Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 133:RAINBOW『In Japan』 76年と78年の来日映像

 公式、非公式を問わず、ライヴ音源を聴く時には無意識にでもその場の光景にあれこれ思いを巡らせてしまうものです。場合によっては想像が妄想と化してしまったばかりに、後に実際の映像を観た時「‥‥。」となるケースがままあったりするんですが。

rainbow_in_japan_DVD.jpg

 先週ベックとレインボーのブツを購入した際に特典としていただいたDVD。レインボーが76年と78年に来日した時にファンが撮影した4種類の8mm映像を収録しています。

  一年程前からある程度コンスタントに聴いてきたロニー・ジェイムス・ディオ在籍時のレインボー音源ですが、それらを聴く度に何かしら絵的なものを思い浮かべていたとすれば、それは唯一まとまった形で公式にリリースされているライヴ映像『ライヴ・イン・ミュンヘン 1977』によって刷り込まれたものだったのかも知れません。それに比べればここに収録されている映像のクオリティなんてまるでお話にならないレベルだし、そもそもどれもブツ切れの上に無声だったりするし(なので他の音源を被せています)、けどにわか虹ブート聴き漁り組としてはそれでも十分有り難いというか、どんなに画質が荒かろうと、断片的であろうと、あれこれ思い浮かべながら聴いた音源、そのズバリの映像が見れるというのは実に興味深いことです。これを観るとさらに想像が膨らむというかね。
 1. 1976年12月2日 東京体育館

  断片的ながらも本DVDに収録されているいくつかの映像がYouTubeに上がっていました。まずは1976年初来日公演の初日、12月2日の東京体育館公演から約3分15秒。2階席からの撮影のようで、発光する虹のアーチが目まぐるしくその色柄を変える様子が捉えられています。BGMの「Kill The King」は『Emperor's Blood』というタイトルの同日音源だそうな。がここでは新タラ桃印音源『虹船 -Legend Of The Additional Performance』から同じく「Kill The King」を貼ってみました。



2. 1976年12月14日 広島市公会堂

  ここでは広島駅に降り立つメンバーや、駅を出たところで待ち構えていたファンにサインをするコージーの姿、会場に機材が搬入される様子などを見ることが出来ます。この部分のBGMは「Tarot Woman」の公式音源。2分半以降は当日のライヴ映像に切り替わりますがここで使われている「Kill The King」は同録ではなく他の日の音源。白いストラトを弾くリッチーの姿は確認出来るものの、基本的に暗過ぎて何がなんだかよく分からない。ちなみに↓に貼り付けた動画はその「Kill The King」で終了しますが、本盤では「Mistreated」をBGMにさらに7分半程映像が続きます。そこではコージーのソロ、放り投げたスティックをキャッチして叩く姿やマグネシウムがドカンと焚かれる様子などが確認出来ますね。オマケ音源は同日のライヴを収録した『極楽蝶 -Ave Maria-』から「Kill The King」。


3. 1978年  1月12日 広島県立体育館

『On Stage』をBGMにライヴ映像~広島駅に降り立つメンバー一行(と言える程ちゃんと見えている訳じゃないですが)~ライヴ映像(画質は先の76年に比べれば幾分まとも。リッチーのアクションに思わず目を奪われる)~見覚えのある写真などを使った静止画像、そして最後↓の映像に切り替わります。これはかなり見応えありますね。コージーのドラム・ソロ、ギター・クラッシュのシーンに目が釘付け(結構疲れる)。約21分。




4. 1978年  1月24日 郡山市民文化センター

後半になるにしたがい画質が鮮明になってきます。「Still I'm Sad」のライヴ音源をバックに6分半。ステージの全容とまではいかないまでもかなり現場のムードが伝わってくる映像です。すし詰め状態になっているアリーナの様子、そしてリッチーお得意の右腕を振りかざすアクション、マイクスタンドを回すロニー、ガッツポーズをキメながら歌う姿には思わずグッと来ます。この日は特にリッチーがノッテいるのが伝わってきますね。貼った動画は収録されている映像の一部で、オマケ音源は同日の演奏を収録した『五人囃子 - Short But Hard And Heavy』から「Sixteenth Green Sleeves」。


1976 Line up
Ritchie Blackmore - guitar
Ronnie James Dio - vocal
Cozy Powell - drums
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards

1978 Line up
Ritchie Blackmore - guitar
Ronnie James Dio - vocal
Cozy Powell - drums
Bob Daisley - bass
Davis Stone - keyboards

COLOUR NTSC Approx.45min.

rainbow_in_japn_DVD_r.jpg
『In Japan』
オーディエンスショット映像(8mm)収録 1DVD-R
購入店:西新宿LH 対象商品2点以上購入特典
関連記事
Comment
2010.06.16 Wed 22:46  ケーン #Jb4xbG8M
たどんさん、こんばんは。ボツかとガッカリしていた
オフィシャルのデラックスエディションですが、いつのまにか
、新たに、今度は内容も明らかになって情報が出ていますね。
『RISING』、そして『GATES OF BABYLON』ではなく
なんと以前に噂のあった『DOWN TO EARTH』に
なってました。内容は良くも悪くも想定内という
ところでしょうか。初聴なら驚きですが、
何度も聴きこんだ音源がカップリングとは・・
しょうがないですよね・・どちらかといえば
我々のような音楽ファンのほうが小数派なわけですから。
ただし、『RISING』収録のSTARGAZER、A LIGHT IN THE BLACK
ツアーリハーサル音源はワタシ個人的には初聴ですので楽しみです。
(もしかしたら、このあたりも既にブート界では発済みなんでしょうか?)
今度こそは、本当かな?という感じもいたしますが・・
 / URL / Edit
2010.06.17 Thu 00:45  たどん #AZV5XfxQ
ケーンさん、こんばんは。

うゎ、これは大変興味深い情報、どうもありがとうございます。

では早速、と探してみたのですがなかなか行き当たりません。よければその情報元を教えていただけないでしょうか。

>内容は良くも悪くも想定内というところでしょうか。

やはり別ミックス音源でしたか。

>『RISING』収録のSTARGAZER、A LIGHT IN THE BLACK
ツアーリハーサル音源はワタシ個人的には初聴ですので楽しみです。

これは僕も未聴です。内容は聴いてのお楽しみってところでしょうが、その2曲だけでもかなりソソられますよね。あとはどれ程の完成度かということですかね。数分で終い、では拍子抜けしちゃいますから。

何にせよ、リリース実現となりますよう。『バビロンの城門』が外れたのは大変残念ですが。
 / URL / Edit
2010.06.17 Thu 21:43  ケーン #Jb4xbG8M
たどんさん、こんばんは。
デラックスエディションの情報ですが、
CDジャーナルのサイトでRAINBOWのCD情報に出てました。
WEBページURLを貼ろうとしたのですが、やり方がよくわかりませんでした。スミマセン。

76年、日本公演のおよそ半年前には、一時期、
STARGAZER、A LIGHT IN THE BLACKを連続で
演奏していた時期があったのですね。
たどんさんの記述を読ませていただくまで
認識していませんでした。いやー、勉強不足です。
これはぜひ聴きたいということで、
たまたまお買い得な中古を見つけ
76年6月のDAYTON公演の音源を
入手いたしました。音質面、恐る恐るでしたが
なかなかの高音質で迫力十分。
いやー、この連続技はスゴイです。
日本公演あたりと比較しますと
アレンジ面、結構、違いますね。
 / URL / Edit
2010.06.17 Thu 23:56  たどん #AZV5XfxQ
ケーンさん、こんばんは。

デラックス・エディションの最新情報行き当たりました。なので早速記事にしちゃいました。情報提供どうもありがとうございます。

一説にはコージーが嫌がったとも、他のメンバーがしんどかろうと気遣って止めたとも伝えられる「Stargazer」と「A Light In The Black」の連続演奏ですが、期間限定だっただけに複数の音源で聴いてみたいところですよね。

個人的には既に廃盤になっている6月17日NYのビーコン・シアター公演を収録した『Thunder Roar』(Rising Arrow-019)が聴きたいんですが、なかなか見つけることが出来ません(ダウンロードも52%で止まったままです:笑)。ケーンさんが買われたDayton公演、音良しということでしたらそちらも探してみようかしらん。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/425-502ba764
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。