラダとの生共演ということで僕自身かなり期待して臨みましたが、実際に会場で聴いた時よりもこの音源の方が『Wired』のヴァージョンを強く想起させてくれました。その理由が2'30"以降のジェイソンの弾くシンセのフレーズと音色。会場ではそれがここまではっきりは聞こえてこなかったんですよね。

ロンダ姉さんのベース・ソロも意外性に富んだ内容。混み入ったフレーズの中にのぞかせるハーモニクスのタイミングが絶妙です。しかしここまで複雑な構成になっていたとは。そこに見た目の迫力とは裏腹な女性ならではの細やかさがうかがえるような。演奏後に聞こえてくるナラダのガハハ笑いが可笑しい。

ジェイソンがシンセでサイドギターの役割を担う「Blast From The East」も意外性十分。このベコベコした音を会場で意識することはほとんどなかったなぁ。

ナラダのドラムとジェイソンが叩く電子パーカッション音の対比が興味深い「Dirty Mind」。このあたりのやけにクッキリした音像もモニター音源ならでは。

ギタリストを見る時、大抵はフレット上の指の動きに注目するものですが、ベックの場合右手の動きも見逃せない。時に板前が寿司を握るような手つきで弦を弾き、時に医者が触診する時のようにネック上をタップ、時にアームをべこべこべこと叩くなどなど。そんな様々な右手の動きが音からも伝わってくる「Brush With The Blues」。

ロンダ姉さんとマイティ・ナラダのボーカルがクローズアップされた「I Want To Take You Higher」。ナラダ1'04”の”みゅーじっくすてぃるぐっとぅぎようっ” ってそれ何だよ(爆笑)。

生々しいカッティングのミュート音やフレージングに耳が釘付けになる「How High The Moon」と、いよいよこの記事が今回のジェフ・ベック in ジャパンの締めくくり。ならやはりこの曲は外せない、大団円に相応しい「Nessun Dorma」。
Live at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan - 12th April 2010
Disc 1
01. Eternity's Breath
02. Stratus


03. Led Boots


04. Corpus Christi Carol
05. Hammerhead
06. Mna Na Heireann
07. Bass Solo


08. People Get Ready
10. Rollin' And Tumblin'
09. Never Alone
10. Big Block
11. Somewhere Over The Rainbow

Disc 2
01. Blast From The East
02. Angel (Footsteps)
03. Dirty Mind


04. Brush With The Blues


05. I Want To Take You Higher


06. A Day In The Life
07. How High The Moon


08. Nessun Dorma


Jeff Beck - guitar
Jason Rebello - keyboards, guitar
Rhonda Smith - bass, vocal
Narada Michael Walden - drums, vocal

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

forum_first-_night_r.jpg
『Forum First Night』 PB-005
”from Monitor Source” プレス2CD

Jeff_Beck_2010.jpg

関連記事
Comment
おー!この日がプレスで出たのですね!!

こんにちは、たどんさん。

GW中においおい報告すると言いつつ遅くなって申し訳ありません。
中身はきっと私が先日入手したSEE NO EVILのCDRと同じですね(Disc1がOver The Rainbowで終わるところもなかなか気に入っているのですが・・)。

昨年の「ギター音のみ大き目」と違って今回は各楽器の動きが鮮明で聴いていて嬉しくなります。私は殆ど公式ライヴ盤(しかもノーカットバージョン)を聴いているような錯覚に囚われました。

この日をプレスで!と切に願っていた矢先だったので少々興奮しております。もはや平日は帰りが遅くて寄れないのできょうこれから新宿へ向かいます。夜またお邪魔します。映像報告からいきますね!

やったー! / URL / Edit
こんばんは。出張中に連続で失礼します。

これ(=Forum First Night)はあれ(=LIVE AT Forum Fifth Night)とは別モノでしたね。これは恐らくジェイソンのモニターだと思います。これは新鮮です。(本日同じ店で4/22のロスでのサウンドボード物ライヴもGetしましたがこれについてはまた改めて。)

・・・がやはり私はマトリックス録音のあれをプレスで出して欲しかった。ロンダの細やかなベース音が本当によく聴こえるのです。(ナラダのドラムもドスドスドスです)曲によってはややギターが引っ込んでいるといった不満も無きにしもあらずですが、ミストーンも殆どないしこのまま修正なしで公式に出しても良い位バンドアンサンブル的にはかなり良いバランスだと思います。

12日のものでは他に BECK'S ARIA IN TOKYO ACT-2(X-AVEL) がフォーラムのホールトーンを程良く含んだ(フォーラムのホールAは5,000人収容ですよ)、当日実際に聴いた印象(左13列目)に最も近い、会場録りとしては驚異的に素晴らしい録音で当初はこちらばかりを聴いていました。(イントロから1・2曲目のそれぞれ冒頭で「きょうは(おそらくベストが)白だね」「かっこいいー」「すげー」と近くの男女の声を拾っていますが微笑ましいというか思わず出てしまったような声なのであまり気にはなりません。)但しこれもRですが・・・。

さて12日の映像ですが「LED BOOTS」というタイトルの、おそらく2階席の右から撮ったと思われるハイビジョン映像がなかなか素晴らしい。オープニングからメンバーが袖に引っ込むまでノーカット収録のDVDRです。

残念なのは右前の観客の頭がジェイソンのポジションを遮ってしまって演奏姿がまるで写っていないことですが、曲間でカメラを上に向けるものの演奏中は殆ど手ブレもなく急激なクローズアップも多用しないので観ていて疲れず、かなり慣れた撮影者だと推察します。音声も歪む事なくよく録れています。

Never Aloneではジェイソンにカメラが向けられない分ジェフ・ロンダ・ナラダの3人に向けたままが幸いして、例のロンダからジェイソンへのソロ受け渡しの瞬間に見せたジェフの「そうだ!そこだジェイソン!いいぞ!」と言っているような嬉しそうなアクションがしっかり写っており、私としてはこのシーンが再度観られただけでも嬉しい。

終始サングラスをかけないままなので表情もよく捉えられているし(グランキューブではNever Aloneの途中からサングラスをかけてしまった)、エフェクターでフレーズ毎に細かく音色を変えている様やこの日は様々な曲でタッピングを取り入れていること等が再確認出来て全く飽きさせず、私は殆ど毎日観ています。(家族は呆れています(笑))☆

早とちりでした / URL / Edit
2010.05.20 Thu 23:55  たどん #AZV5XfxQ
750ryderさん、こんばんは。

うほほ、熱くそして大いにソソられるコメントどうもありがとうございます。

X-AVELは昨年は大部分(全てかも)の音源をプレスで出してくれたのですが、今回は難しいと判断したのか、全てRなのがやはり残念ですね。

映像についてはまずは参戦日の10日分を確保したいと思います。僕も色々と情報を集めなければ。

よろしければぜひ「4/22のロスでのサウンドボード」に関する続報お聞かせ下さい♪
 / URL / Edit
こんばんは。

ろくに聴いていなかったので今流しながらの報告です・・理由は後ほど(笑)。

グラミー博物館から生中継された公開スタジオライヴ番組をそのまま録音した・・と思われるプレス盤(Scatterbrain Disc)です。
Jim Laddというラジオパーソナリティーの司会進行で Corpus Christi Carol / (Jamなし)Hammerhead / Somewhere over The Rainbow / Brush With The Blues / A Day In The Life / Nessun Dorma / How High The Moon そして26分程のInterview(ニューアルバムやジョージマーティン、ジミーペイジ等々について結構饒舌に語っているようです。途中あまり巧くないピアノが・・・もしかして親方かな?!観客とのQ&Aコーナーもあり)を挿んで最後にPeople Get Ready ・・という構成です。

実は店で手に取った時に曲目に Serene(!) というタイトルがあったので「おお、遂に・・」と躊躇することなく購入したのですが・・帰って真っ先にそのトラックを聴いてみるとBluesが・・もしやメドレーか・・との淡い期待も虚しく最後までBluesでした。久々に「ブートタイトル」にやられた!・・と一気に醒めた次第です(笑)。

当然音は良いのですがミストーンも分かり過ぎ、演奏は4/12を10とすると7.5位ですか・・・今一回とおして聴き終わった印象ですが・・・☆
FM中継音源ですが・・・ / URL / Edit
2010.05.22 Sat 11:22  たどん #AZV5XfxQ
750ryderさん、こんにちは。

今回もまた詳細なレポート、本当にありがとうございます。

先にいただいたのもそうですが、質的にはコメントというより最早「記事」ですよね。思わずブログの開設をオススメしたくなります。

>グラミー博物館から生中継された公開スタジオライヴ番組をそのまま録音した・・と思われるプレス盤(Scatterbrain Disc)です。

なるほど、4/22でピンと来るべきでした。これってウェブでも生中継されたライヴですよね。当日は仕事だったのでごく一部だけ(「How High The Moon」以降)チラ見しました。会場が小さなホールだったせいか、ナラダのドラムセットがワンバス仕様になっていましたね。で、インタビュー中のピアノですが弾いたのはジェイソン、話の流れでベックが彼にジャズ風のフレーズを弾かせる、そんな感じだったと思います。

それはそうと、久し振りのScatterbrain盤ですね。ちなみに本記事で取り上げたタイトルも作りはそれっぽかったんですが、表記がなかったのであえて触れずにいたのですが、そうですか~、なら一応押さえておこうかなぁ。

と言いつつ、映像版が出ればそれを優先したいというキモチもあります。

>久々に「ブートタイトル」にやられた!・・と一気に醒めた次第です(笑)。

相手が「Serene」ですもんね。そりゃマズい(苦笑)。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/412-d91ecc59
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。