Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 131:JEFF BECK GROUP『Ruis Rockfestival, Beat Club & BBC 1971 & 1972』 SBD音源集#3

 何をもったいぶってるんだか、3回に分けて引っぱってきた第二期ジェフ・ベック・グループのサウンドボード音源集も今回が最後のソースです。

 1970年に始まった英BBCが独自に企画・録音したライヴを放送する番組「BBC In Concert」向けに72年6月29日、ロンドンのパリス・シアターで収録されたライヴ音源。いや、その音源を元にこしらえた放送用のマスターを収録したと言うのが正しいのかも、詳細は不明ですが。ともあれ、第2期を代表する、過去数多のタイトルがリリースされた名音源であります(そんな既発盤を持ち出し内容の簡単な比較を試みたことがあります。→コチラ)。

 前回取り上げた71年8月22日の音源はデビュー直前のハイモチベーション=ハイ・パフォーマンスぶりをたった6曲ながらも強烈に伝えてくれましたが、今回の音源はバンド活動末期の演奏。まぁ末期と言っても結成からわずか1年程しか経っていないし、仮にいくらかモチベーションが下がっていたとしても、そこは腕っこき集団、ダレたところなど感じさせない見事な演奏を繰り広げています。

 音質はすこぶる優秀。2期の音源としてはこれが最高音質なのは間違いないですが、それだけにこれまで数多くリリースされてきた公式タイトルの仲間入りを果たせていないのが残念。ベックだぜ?何で出さない?そう言ってやりたくもなりますが、もしもご本人がダメを出しているんだとしたら(それがあり得そうだから悲しい)…。元のクオリティが高いだけに尚更オフィシャルのチカラ(ハイビット・リマスタリング)とやらで決定版リリースと行ってもらいたいもの。未発表写真満載のブックレット付なんて良いじゃないですか。

 まぁそれはともかく、そんな音の良さはメンバーそれぞれの個性をさらに浮き彫りにしてくれます。特にここでは先日取り上げたビート・クラブ映像でも圧倒的な存在感を放っていたコージーのドラミングにスポットを当てたい。強靭な脚力で踏み抜く大口径のバスドラ x 2の音圧と極太のスティックで強弱を巧みに操りながら叩くスネアやタムのエアー感。それらが録音の良さによってハッキリと感じ取れるせいか、ドラムがグイグイとバンドを牽引している様が伝わってくるようです。だって、ちょっとバンド演奏なんぞを齧ったことのある人だったら分かると思うんですが、こんなドラムが背後から攻め立てて来たらそりゃ誰だってアツくなるってもの。

 そんなドラムの凄みを味わえる曲としては、ベックとタッグを組みながら畳み掛ける、第1期のそれとはまるで別物になっている(だからと言って優劣をつけている訳ではなく)「Morning Dew」や、中盤でベックとの掛け合いと30秒程のソロを聴かせる「New Ways / Train Train」(途中「Plynth」のリフが飛び出したりします)なんてところがまず挙げられるでしょうね。もちろんあの印象的なイントロを鳴り響かせる「Ice Cream Cakes」もそう。

 それ以外にも音の透明感と言うか、S/N比の良さから各パートの音の輪郭がとてもクリアな「Definitely Maybe」での臨場感、ボブが切々と歌い上げるレアな「Ain't No Sunshine」ではベックの閃きに満ちたソロが実にらしくて嬉しいし、いつもよりちょいとペースを上げたそこがまたコージー主導とも思える「Got The Feeling」での疾走感、途中ベックから観客へボブとの掛け合いを促すMCが入る「Let Me Love You」の盛り上がり具合など、全編これ聴きどころといった内容になっています。

JBG_#2

 ところで、前述した過去の記事の中で僕が内容的に最も優れているとしたスケアクロウの『Raw Orc』と今回のMV版の違いですが、元ソースは同じ、もしくはかなりジェネレーションの近いものが使われているようで音の傾向やコンディションは近似。ただ、細かいコトを言うとスケアクロウ盤で数秒欠けていた冒頭のDJのナレーションがカット無しで収録されているので、今回のMV盤が72年BBC音源の新たな決定版と言って良いと思います。
Ruisrock Festival : Runsala-Runsala-Parken, Turku, Finland - August 22nd 1971
Disc 1
1. New Ways / Train Train
2. I Got To Have A Song
3. I've Been Used
4. Situation
5. Jody
6. Ice Cream Cakes

Beat Club:Radio Bremen's TV Studios, West Germany - March 25th 1972
Disc 2
1. Got The Feeling
2. Situation
3. Morning Dew
4. Tonight I'll Be Staying Here With You
5. Going Down
6. Definitely Maybe

BBC In Concert : Paris Cinema, London, England - June 29th 1972
Disc 3
01. Introduction
02. Ice Cream Cakes
03. Morning Dew
04. Going Down
05. Definitely Maybe
06. Tonight I'll Be Staying Here With You
07. New Ways / Train Train
08. Ain't No Sunshine
09. Got The Feeling
10. Let Me Love You



Jeff Beck - guitar
Bob Tench - vocals
Cozy Powell - drums
Clive Chaman - bass
Max Middleton - keyboards

JBG_1971_1972_is.jpg
『Ruis Rockfestival, Beat Club & BBC 1971 & 1972』
MID VALLEY RECORDS 2010
ステレオ・サウンドボード音源収録 プレス3CD
購入店:西新宿BF 2,800円
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/422-a53bc5ba
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。