Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 137:RAINBOW『アパッチ -Playing The Shadows-』 1976年12月10日 京都会館 #2

すっかり間が空いてしまいました。。

~前記事の続き~

さて、そんなギターが幾分アヤシゲな「Kill The King」の演奏後、リッチーがチューニングを直している間はロニーがメンバー紹介(トニー→ジミー→コージー)で繋ぎ、続く「Mistreated」はフィードバックでキメるロングトーンといった私的聴きどころはあるものの、どこかルーズな印象のリッチーと、それに相対する気迫のこもった力強い歌声を響かせるロニーという図。

が、次曲16世紀~からはそんな物言い何のそのといった具合に手堅く決め、ロニーのアドリブ独唱が大きな聴きどころになっている"Man On The Silver Mountain Suite"(勝手に命名)へ。

とまぁいきなり端折りましたが、何と言っても本音源の面白さはここから先、後半の展開にこそある訳で。

apache.jpg

まずはディスク2のアタマ、ジャケには「MC」と記されてますが一応これも曲。まるで昼下がりのスーパーのBGMのようなユルさに軽い目眩を覚えますが、そんなお戯れについ付き合っちゃったロニー、みたいな。でトニーのKeyソロスタートしたけどもっと弾いていたいから止めないリッチー、みたいな。

途中チラと「Smoke On The Water」のリフをフィーチャーしたトニーのKeyソロはこの日も客ウケ良好。きっと随所でキメのポーズを披露しているんでしょう。シンセ→オルガンと展開するソロはそのままコージーのフィルインへ繋がり「Stargazer」へと突入。

既発盤『Kill For The King』(Rising Arrow-023)を取り上げた記事中では『「Stargazer」ではワンコーラス分まるまるロニーが登場せずまるでカラオケ状態(マイクトラブル?)』なんて書いてますが、最近になって実際に会場にいらした方の体験談を目にする機会がありました(『無駄遣いな日々』より『BLACKMORE'S RAINBOW / アパッチ』)。それによるとKeyソロの間、一旦ステージ上から姿を消していたロニーが戻らぬままスタートした「Stargazer」ですが、ようやく姿を現したかと思えば、なんとゴリラの被りものをしていたという笑撃の展開っ。いいぞ、ロニー!

そんなもの被ってちゃ歌えないわさ、という訳でボーカル無しでスタートしたこの曲はまるでガイド役を失ったかのようなぐだぐだな展開に。流れを見失ったリッチーと通常通りに叩こうとするコージーの間に生じたチグハグ。その後も再びとっちらかっちゃう場面には思わず緊張が走りますが^^; そんな展開に業を煮やしたのか、後半コージーがテンポを上げ突き進んでいく流れなんぞ、まるで厄を振り払うかの勢い。

その後どうにか立て直しエンディングを迎えたものの、なんだろう、その直後にやや自虐モード含みにも聞こえるリッチー爪弾く「Unknown Tune」。8日の大阪でも仕掛けてはみたものの結局誰もノッて来ず、の何やら旧き良きアメリカの面影風、まるでTVドラマの主題曲のようなそれ。

この時”しょーがねぇなぁ、付き合ってやっか” とコージーが思ったかどうかはもちろん不明。が、リッチーがジャランと弾いたコードにコージーが反応、自ら誘導するかのようにビートを刻み始め披露されるシャドウズの「アパッチ」は最後に「FBI」のフレーズをちょいと絡めて。

その後それまでのムードとは打って変わり(でも相変わらずお茶目なフレーズを織り交ぜたりするリッチー)シャープな疾走を開始する「Still I'm Sad」からトニーとコージーのソロを具に、再びの「Still~」で〆る流れにて本編終了。

apache_is.jpg
座席は2階7列41番とあります

「とにかく俺について来てくれ」

アンコールに応えようとステージに戻る直前、リッチーがコージーだけにかけた一言。そんな妄想。

でもって披露されたラストナンバー「A Light In The Black」は果たして「我が道行くリッチー」炸裂の1曲に。

自身のソロから例のキメのユニゾンフレーズに移るところをリッチー&コージー共に無視して疾走。トニーとジミー目が点。でトニーは再びタイミングを見計らい再突入を試みるがやはりハジかれてしまい‥‥。

もうこれ以上はいいですね。いつもの百聞は一聴にしかず(それを言っちゃあおしまいなんですが)ってことでぜひサンプルを聴いてみて下さい。とっちらかったバージョンではあるけど、演奏の凄みという点ではあの14日の仁義なき戦い広島死闘編収録の『極楽蝶』バージョンにも引けを取らないと個人的には思ってます。と同時に「三頭」の意味するところを改めて実感させられる1曲という気もしますね。

やはりこの日の演奏はすこぶる面白いのでした。
Live at Kyoto-Kaikan Dai-Ichi Hall, Kyoto, Japan - 10th December 1976
Disc 1
01. SE
02. Monitor Check
03. Over The Rainbow
04. Start
05. Kill The King
06. MC Band Introduction
07. Mistreated
08. MC
09. Greensleeves
10. Sixteenth Century Greensleeves
11. MC
12. Catch The Rainbow
13. MC
14. Lazy
15. White Christmas
16. Man On The Silver Mountain
17. Blues
18. Man On The Silver Mountain
19. Starstruck
20. Man On The Silver Mountain

Disc 2
01. MC
02. Keyboard Solo
03. Stargazer
04. Unknown Tune
05. Apache
06. Still I'm Sad
07. Keyboard Solo
08. Drum Solo
09. 1812 Overture
10. Still I'm Sad
11. Toccata and Fugue in D minor (Dorian) BWV 538
12. Guitar Solo
13. A Light In The Black
14. Guitar Solo
15. A Light In The Black
16. Over The Rainbow
17. Announcement


Ritchie Blackmore - guitars
Ronnie James Dio - vocals
Cozy Powell - drums
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards

apache_r.jpg
『アパッチ -Playing The Shadows-』
Tarantura NIJIFUNE-6-1,2
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
関連記事
Comment
2010.07.22 Thu 00:24  GG_top #LYRq19YE
いつも楽しませていただいております。次から次へとタランチュラのメガトン級の音源ありがとうございます。
Stargazerの迷走にそんな理由があったとは・・・

A light in the black の暴走は、実はトニーがとちっているんです。
ライブでの演奏はスタジオテイクと異なり、リッチーのソロに入り途中でブレイクして、再びリッチーのソロになってキメのフレーズというのが、76年当初からのパターンで、リッチーがハンマリングでブレイクの合図を送ったら、トニーが勘違いして例のフレーズの方に行ってしまったようです。

この年のライブレコーディングしていない日は、結構遊んでる演奏があったりと別な意味で楽しいですね。どうもお邪魔しました。
こんばんは。 / URL / Edit
こんばんは

A Light In The Blackやってますね~

Mr.ピーチだしこれ買っちゃおうか悩んでます!笑
ロニーが亡くなってからもうロニー関連ばかり聴いております。
先程も雷神を聞き返してました。

あとビリー・ジェエルの06年名古屋公演のプレス盤購入しました~
 / URL / Edit
2010.07.23 Fri 00:15  たどん #AZV5XfxQ
GG_topさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>Stargazerの迷走にそんな理由があったとは・・・

驚きですよね。今となってはそんな茶目っ気が何とも微笑ましくも切ないです。

>A light in the black の暴走は、実はトニーがとちっているんです。

これについては僕なりに仮説を立てていたんですが、気になるのは来日前に行われた76年の北米ツアーで「A Light In The Black」を演奏した日の音源をまだ聴いていないということでした。

だからもしかするとこの仮説は成り立たないかも知れない。

せっかくなので?それでも書かせていただくと、この日のおよそ1年前、75/11/12のNYでのアラブラは最後までブレイク無しでエンディングを迎えています。割とスタジオ版のアレンジに近い仕上がりですね。

そのアレンジに対し、僕はリッチーがブレイクだけでなくもう1度例のキメのフレーズを演奏し流れに変化を加えようと考えたのではないかと思ったんです。ところが実際にはリッチーの気まぐれ?でこの京都のテイクはそうならなかった(その後この日の流れを元に完成させたのが14日広島版という訳です)。

そう思う根拠というか、どうしても気になるのがあの瞬間、ジミーも一緒にコードチェンジをしているように聞こえることなんですね。もしそうならトニーだけでなくジミーも同時に間違えている、ということになります。しかもその後さらにもう一度‥‥。同じミスを繰り返すことがあるだろうか、とも思えて。

そこで記事中の下りとなる訳ですが、76年の北米ツアーで既にトリル~ブレイクというアレンジになっているんでしたらこの仮説は成立しません。76年のUSツアー音源入手し確認してみたいと思います。

すみません、どうもこんな風に重箱の隅を突きたがる性分なので、一方的に捲し立てちゃってますが、この日の演奏の面白さは特筆ものですよね。

またお立ち寄り下さると嬉しいです。
 / URL / Edit
2010.07.23 Fri 00:20  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんばんは。

これ以外にも続々と?リリースされる気配もあって、ホント恐るべしはレインボー、さらに桃氏という感じですね。

『雷神』はやはり別格という位置付けになりますかね。僕もよく聴きますよ。いずれ桃氏の16日昼・夜が出て来るのかも知れませんが、その時はかなりの話題を呼ぶでしょうね。

>あとビリー・ジェエルの06年名古屋公演のプレス盤購入しました~

そんなジャンル不問のスタンスが素敵です。
 / URL / Edit
こんばんは

僕は正直レインボーがここまでリリースされるとは思ってませんでした。
ピーチ氏が他にどんなライヴを録音してたのかコレも気になるところです!
個人的にAerosmithとかあれば嬉しいんですけどね~笑

雷神は仰る通りやっぱり別格ですね、あの迫力はタマリマセン。
確かにピーチ氏が録った風神雷神というのもやっぱり期待できますね~
雷神と風神は同じ録音者なんでしたっけ??

ビリー・ジョエルのちらっと聴きましたがマトリックス音源で音は良いのですがお約束とも言える(?))臨場感の無さが残念でした
あとラリー・カールトンの77年京都公演のプレス盤買いましたよ~!
オーディエンスですがかなり音良いです!
何より数少ないジャズ・フュージョン系アーティストのオリジナルマスター音源でのプレス盤というのはかなり貴重だと思います!

僕は一応ロック、メタル、ソウル、ジャズ、フュージョン系を集めてます
あと何故かヒップホップの50CENTのブートを買ってしましました(笑)
 / URL / Edit
2010.07.23 Fri 07:21  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、おはようございます。

今じゃタラの看板バンドはレインボーですもんね。桃氏のは既発だけでもかなりの数ありますよ。ここでも20ほど?取り上げてきましたが、それ以外にもバドカン、ボストン(これは持ってます)、ポリスもそうだったかしらん、などなど。エアロはどうでしょう、出てくれると嬉しいですね。あ、風神と雷神のテーパーはそれぞれ別の人ですね。

>ラリー・カールトンの77年京都公演

これは聴いてみたいですね。『夜の彷徨』はリリース当時大ヒットしたのでよく聴きましたよ。あと日本でのみリリースされた『MR.335 Live In Japan 』も。前者でのドラムはジェフ・ポーカロでしたね。

http://www.youtube.com/watch?v=47ysdThtXgw

懐かしいですね~。プレスなら買っちゃおうかな。
 / URL / Edit
2010.07.24 Sat 00:07  大介(東京都) #nx3aWTik
こんばんは!

相変わらず素晴らしいレヴューで感動します。
1st Edition売り切れってすごいですよね。
今回のこの音源を更に素晴らしくさせたのは、ぽにーかれーさんの目撃談ですかね。これはもうMVPですな!
ブログをやって良かった瞬間でございます。

スターゲイザーでのコージー怒りのドラム、何度も聴いちゃってます!
アパッチ大人気! / URL / Edit
2010.07.24 Sat 00:24  たどん #AZV5XfxQ
大介さん、こんばんは。

ありがとうございます。けど虹音源に詳しい方から見れば、何言ってやがんだ的ブブンかなり多いんじゃないかという気もします(苦笑)。

>今回のこの音源を更に素晴らしくさせたのは、ぽにーかれーさんの目撃談ですかね。これはもうMVPですな!

全くですね。ビートレッグのレビュー欄にこの事が記載されるかどうか注目です(笑)。
 / URL / Edit
2010.07.24 Sat 00:37  GG_top #LYRq19YE
たどんさん、こんばんは。
76年8月3日を収めたバーバンクマスターでは、A Light In The Blackはすでにブレイクするパターンになっています。キルキンがオープニングになってからのワールドツアー開始の6月以降のアレンジではないでしょうか?
ここで新たな仮説が、実は私アパッチの音源を聞かずに書き込みしておりまして(またほしくなってしまうので・・)手持ちの同日のIncubus76でしか聞いていませんでした。改めて聞かせていただくと、アパッチのほうはベースの音まではっきりとしているので、確かにジミーもコードチェンジしているようですね。さらに驚いたのが、Incubus のほうでは2度目のトチリがギターの音が大きすぎてよく聞こえないので2度目のミスのことは私が忘れてしまったか、気付かなかったかでした。アパッチでは、はっきりと聴き取れますね。
 ただ76年の前半は、A Light In The Blackがセットリストから抜ける日もあったようで演奏されていない日が散見されます。その後8月頃には完全にセットリストから外れたようです。それで久々の A Light In The Blackで、トニー、ジミーともすっかり忘れちまった。なんて仮説もありかなと思います。
 話は変わって、
12月9日のコージーのソロに、Ice Cream Cakes のイントロがあるってありましたよね。どこかで聞いた音だなぁ、とは思っていたのですが、さすがですね。あと14日のコージーのソロの序盤の3:00くらいからのパターンって、78年以降のソロのパターンですよね。76年の他の日ではやはり聞いたことがありません。
すっかり長くなってすいません。虹のお話できる人が周りにあまりいないのでついついお邪魔しちゃいました。
こんばんは。。 / URL / Edit
2010.07.24 Sat 10:47  たどん #AZV5XfxQ
GG_topさん、こんにちは。暑い日が続きますね。

>76年8月3日を収めたバーバンクマスターでは、A Light In The Blackはすでにブレイクするパターンになっています。

なるほど、そうでしたか。ありがとうございます。6/17のThunder Roar(ニューヨーク公演)が既に廃盤なのでソチラを入手せねばですね。

>キルキンがオープニングになってからのワールドツアー開始の6月以降のアレンジではないでしょうか?

そうなのでしょうね。そんなツアー毎のソングオーダーの違いはもちろん、日毎の違いもそこかしこにあってそれが何とも興味深いです。

>それで久々の A Light In The Blackで、トニー、ジミーともすっかり忘れちまった。なんて仮説もありかなと思います。

なるほど。突っ込んだリハはツアーに出る前だけ、なんてパターンありそうですもんね。

ところが、それでもこの京都は不思議Dayというか、改めて聴き返してみると、今度はコージーのプレイにもブレイクの気配が感じられない気がし始めて(笑)、どうも今ひとつ釈然としない感じです。

>14日のコージーのソロの序盤の3:00くらいからのパターンって、78年以降のソロのパターンですよね。

実にヘヴィでタイトなシャッフル、言われてみれば確かにそうです、面白いですね~。件の「Ice Cream Cakes」といい、これといい、瞬間的な思い付きで叩いたのかも知れません。そんなキメキメでないところが良いですよね。

>虹のお話できる人が周りにあまりいないのでついついお邪魔しちゃいました。

どうぞどうぞいつでもお気軽に♪ 僕もこういったやり取りはとても楽しいです。また気が向いたらコメントしてやって下さい。
 / URL / Edit
2010.07.24 Sat 14:13  ぽにーかれー #QygVoc82
たどんさん、はじめまして こんにちは。
何時も楽しく拝見させていただいてます。

GG-topさんはじめ、A Light In The Blackの解析、音源を聞きながら大変興味深く読ませていただきました。

そんな中で又ひとつ(前のひとつは大介さんの所で)当時の状況を思い出しましたので報告します。

A Light In The Black 演奏中の事ですが、トニーは凄くエキサイトしていましたね。そのエキサイトの理由はやはり皆さんがコメントされている構成のアドリブが原因なのでしょうね。
さすがにどのフレーズの時かは覚えてはおりませんがトーニーがいきなり自分のモニターのヘッドフォンをもぎ取り、あらぬ方向に投げつけていたのを思い出しました。トニーのポジションはステージ左はしなので、あらぬ方向とは必然的に右方向、つまりリッチー側に向けてです。
リッチーを狙ったのかどうかは知る由も有りませんが、興奮している中とは言えかなりの勇者(命知らず)でしたね。彼は(笑)
 / URL / Edit
2010.07.24 Sat 17:23  smiletiny #dMhi2eyM

重箱の隅を突付く会。
ぜひ、これからもお願いします。


またまたステキなお話がたどんさんのところでも!
ありがたい+うれしい=涙 
ぽにーかれーさん ありがとうございます


ご挨拶忘れてました
たどんさん、はじめましてこんにちは
これからもよろしくです。
 / URL / Edit
ぽにーさんの76年京都公演目撃談、資料性高くてなんだかわくわくします。35年の時をこえてこうしてwebを通じて情報が発掘されて、素晴らしい音源ととともに反芻(いや想像かぁ)できることの幸せをかみしめましょう。
78年京都の音源は桃印で出現しないでしょうかねぇ。私のrockコンサート初体験でしたからチョビットは思い出話が披露できるかもしれません。(特に演奏の破たんはありませんでしたが=既発ブートで確認/7-8年くらい前kentで扱ってました)
「生き証人」たのしいい! / URL / Edit
2010.07.25 Sun 00:51  たどん #AZV5XfxQ
ぽにーかれーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

まずは「Stargazer」での貴重な体験談に改めてお礼を言わせて下さい。

そして今回もまた実に興味深いお話!本当にありがとうございます。

で、せっかくなので?またしてもこんな仮説(というより妄想)を立ててみました。

この日のアラブラのどたばたの引き金はコージーが引いたという仮説です。

改めて聴き返してみると、1回目のキメのフレーズのちょうど1分後、リッチーは14日の広島公演でも弾いたブレイク後のアップピッキングの激しいカッティングをここでも弾いているんですね。

ということはこの瞬間、リッチー以外の3人が予定とは違った演奏をしていることになります。本来なら短いフィルインでブレイクを導くはずのコージーが疾走を止めなかったために、トニーもジミーもそのまま追随してしまう。

そしてここが面白いところなんですが、何故かトニーとジミーは共にあのキメのフレーズに突入しようとした(ここ不思議です)。ところが何とよく聴くとここでコージーまでもがそれ用のドラミングをしているんです。

という訳で、もし誰かが責めを受けるのだとすればそれはコージーであるはずなんですが、音的にミスが目立ってしまうパートだからなのか(普段からあまり好かれていなかったからなのか)、リッチーはキビシー視線でトニーを睨む訳ですね。

対するトニー、それでなくても鼻っ柱の強いタイプです。俺のせいじゃない!&もうこんなもの必要ない!ってことでやおらヘッドホンを外しリッチーの方へ放る‥‥。

何だか楽しいですねぇ(笑)。今回はぽにーかれーさんのコメントが絶妙なスパイスとなり一段と音源の旨味が増しました。また思い出されたことがあったら教えて下さい。
 / URL / Edit
2010.07.25 Sun 01:04  たどん #AZV5XfxQ
smiletinyさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

いつも胸いっぱいの虹愛、そんなsmiletinyさんからコメントが貰えるとは、本当に嬉しい限りです。

ぽにーかれーさんからの新たな目撃談、これまた実に興味深いですよね。そしてこんな風にちまちまと重箱の隅を突き合うのが実に楽しい。

では会長、またコメントしてやって下さい。今後ともどうぞよろしくお願いします(アチラでもヨロシク)!

重箱の隅を突付く会の会員より
 / URL / Edit
2010.07.25 Sun 01:29  たどん #AZV5XfxQ
ささ さん、こんばんは。

おお、さささんの初ロックライヴは虹でしたか!

それにしても今回のぽにーかれーさんからのお話、いつも自然とあれこれ想像を巡らせながら音源聴いてますからね、このような目撃談から受けるインパクトは大きいですよね。

>35年の時をこえてこうしてwebを通じて情報が発掘されて、素晴らしい音源ととともに反芻(いや想像かぁ)できることの幸せをかみしめましょう。

いやぁ、ホントそうですね。何だかキブンは虹万歳!

>78年京都の音源は桃印で出現しないでしょうかねぇ。

30日に78名古屋が出るみたいですが、京都はどうでしょう、出てくれると嬉しいですね。そしてその可能性はあるのではという気がします。たとえ心底好きでも全公演を追うなんてことは滅多に出来ることじゃないですよね。しかも録音するとなれば尚更。

それなのにこの怒濤のリリースラッシュ。もう驚くばかりです。

78京都リリースの折りには必ず書き込みしますのでぜひ目撃談聞かせてやって下さい。
 / URL / Edit
2010.07.27 Tue 22:17  大介(東京都) #nx3aWTik
ぽにーかれーさんの新証言でこの76京都音源が更に盛り上がっておりますね!
これぞ虹祭り!終わらない夏の始まりでしょうか(笑)

お互いブログを始めて本当に良かったですね!更に続けていればまた新証言が発掘できそうですね。音源の発掘は出来ませんが、新証言の発掘のきっかけは出来ますからね!
盛り上がってますね~! / URL / Edit
2010.07.28 Wed 01:08  たどん #AZV5XfxQ
大介さん、こんばんは。

ですよね。音のみを聴いての妄想も相当楽しいですが、リアルな目撃談が元でパッと霞が消えるような体験もまた格別です。来日音源はそんな意味でも楽しいですよね。

>音源の発掘は出来ませんが、新証言の発掘のきっかけは出来ますからね!

なるほど、これは名言!
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/439-d1d50011
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
369
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
40
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。