Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 137:RAINBOW『アパッチ -Playing The Shadows-』 1976年12月10日 京都 #1

開演直前のモニターチェック。マイクを通さずに客を煽っているのはジミーかロニーか。ロニーと思いたいが声が違う気もする。そして開演。

「Over The Rainbow」から「Kill The King」へ。いつものようにコージーがアクセントを効かせたフィルインをキメ、バンドは疾走開始。ところがロニーが加わってからのリッチーがこの日はヘン。何やら調子っ外れな単音フレーズが聴こえてくる。SEが流れ出す直前にチューニングのチェックは済ませていたハズ。なのにスタート早々音が狂ってしまったのだろうか?それを演奏中に修正、3連のソロは難なく弾きこなした。

そんなことが果たしてあり得るのかどうか判らないけど、曲の終了と同時にやおらチューニングを直し始めたりしているんですよね。

しかし今回もまた素晴らしい音質。76年の初来日ツアー全10公演中これが4つ目となる桃印音源、タランチュラレーベル謹製。レインボーのみならず、ロックの来日音源を代表するAUDソース、12月16日の武道館公演夜の部を完全収録した名盤『雷神』を嚆矢に、その後じわじわと勢力を拡大しているタラの76年レインボー音源ですが、今回のお題でもある10日の京都音源もまたタランチュラ盤が新たな決定版として君臨する格好に。

聞くところによると、近い内に大阪(3日間の内どの日がリリースされるのか、ひょっとして全部?)と7日名古屋のリリースも予定されているとのこと。ひょっとして76年音源を全網羅する計画が進行中?もしかして16日の桃印音源の登場もあり得る?

そんな続編に期待をしつつ、今回は過去に取り上げてきた76年の音源を一同に会してみました。曲は全て「Over The Rainbow~Kill The King」。どの日も現時点でのベストを思われる音源を選びましたが、やはりタラの音の迫力が際立ってます。
12月2日 東京体育館     
『虹船 Legend Of The Additional Performance』 Tarantura nijifune-1

12月5日 大阪厚生年金会館  
『Hail To The King』 Rising Arrow-009

:12月7日 名古屋市公会堂   
『Someone's Calling My Name ~ Catch The NIJI』 N-001/002

nijifune_s.jpg hail_to_the_king_s.jpg catch_the_niji_s.jpg


12月8日 大阪厚生年金会館 
『Shadow Of The Wizard』 Rising Arrow-009

12月9日 大阪厚生年金会館  
『Shadow Of The Wizard』 Rising Arrow-009

12月13日 福岡九電記念体育館 
『九電 -Jesu, Joy Of Man's Desiring-』 Tarantura TCDNIJIFUNE-7-1, 2



12 月14日 広島市公会堂      
『極楽蝶 -Ave Maria-』 Tarantura TCDNIJIFUNE-8-1, 2

12月16日 日本武道館・昼  
『風神 Foojin' - 3rd Edition』 Tarantura TCDRAINBOW-0-1,2

12月16日 日本武道館・夜  
『雷神 Risin' : The Bootleg Hall Of Fame Anniversary Edition』 Tarantura TCDRAINBOW-1-1,2 (Fame)

 ave_maria_s.jpg foojin_s.jpg risin_s.jpg

でもって↓が今回の主役。12月10日京都公演を完全収録した『アパッチ -Playing The Shadows-』 Tarantura NIJIFUNE-6より



音質もそうだけど、演奏の内容もやはり十回十色。前述のようにノッケから妙なムードでスタートした京都公演ですが、真のアヤシサはその後にこそありました。特にセット後半。ちなみにそんな様子を既発盤『Kill For The King』を取り上げた時にこんな風に書いていました。

ちと妄想含みですが、今ひとつピリッとしない (というか、どこかおちゃらけた風でもある)リッチーのムードが徐々にロニーやトニーに伝染。そこへ ”ったく何やってんだっ” とばかりに軌道修正をはかるコージーという図。始めに持つ音源ではないと思うけど、いくつかの凄いヤツを聴いた後なら妙に得したキブンを味わえるブツでもあります。

そんな印象を今回の音源でさらに深めたというか。更には当日会場にいらした方の貴重な目撃談に触れる機会もあったりして、ますますこの音源への愛着が増している次第。ちなみにこの10日が全10回公演のちょうど折り返し地点。ひょっとしたらバンド内には気分転換を求める雰囲気があったのかも知れない。そんなところから発生したくだけた感というか、やや自虐的なムードすら感じさせるユルい部分がやがて本来の持ち味である全てをなぎ倒して行くような音の迫力でもって圧倒的なエンディングを迎える様は、決してオフィシャルには望めないブートならではの醍醐味を満喫させてくれました。

そんな内容については次回。

apache.jpg
『アパッチ -Playing The Shadows-』
Tarantura NIJIFUNE-6
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
(笑)
関連記事
Comment
最近のレインボー桃印taraものには関心させられているひとりです。
さて、みなさんに確認したいことが一件あります。極楽蝶や’78広島、’80武道館などの最近のリリースものを聴きこんでいるのですが、例の細切れなトラック設定において、曲と曲の間で微妙な音量設定の差異が耳につきます。たとえばSEとOPENINGとOVER THE RAINBOWなどのそれぞれの曲間で歓声のボリュームが一瞬あげさげすることが確認できます。このサイトにUPされたMP3でも(たとえば極楽蝶音源)。これって、TARAが製作時にノーマライズをしてしまって、それぞれの曲単位での音量を自動計測し、「おなじレベルの音量に聞こえるよう」自動調節をかませてしまているせいではないでしょうか。TARAファンのみなさんでこの点にお気づきになったかた、コメントくださーーい。
タラ音源の曲間に違和感あり / URL / Edit
2010.07.16 Fri 23:32  たどん #AZV5XfxQ
ささ さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ご指摘の曲間の音量レベルの差異ですが、過去にいくつかの記事中で触れたことがあります。私自身が中でもとりわけ違和感を感じたのがジェフ・ベックの『Gives A Fan His Axe』ですが(その音量差はレインボーの比ではありません。)

http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/blog-entry-181.html

それがマスタリングの過程で生じたものだと漠然とながら感じてはいたものの、具体的な理由まではイマイチ理解出来ていませんでした。自動調節では正確なレベル合わせには至らないという理解で良いのでしょうか。
 / URL / Edit
2010.07.17 Sat 09:57  From Hell #Gy5up0LQ
1976年名古屋の件で、たどんさんのお顔がばれちゃいましたよ。(^^;

1976名古屋リリースの件を御存知なのは、たどんさんだけみたいですから。(苦笑)
お顔ばれちゃいましたよ。 / URL / Edit
2010.07.17 Sat 10:30  たどん #AZV5XfxQ
From Hellさん、こんにちは。

わはは、バレちゃいましたね(笑)。というかひょっとしたらすでにご存知では?などと思っていましたが、そうですか、バレちゃいましたか(笑々)。

しかしここへコメントされるところがまたスルドイと言いますか‥‥。

とまれ、76名古屋には大いに期待しています。

 / URL / Edit
曲間ギャップについて、taraレーベル発売元の下記サイトに直接メールで問い合わせてみました。
http://cart05.lolipop.jp/LA05669057/

「マスタリング時にEQによるもの」で「曲ごとの差異よりも音圧を優先している」との回答でした。つまり、音圧の低い曲となるMCや静かなギターソロ、歓声部分などは、音圧確保のため持ち上げられるのでその前後の曲よりヒスノイズなどが大きくなることは確信的のようです。ライブ音源でのこの違和感だけはちょっと勘弁だなぁと、TARAレーベルの「曲毎に差異がうまれてしまうEQポリシー」はとても残念に思う次第です...。
TARA レーベル元から回答をいただきましたよ / URL / Edit
2010.07.17 Sat 16:53  たどん #AZV5XfxQ
ささ さん、こんにちは。
続報ありがとうございます。

なるほど、全体的にゲインをかなり高めに設定する指向から考えても納得の行く返答という感じですね。僕もトラックの切れ目のギャップは無い方が良いのですが、もっと良い方法はないものですかね?

し、しかしなかなか凄いことになってるな、この稿のコメント欄(笑)。
 / URL / Edit
父親が興味もないのに友達に誘われて見に行ったライブチケット。
それをを見せられて興奮していろいろ調べてたらこのサイトに行き着きましたw

ちょうど1976年12月10日のチケットでした。
結構良い状態で残されてたのでびっくりですw

とりあえずチケットの画像を・・・
http://up3.viploader.net/ippan/src/vlippan146252.jpg
 / URL / Edit
2010.09.13 Mon 23:11  たどん #AZV5XfxQ
狛.zipさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうですか、行き着いちゃいましたかココに。いいかげんなことをあーだこーだと書き散らかしているだけの場所ですが、よかったらまぁどうぞごゆるりと。

チケット拝見いたしました。これはとても貴重なブツですね。「興味もないのに」、それでもこうしてキチンと残していらっしゃるということはライブがお気に召したということなのでしょう。

狛.zipさんはレインボーがお好きなんですか?

それにしても素敵な親子関係ですこと。よかったらまたコメント下さい。今後ともよろしくお願いいたします。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/438-8a11469e
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
369
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
40
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。