Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 131:JEFF BECK GROUP『Ruis Rockfestival, Beat Club & BBC 1971 & 1972』 SBD音源集#2

続いては第二期ジェフ・ベック・グループ、定番中の定番音源其の壱ってことで。

 71年7月にアルバム『Rough And Ready』のレコーディング・セッションを終えた5人はその翌月から初めてのツアーへと繰り出します。その初日が8月22日、フィンランドの旧首都トゥルクで開催された野外ロック・フェス『Ruisrock Festival』への参加でした。前年の1970年から始まり、現在に至るまで毎年欠かさず開催されているとても歴史のあるフェスティバルだということをつい最近知りましたが(今年は7月9日から11日)、この71年は8月20日から22日までの3日間の開催でJBGが出演したのは最終日の22日。しかも大トリとして最後にステージに登場したそうです。

ちなみに71年のラインナップはこんな具合だったそうな。

8月20日
Tommie Mansfield Group & Jussi Raittinen
Contact
Pete Brown and Piblokto!
Culpeper's Orchard
Kinks

8月21日
Elonkorjuu
Yellow
Faction
Karma
Fruit
Pink Fairies
Woodoo
Stefan Grossman
Niemen Enigmatic
Karelia
Juicy Lucy
Hardin & York
Canned Heat

8月22日
Fläsket Brinner
Cumulus
Tasavallan Presidentti
Fairport Convention
Jeff Beck Group

ruisrock.jpg
R:『HELSINKI 1971:FLYING HIGH』 (Empress Valley EVSD 51)

 さて、そんな記念すべきデビュー・ライヴの演奏を収録したディスク1ですが、マスターは2000年にレッド・ツェッペリンの専門レーベル、Empress Valley(本タイトルのように例外アリ。ちなみに1998年のこのレーベルのデビュータイトルはクラプトンのレインボー・コンサートでした)が紙ジャケット仕様でリリースしたものと同一。

 今回のリリースにあたり新たなマスタリングはされていないようですが、既発のEV盤では「Jody」とひとトラックにまとめられていた最後の「Ice Cream Cakes」(この時点で既に演奏されていたのが興味深い)が6曲目として独立しました(なのでEV盤のトラック数は「5」です)。

Ruisrock2.jpg

 音質はリアル・ステレオのライン音源ゆえブートレベルとしては極上。各パートのバランスが良いので(強いて言えばドラムの音にもうちょっと厚みが欲しいか)ストレスを感じず演奏に集中出来ます。それだけに収録されているのがたった6曲だけってのが残念なんですけどね。

 内容の方はといえば、アルバムも完成し、おそらく新鮮な気分と新たな野望めらめらといった感じで臨んだライヴ。演奏もそんなバンドの勢いを感じさせる実に熱い内容になっています。しかし71年にこんなにもスタイリッシュでプログレッシヴな演奏をしていたという事実には改めて驚かされますね。
Ruisrock Festival : Runsala-Runsala-Parken, Turku, Finland - August 22nd 1971
Disc 1
1. New Ways / Train Train
2. I Got To Have A Song
3. I've Been Used
4. Situation
5. Jody
6. Ice Cream Cakes



Beat Club:Radio Bremen's TV Studios, West Germany - March 25th 1972
Disc 2
1. Got The Feeling
2. Situation
3. Morning Dew
4. Tonight I'll Be Staying Here With You
5. Going Down
6. Definitely Maybe

BBC In Concert : Paris Theatre, London, England - June 29th 1972
Disc 3
01. Introduction
02. Ice Cream Cakes
03. Morning Dew
04. Going Down
05. Definitely Maybe
06. Tonight I'll Be Staying Here With You
07. New Ways / Train Train
08. Ain't No Sunshine
09. Got The Feeling
10. Let Me Love You

Jeff Beck - guitar
Bob Tench - vocals
Cozy Powell - drums
Clive Chaman - bass
Max Middleton - keyboards

JBG_1971_1972_is.jpg
『Ruis Rockfestival, Beat Club & BBC 1971 & 1972』
MID VALLEY RECORDS 2010
ステレオ・サウンドボード音源収録 プレス3CD
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/421-02d8290d
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
378
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
42
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。