Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフ・ベック 1980年12月16日横浜音源

1980年12月14日の札幌音源に続いて16日の横浜公演を収録したブートを紹介します。音質的には先月新たに登場した5日大阪、14日札幌といった高音質音源と比べても何ら引けを取らない、これもまた一体どこでどうやって録ってんの?と思わず首を傾げてしまうよな高音質ソースです。

追加公演の18日武道館を含め全11公演となった「ゼア・アンド・バック・ツアー」ですが、日程が進むにつれ尻上がり的に調子を上げて行ったベック最高の演奏が聴けるのが14日の札幌とこの横浜公演(ちなみに12日の宮城音源は未聴です)。札幌は完全収録とは行きませんでしたが、横浜はそれを果たしているところがまず大きなポイント。

今回はこの2タイトルを取り出してきました。

JB_1980_yokohama.jpg

左:『Now & Then』 Amsterdam AMS 1996-03-2-1/2 プレス2CD 紙ジャケット仕様
右:『The Final Peace』 JBY-001/002 プレス2CD 

1996年にリリースされた左、『Now & Then』の元ソース(またはコピーソース?)をマスタリングして仕上げたのが右の『The Final Peace』(バックスリーヴにリマスター表記あり)。高中低全ての帯域のレベルを上げてコントラスト感を高めていますが、やりすぎ感はなく各パートの分離は良好。いい具合に迫力が増していますね。ヒスノイズも減少しています。

なお、↓のトラックリストは現在でも容易に入手が可能な『The Final Peace』に準じています。
ツアー前半には使われていなかった飛行機のジェット音のようなSEでスタート。以降閃きに満ちたフレーズを放ち続けるベックの刺激的なプレイと腕っこきのサポート陣が繰り出す安定感抜群なバンドサウンド。

1曲目「Star Cycle」は高低のポジションを自在に駆け回るベックのソロワークが素晴らしい。絶妙なタイミングで入ってくるオブリも調子の良さをうかがわせるよう。

穏やかな滑り出しの美メロ曲「Too Much To Lose」はフォスターのベースに絡みながら徐々に熱を上げて行くベックの高速なオルタネイトピッキングを織り交ぜたソロが実に見事。

Amsterdam盤のジャケ写よろしくサンバーストのストラトからテレギブに持ち替えて演奏されたという「Cause We've Ended As Lovers」。

11公演中5公演でのみ演奏された「The Final Peace」は「Cause We've~」とは異なるどこかクールな視座を感じさせるバラード曲。現在のベックのスタイルにも直結するようなこの佳曲はしかしピックで弾いているんですよね。

インタープレイの極地?そんな瞬間が垣間見れる「Led Boots」は終盤(3'47"と4'04")聴こえてくる『Wired』でのテイクを彷彿とさせるファットな音色に思わずグッと来ます。

インタープレイの面白さならこれらも。「Freeway Jam」と「Scatterbrain」。

「Blue Wind」はまるでベックの一人舞台といった様相。トニー・ハイマスにヤン・ハマーの代役はちと荷が重いか? 煽りまくるサイモンのドラムが凄い。この日は中盤に「Superstition」のリフをちらりと披露(4'45"~4'55")。

次曲とメドレー式になる「Goodbye Pork Pie Hat」のショートバージョン化はこの『There And Back』リリース後のツアーから始まったもの。

アンコールに応えて演奏された「Going Down」のボーカルはベック。途中フォスター~ハイマスからベックへとソロのバトンが渡される流れとそこでのベックのフレージングがお見事。会場大盛り上がりの内に迎える大団円。

う~ん、この日のライヴを観れた人は幸せだ~。

Live at Yokohama Bunka Taiikukan, Kanagawa, Japan - 16th December 1980

Disc 1
01. Intro
02. Star Cycle


03. El Becko
04. Too Much I Loose


05. The Pump
06. Cause We've Ended As Lovers


07. Space Boogie
08. The Final Peace


09. Led Boots


10. Freeway Jam

Disc 2
01. Keyboard Solo / Diamond Dust
02. Scatterbrain / Drum Solo
03. Blue Wind
04. Goodbye Pork Pie Hat
05. You Never Know

Encore :
06. Going Down


Jeff Beck - guitar, vocal
Tony Hymas - keyboards
Mo Foster - bass
Simon Phillips - drums

now_and_then_r.jpg final_peace_r.jpg 
関連記事
Comment
この日の音源、待ちました!懐かしの思い出がよみがえりました。観にいっいたのですが横浜は実は本人少し気が抜けていたような印象も実は感じました、おかずやフィルは凄いんですけど狙ってないようなフレーズの連続で・・・感覚だけで押し通すベックみたいな。実はベックは計算高いところがあると思ってます。(個人の意見です)改めて聞くと今も個人的に同じ感覚で聞こえてきました。
当時はベック以外のギター弾きには目もくれず青春を捧げたような感じだったので、感慨深いです。
スターサイクルはその前のスタンリーとの公演で聴いちゃって、アルバムあとのツアーですから、やたら攻撃的になっててかっこいいんですけどどうもこなれていて(初期衝動)インパクトは
スタンリーとのほうが圧巻ですね。あと、この時期のベックのサウンドシステムで当時はピンとこなかったんですが、やたらショートディレイをかましまくったまま演奏してた記憶があります。そのあと数年のギグでもそのパターンがしばらく続きましたが・・・今回の音源がそれが感じなかったので新たな発見でした。席によって聞こえが違うとも思えませんでしたが。
わがままなギタリストといわれたい放題のJBですが現在のフレージングやサンタナが称賛する“フラッシュ・リック”はこのころから模索してたんでしょうね。その後のフレージングのバリエの複線を、あらためて聞いたこの横浜で感じ取れました。ありがとうございます。
なんとかロックンロールジェリーを分割でもあげられませんか?
もう皆年なんで三大ギタリスト共演興業ないですかね?
待ったました / URL / Edit
2010.07.05 Mon 23:53  たどん #AZV5XfxQ
konさん、こんばんは。

熱いコメントありがとうございます。実際にその場にいらした方の印象やその描写を見聞きするのはとても面白いですし嬉しいです。

僕ももっと突っ込んで聴いてみたいと思います。

>なんとかロックンロールジェリーを分割でもあげられませんか?

8分半ほどですが、先日終盤~ラストの部分をアップしました。ここに至るまでの20分はリズム隊のトラックにリフを重ねる為のリハーサルという感じです。どうも3人がスタジオ内で一緒に音を出している訳ではなさそう。よかったら聴いてみて下さい。
 / URL / Edit
こんばんは。
たどんさんの今回の記事を読んでいたら俄然リマスター盤「The Final Peace」も聴いてみたくなり、早速GETしてきました。(灯台のお兄さんには「Now & ・・」があれば要らないのでは・・と言われましたが(笑))

Star Cycleで、出だしは殆ど違いはないと感じましたが例のレベルが急に下がっていく辺りから以降はリマスターの威力発揮という印象です。

自分で実際に観たのは翌日の武道館でしたが・・ウーン・・やはり演奏はこの横浜の方がいいですねー。ホントにこの日の演奏に立ち会った人は幸せだ~!

ついでに・・ご存知かも知れませんが・・ついに86年Flash Tourの追加公演「6月11日」が出ました!しかも「The Moving Finger」と同一エンジニア(!)だそうで・・ただ今24年と1か月振りに聴くEscapeに感激しております・・ヘッドフォンですが・・(涙)
変イ長調! / URL / Edit
2010.07.09 Fri 09:18  たどん #AZV5XfxQ
750ryderさん、こんにちは。

>「Now & ・・」があれば要らないのでは・・と言われましたが(笑)

某千代田区にあるショップと違いむやみに推してこないところがらしいというか、何というか(笑)。

全ての日の音源を聴いた訳ではありませんが、聴いた中ではやはりこの横浜が演奏の出来は一番良いですね。それがこんなコンディションの良い音で残されているのが嬉しいです。

>ついに86年Flash Tourの追加公演「6月11日」が出ました!

すでに聴かれたのですね。750ryderさんもあの場にいらっしゃいましたか。僕はこの11日が初生ベックだったんです。来週早々に買いに行く予定です。
 / URL / Edit
あげていただいたの聞かせていただきました!
我儘聞いていただけて感謝感謝感謝です。
ロックンロールジェリーも必死コピーしてましたので、レコ-ディングの様子が知れてうれしかったです。ベックは後から音入れてたという話しは聞いたことがあるのですが、細かく録ってたんですね。
ありがとうございます。
ありがとうございます / URL / Edit
2010.07.09 Fri 12:06  lespaul #-
何ですか!この高音質は!ビックリしました。どうすれば録れるのか?教えて下さい。今度やりますから(笑)
今まではインストになってからのJEFFは興味がなかったんですが、買ってみました。
いやー素晴らしい!
高音質 / URL / Edit
ソロパートを数テイク録音の模様を編集してるんだと思いますが採用された最後のソロテイクが”良い”とか、おそらく本人が言ってるの聞こえました。
追記 ロックンロールジェリー / URL / Edit
2010.07.10 Sat 00:17  たどん #AZV5XfxQ
konさん、こんばんは。

随分とお待たせしちゃいました。スミマセン。

konさんはギター弾きでいらっしゃいましたか。でしたらこれは尚更楽しめる音源かも知れませんね。

>ありがとうございます。

どういたしまして。また何かあったらどうぞお気軽に。『Blow By Wired』は結局戻って来ませんが。。

 / URL / Edit
2010.07.10 Sat 00:26  たどん #AZV5XfxQ
lespaulさん、こんばんは。

お、lespaulさんがそこまで絶賛されるなんて珍しい(?)。

>教えて下さい。今度やりますから(笑)

こっちが知りたいですよって(笑)。けど仮に知ったからと言って、優れた機材が手に入ったからと言って、性格的に僕にはムリですね、密録は。

>いやー素晴らしい!

これをきっかけに深入りされますよう>ベックのインスト(笑)
 / URL / Edit
2010.09.16 Thu 23:54  ケーン #Jb4xbG8M
たどんさん、こんばんは。
今週、LH発でBECK80日本公演モノで
スゴイブツが出たみたいですね。

たどんさん、早速、御入手の様子。
インフォによりますと素晴らしい音質のようで
とても期待してしまいます。

ワタシも予約いたしましたー!!

このツアーの演奏がスゴク好みなので
ホント、楽しみです。

あー、はやく聴きたいです!!
 / URL / Edit
2010.09.17 Fri 01:15  たどん #AZV5XfxQ
ケーンさん、こんばんは。お久しぶりです。

>今週、LH発でBECK80日本公演モノでスゴイブツが出たみたいですね。

以前このブログでも取り上げた武道館での3デイズを収録した6CD盤を凌駕する高音質盤の登場です。

『Budokan 1980 Complete』
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/blog-entry-156.html

>このツアーの演奏がスゴク好みなのでホント、楽しみです。

リリース初日で100セット中、85セットを売ったそうです。既発も出揃ってるし、今どきあの値段でよくそこまで捌けた、という気がしますがそれだけこの時期の演奏の人気・評価が高いんでしょうね。

どうぞお楽しみに。16日の横浜は既発もかなり音が良いのであれこれ言うのは聴き比べてからにしますが、少なくとも他の3日間についてはこれが決定版であることは間違いないと思います。

期待に応えてくれると思いますよ♪
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/433-f5c99f81
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
562
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
56
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。