Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフ・ベック 1980年12月14日札幌音源

先日のジェフ・ベック”ゼア・アンド・バック・ツアー”1980年12月5日大阪公演の初登場音源からの流れで、同ツアーから特に音質の良い14日札幌と16日横浜の音源を収録したブツを紹介したいと思います(今回はまず12月14日の札幌音源を。)

この2日間、良いのは音だけでなく演奏の内容も実に素晴らしい。随所で閃き指数の高いスリリングなフレーズを繰り出すベックと他メンバーによる盤石のサポート。中でもその若さゆえか、サイモン・フィリップス(当時23歳)が度胸満点なドラミングで煽るベック36歳といった図が時折見えてきたりもします。 

この日の音源としては過去4タイトル程リリースされてますが、どれも使われているマスターは同じ。1曲目の「Star Cycle」とテープ反転のタイミングだったと思われる「Led Boots」にアタマ欠けがあり、アンコール部分の「Goodbye Pork Pie Hat / You Never Know」と「Going Down」が未収録。

初出は1991年に海外レーベル(Aphrodite Records)がリリースした『Going Down』(プレス2CD)で、当時はその音の良さからGOLD WAXといった専門誌ですらライン音源と紹介していた記憶があります。しかもバックスリーヴに8日武道館と表記されている為に(もちろん14日札幌の誤り。ちなみに武道館公演は4日、17日、18日の3日間。)ちょっとした混乱?を生む原因にもなったりして。

で、このアフロディーテ盤には2つのボーナストラックが収録されているんですが、ひとつが初日4日武道館の「Going Down」、もうひとつがスタンリー・クラークの78年作『Modern Man』に収録された「Rock 'N' Roll Jelly」のスタジオ・セッション(ギターはもちろんベック。ドラムはカーマイン・アピスです)。

前者の音質は本編のそれと比べると数段落ちるとはいえかなり良質なAUDソース。後者は28分を超える長尺トラックで、出来上がったリズムトラックにベックがギターを重ねながら、そのアイデアを煮詰めていく過程を聴いている感じ。前半はソロ抜きのベーシックトラックが断片的にひたすら繰り返されるという凡庸な内容ですが、後半になるとようやくベックらしいソロが聴こえ始めます。そのソロが最終テイクと異なる点が本セッション音源の肝な訳ですが、キメのフレーズに差し掛かると決まって中断しちゃうのが何とももどかしい。このトラックのみライン音源ですが、全体的にこもり気味なのであまり音は良くないです。

JB_1980_sapporo.jpg

さて、今回はそんな1991年にリリースされたアフロディーテ盤と2005年にEV(Empress Valley)がオリジナル・マスター使用(「Original Master Recording」)をうたい文句にリリースした『Live at Sapporo Green Dome』(プレス2CD)を取り出してきました。

音質は後発のEV盤がアフロディーテ盤から薄皮を剥がしたような鮮度の高さを感じさせる仕上がりになっています。高域、特にシンバルの音に若干のイコライジング臭を感じるものの、この迫力はなかなか魅力的。

そしてこのEV盤には80年のツアーパンフのミニチュア版が封入されています。

JB_1980_sapporo_pm.jpg

アフロディーテ盤の方は中古市場でもほとんど見かけなくなりましたが、EV盤なら現在でも入手可能。ちなみに店頭では数カ月前から投げ売りスペース(笑)の仲間入りをしているので(おそらく二千円しなかったんじゃないかしらん 2,800円でした:2010年6月25日) ひょっとしたら完売になる日も近い?。
JB_1980_going_down.jpg JB_1980_sapporo_ev.jpg
   
左:『Going Down』 Aphrodite Studio APH-91004-1/2 1991年
右:『Live at Sapporo Green Dome』 Empress Valley Supreme Disc EVSD-333/334 2005年

Live at Doritsu Sangyo Kyoshin Kaijyo, Sappro - 14th December 1980
Disc 1
1. Star Cycle
2. El Becko


3. Too Much To Loose
4. The Pump
5. Cause We've Ended As Lovers


6. Space Boogie
7. The Final Peace
8. Led Boots
9. Freeway Jam

Disc 2
1. Diamond Dust
2. Scatterbrain
3. Blue Wind

『Going Down』 Bonus Tracks
4. Going Down ※12月4日 日本武道館


5. Rock 'N' Roll Jelly ※Studio Session with Stanley Clarke and Carmine Appice

Jeff Beck - guitar, vocal
Tony Hymas - keyboards
Mo Foster - bass
Simon Phillips - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps
関連記事
Comment
このツアーは武道館2回と横浜で観ました、横浜音源聞きたいです、
それよりもスタンリーとのセッションあげてもらえないでしょうか?
凄く聞きたい。わがままですみません。
すごい / URL / Edit
2010.06.24 Thu 22:19  たどん #AZV5XfxQ
konさん、こんばんは。

横浜音源は近日中に記事にしますのでもうしばらくお待ち下さいね。

スタンリーとのセッション音源ですが、なにぶん28分超と長尺なのでそのままでは上げることが出来ません。ちょいと検討?させて下さい。
 / URL / Edit
こんばんは。
お久しぶりです。

これはかなりの高音質ですね~
ジェフ・ベックにハマりだしてるので欲しくなります(笑)

僕はDIOの05&H&Hの07来日の4CDRのやつ買いましたよ~
05はロニーが結構不調な感じですがセットリストは充実してます!
あとLHのDeep Emotionも中古で見つけたので購入しました!
 / URL / Edit
2010.06.26 Sat 11:42  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんにちは。お久しぶりです。

>ジェフ・ベックにハマりだしてるので欲しくなります(笑)

2,800円にまで値下がりしてますからね、これはもう文句無しにオススメです。パンフもオマケで付いてきますし。って老眼が進みつつある我が身にこの小さな文字はかなりキビシイものがあるんですがkazさんなら大丈夫(笑)。

DIOもそろそろ行かないとですね~。
 / URL / Edit
2010.07.01 Thu 01:18  たどん #AZV5XfxQ
konさん、こんばんは。

大変お待たせをしてしまいすみません。

スタンリーとのセッション音源ですが、終盤~エンドまでの8分半をULしました。内容的にはここが一番良質なところだと思います。

横浜音源についてはもう少々お待ち下さいね。もったいつけている訳ではないのですが、2種のソースの内、片方が離れに行っているもので(苦笑)。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/428-c59e0546
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
395
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
43
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。