Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Superfly 『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' (初回限定盤)』

たまにはこんなの。

毎日暑いし、ここはうだうだ書かずスカッと?いこう。ここ数日彼女の歌ばかり聴いてる。

wildflower.jpg

Superfly = 越智志帆

1日発売の新作『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' 』を買った。

ワールドカップの終幕から2ヶ月足らず、ここへきてようやっと名前、顔と曲が一致するといった副産物付き。

これが記憶の片隅に残っていた曲。



記憶の片隅?

そんな薄っぺらな印象がベリリッと音を立ててひん剥かれたのはその日新宿のタワレコの試聴機で聴いたこの1曲。

「Hot 'N' Nasty」、ハンブル・パイ1972年の名曲のカバー。

今は亡きスーパーボーカリスト、スティーヴ・マリオットのパワーを今に再現せんと放つ本格指向の伸びやかな声。オリジナルを強く意識したフェイクやヴォイスコントロールからまず感じるのは安定した歌の巧さ。けど、それ以上に感心したのは、おそらく彼女自身が聴いていて感じたツボを自身の表現に無理なく転化出来る才能の大きさ、かな。

これは紛れもなくロックだよ。

そしてオヤジ心をくすぐるキュートさ混じりの声と歌唱。ただ押しまくるでなく、いい具合に力が抜けていて軽やかでもある。それが聴いていて気持ちイイ。あと良い意味ではすっぱなムードのルックスもとてもキュート(大きな口を開けて歌う時の表情が好き)です。

てな訳で迷わずレジに持ってった。

superfly.jpg

『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' (初回限定盤) 』

『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' (通常盤)』

■2010年第一弾シングル & Cover Songs Complete Bestの超豪華2枚組、全19曲!

■Disc1はオリジナル4曲、4方向のロック最先端! Disc2は1stシングルか9thシングルまでに収録してきた洋楽カバー全15曲を完全収録 (新録3曲)!

■今作はSuperflyにとって10枚目のシングル。特別なおまけとして通常盤は2枚組、初回限定盤は3枚組の仕様!
初回限定盤、通常盤共にパックされる【Disc-2】は、今までのシングルに恒例で収録されていた洋楽カバーと、CD化は初となるNeil Young「Heart Of Gold」のカバー、更に3曲新録のカバーを収録した”Cover Songs Complete Best”。

☆初回限定盤のみデジパック仕様 &「Fooled Around And Fell in Love」(Elvin Bishop)のカバーのバージョン違いを収録した8cmSINGLE付き

■Disc1
・「Wildflower」
フジテレビ木曜劇場『GOLD』主題歌

・「タマシイレボリューション」 2010年NHKサッカーテーマソング
W杯中に問い合わせが殺到したNHKサッカーテーマソング。今後も天皇杯サッカー中継、年明けのアジアカップ等々、サッカー関連の特集番組で幅広く使用されます!

・「Free Planet」
ソニー・エリクソン“Cyber-shot (TM) ケータイ S003”、“BRAVIA(R) Phone S004”TVCM曲
中村達也をドラムに迎えたSuperfly史上最もアッパーなロックチューン!

・「Roll Over The Rainbow」
フジテレビ「お台場合衆国2010」テーマソング

■Disc2
・「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」
映画「東京島」主題歌 原作:桐野夏生 / 主演:木村多江

・「Fooled Around And Fell In Love」
フジテレビ木曜劇場『GOLD』挿入歌

■Disc 3 (初回限定:8cmCD)
・「Fooled Around and Fell In Love ~acoustic ver.~ 」


まずはカバー曲を収めたディスク2から聴き始めたけど(カーティス・メイフィールドのカバーがあるわけじゃないのね?笑)、「Hot 'N' Nasty」以外ではホーンセクションを導入しムードを変えたエルヴィン・ビショップの「愛に狂って」、彼女の持ち味が力まずそれこそ”自然に”表現されているアレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」、ザ・バーズのリーダー、ロジャー・マッギン1974年の2ndソロ・アルバム『ピース・オン・ユー』に収録されたアル・クーパー作「ワン・モア・タイム」(渋いトコ突いてくるなぁ)、後半の盛り上りが凄いフリートウッド・マックの「リアノン」、軽快なシャッフルが彼女の持ち味にとてもよくフィットしているように感じるジム・クロウチの「リロイ・ブラウンは悪い奴」やフリーの「マイ・ブラザー・ジェイク」、リロイ~同様、ライヴ・ヴァージョンでの収録になっているジャニス・ジョプリンの「心のかけら」なんてところが特にお気に入り。意外にもストーンズの2曲にはあまりソソられなかったかな。あ、それと最後にしみじみと聴かせる「悲しみの水辺」も素敵です。

実はあまり期待してなかったオリジナルの4曲も良かった。あえてテイストの違う曲を集めたと思しき構成もニクイけど、どの曲にもツボとなるべくフックがちゃんと用意されていて、多保孝一という人の作るメロディには非凡なセンスを感じますね。

というわけで、今回は各カバー曲のオリジナルバージョンの動画なんぞを絡めて。

とその前にこんなのを見つけました。本作に収録されている15曲中11曲をダイジェストで紹介しています。


01. Mercedes Benz
02. Hot 'N' Nasty
03. My Brother Jake
04. Summertime
05. One More Time
06. Skipped Beat
07. Piece Of My Heart
08. Late For The Sky
09. Honky Tonk Woman
10. Bad,Bad Leroy Brown
11. Natural Woman
12. Rhiannon
13. Rock And Roll Hoochie Koo
14. Down On Me
15. Desperado

superfly_r.jpg
Disc 1
1. Wildflower

2. タマシイレボリューション
3. Free Planet

4. Roll Over The Rainbow

Disc 2 ※(パフォーマー/コンポーザー)
01. Fooled Around And Fell In Love (Elvin Bishop/Elvin Bishop)

02. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (Aretha Franklin/Carol King)

03. Hot ‘N’ Nasty (Humble Pie/Humble Pie, Steve Marriott)

04. (Please Not) One More Time (Roger McGuinn/Al Kooper)
05. Rhiannon (Fleetwood Mac/Stevie Nicks)

06. Honky Tonk Women [Live]  (The Rolling Stones/Mick Jagger, Keith Richards)

07. Bad, Bad Leroy Brown [Live]  (Jim Croce/Jim Croce)

08. Heart Of Gold [Live] (Neil Young/Neil Young)

09. Desperado [Live]  (Eagles/Glenn Frey, Don Henley)

10. My Brother Jake (Free/Andy Fraser, Paul Rogers)

11. Rock And Roll Hoochie Koo (Rick Derringer/Rick Derringer))

12. Late For The Sky (Jackson Browne/Jackson Browne)

13. Piece Of My Heart [Live]  (Janis Joplin/Jerry Ragovoy, Bert Berns)

14. Bitch (The Rolling Stones/Mick Jagger, Keith Richards)

15. Water is Wide (Karla Bonoff/Traditional arr. & new verse by Pete Seeger)


Disc 3
1. Fooled Around and Fell In Love ~acoustic ver.~ (Elvin Bishop/Elvin Bishop)


でもってコレは2009年8月15日、ウッドストックの40周年記念イベント『Heroes of Woodstock』に出演した時の映像。



今年で26歳なんだってね。これから年を重ねていきながらさらに深みや凄みってやつを身につけていって欲しいと思うなぁ。

次は1stと2ndを聴こう。
関連記事
Comment
2010.09.04 Sat 13:08  naokichiman #-
こんにちは、

早速来ましたね(^^♪
僕もこのコメ書いてから、やっと買いに走ります!
リック・デリンジャー、フリートウッド・マック楽しみです。

しかし、たどんさんのハイレベルなレビュー読んじゃったら、
僕は恥ずかしくて書けなくなるかもしれませんねぇ。
 / URL / Edit
2010.09.04 Sat 22:26  たどん #AZV5XfxQ
naokichimanさん、こんばんは。

先日のnaokichimanさんのブログでのやり取りがきっかけとなったSuperfly聴き、おかげで楽しい日々を送らせてもらってます。

カバー曲の大部分は既発だったようで、それすら知らずにほぼまっさらな状態で聴いた彼女の歌はとても刺激的なものでした。

>僕は恥ずかしくて書けなくなるかもしれませんねぇ。

何をおっしゃいますやら。独自の視点をもとにしたnaokichimanさんならではの語り口にはいつも唸らされてます。レビュー楽しみにしてますね。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/459-bac5d3af
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
562
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
56
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。