Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 134:JEFF BECK『The Moving Finger』 1980年12月5日 大阪

いやはや驚いた。これ程の音源が30年間も眠っていたとは。

アルバム『There And Back』リリース後の1980年12月、計11回に渡り行われた来日公演から2日目大阪府立体育館でのライヴを新登場音源にて完全収録したタイトルを購入してきました。

12月  4日 東京  日本武道館
12月  5日 大阪  大阪府立体育館
12月  8日 福岡  九電記念体育館
12月  9日 倉敷  倉敷市民会館
12月10日 大阪  フェスティバルホール
12月11日 名古屋 名古屋市公会堂
12月12日 宮城  宮城県民会館
12月14日 札幌  道立産業共進会場
12月16日 横浜  横浜文化体育館
12月17日 東京  日本武道館
12月18日 東京  日本武道館 ※追加公演

 この日の演奏については1998年にスケアクロウが出した『Final Woman』がかなりの高音質だったのでこれまで好んで聴いてきましたが、今回の新登場音源はそれを凌駕。というか、演奏内容、音質共に屈指のクオリティを誇る14日の札幌、16日の横浜といった80年ツアーの代表的な音源と比べても音質面ではこれに軍配が上がるでしょう。テーパーは以前このブログでも取り上げた79年のクラプトン音源と同じ人物らしいです。

 ホールの残響を程よく取り込んだ音像。ステレオイメージは広め。なのに音の芯がちゃんと確保されているから中抜け的なスカスカ感が無いんですよね。そして例えば「Star Cycle」や「Space Boogie」といったアッパーな曲でもアンサンブルが混濁することなくクリアに聴き取れるし、包み込まれるような「哀しみの恋人達」や「Diamond Dust」といったバラード曲はまるで眼前で演奏されているかのよう。何とも心地良い。個人的には今年最高のブツかも知れません。

moving_finger.jpg final_woman.jpg

左:『The Moving Finger』 Wardour-080
右:『Final Woman』 Scarecrow 029/030

Live at Furits-Taiikukan, Osaka, Japan - 5th December 1980
Disc 1
01. Opening
02. Star Cycle
03. El Becko

04. Too Much To Lose

05. The Pump
06. Cause We've Ended As Lovers
07. Space Boogie
08. Led Boots

Disc 2
1. Freeway Jam
2. Diamond Dust
3. Scatterbrain
4. Drum Solo / Scatterbrain (reprise)
5. Blue Wind
6. Goodbye Pork Pie Hat
7. You Never know
8. Going Down

※『Final Woman』Bonus Tracks
Disc 1 tk10:「The Golden Road」 Live at Orpheum Theater, Vancouver B.C. - September 1, 1980
Disc 2 tk6~8:「The Final Peace」「Led Boots」「Freeway Jam」 Live at Doritsu Sangyo Kyoshin Kaijyo, Sapporo - December 14, 1980

Jeff Beck - guitar, vocal
Tony Hymas - keyboards
Mo Foster - bass
Simon Phillips - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

moving_finger_r.jpg
『The Moving Finger』 Wardour-080
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
80セットのみナンバリングステッカー付

JB_1980_2.jpg
関連記事
Comment
たどんさん こんばんは。

ツアー2日目にしてこの演奏(私はこの日は初めて聴きました)そして今回の音質・・・あるところにはあるんですね。

たどんさんかなりの高評価ですね。ただ私的にはやはり実演(12/17)で聴いたジェット機の爆音が欲しい!そして”FINAL PEACE”も・・!

一回とおして聴いた第一印象は「NOW & THEN」(12/16)の王座は揺るがず・・だったのですが☆
There & Back! / URL / Edit
2010.06.17 Thu 23:36  たどん #AZV5XfxQ
750ryderさん、こんばんは。

ホント、あるところにはあるんだなぁ、といった感じですね。

僕の場合、最初iPhoneからイヤホンで聴いて、その後コンポからかなりの大音量で聴いたのですが、この時点で評価がグッと高まりました。

>ただ私的にはやはり実演(12/17)で聴いたジェット機の爆音が欲しい!そして”FINAL PEACE”も・・!

音質云々ではない内容的なことで言えば、確かにこの日よりも演奏が白熱している日はあるし、「The Final Peace」が演奏されなかったことは残念ではあるんですけどね。

>一回とおして聴いた第一印象は「NOW & THEN」(12/16)の王座は揺るがず・・だったのですが☆

80年音源の中では最もライン音源に近いタイプの音ですよね。その意味で言えば「音の芯」云々はこのソースにこそ一番当てはまるのかも知れません。僕も今回の音源を聴くまでは16日の音が一番好きでした。
 / URL / Edit
2010.09.17 Fri 23:05  From Hell #AKu/UwJc
こんばんは、たどんさん。

偶然にしては出来過ぎですが、TARANTURAもこの1980年ツアーをシリーズでリリースする様ですね。音源は桃印です。

先月からPの店内で12月4日武道館が流れておりますが、今回のSABBATH BOXやRAINBOW第3種級の"超絶"サウンドでしたよ。

是非こちらで音源比較して下さいね!

ではでは。
8枚組とは.... / URL / Edit
2010.09.18 Sat 00:45  たどん #AZV5XfxQ
From Hellさん、こんばんは。

思わず絶句しました。『Final Freeway Jazz』の廃盤→2nd Editionリリース、この流れからも桃印のベックは他に無いものと思い込んでいました。

8枚組プラスこの『The Moving Finger』との真の頂上決戦ですか。こりゃあ荷が重いです(苦笑)。まずは8日福岡、9日倉敷、10日大阪、12日宮城あたりを先行する形で出していただけると助かるのですが(笑)。

しかしお初は4日なのですね。

試聴音源楽しみにしております。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/426-478fd2cb
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
402
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。