Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 146:JEFF BECK『CYCLONE Vol.2』 1980年の来日音源集 #3:12月17日 武道館

へ、へっぴしっ

あ”う”

へ、へっぴしっっ

あ”ぐぅ”~

(脂汗)

実はこないだの日曜にひょんなことから腰をギックンしちゃいまして。しかも今回は症状があまりよろしくなく今日になってもまだまともに歩けないってな体たらく。しかもそこに花粉症がこんな風に追い打ちをかけてきやがる・・

日曜のVONZEPのライブも行けなかったし、仕事も2日休んじゃってるし・・

vonzep.jpg
vonzep_ticket.jpg

とほほ。

それでも家で出来る範囲の仕事らしきものを片付けつつ、その後はブログのメンテなんぞをしてました(笑)。

リンク切れの修正、特にYouTubeが主ですが、あとFileFactoryのウィジェットプレーヤーも使えなくなってるのでそのあたりを一部手直してみたり。

てなことをやっていたら、ベックの8CD BOX『CYCLONE』の紹介が途中で止まっていたことが判明。なので今回と次回はそのDisc 5からDisc 8まで、1980年12月17日と18日の武道館公演の音源をお題にしたいと思います。

CYCLONE_box.jpg

アルバム『There And Back』リリースに伴うジャパン・ツアー。ベック4度目の来日は9会場11公演のスケジュールで行われました。

12月  4日 東京  日本武道館
12月  5日 大阪  大阪府立体育館
12月  8日 福岡  九電記念体育館
12月  9日 倉敷  倉敷記念会館
12月10日 大阪  フェスティバルホール
12月11日 名古屋 名古屋市公会堂
12月12日 宮城  宮城県民会館
12月14日 札幌  道立産業共進会場
12月16日 横浜  横浜文化体育館
12月17日 東京  日本武道館
12月18日 東京  日本武道館 ※追加公演

ちなみにこの日の音源としては過去に2つの既発タイトルを取り上げていて、そこで決定版にしていたのがMasterportレーベルの『New Master 1980』(2CD-R)。
  • 距離は感じるが音像に広がりと鮮度の高さを感じるクリアなステレオ・オーディエンス音源
  • ドラムスが比較的大きめに録れているので音像にメリハリ感がある
  • 冒頭のジェット音のSEから終演後の場内アナウンスまで収録
  • 「Diamond Dust」演奏終了直後の曲間にテープチェンジによるカット有り
  • 本編ラストの「Blue Wind」終了後、アンコールを求める拍手が鳴るところでテープを一旦止めたことによる接ぎアリ
それに対して今回の新登場マスター(出てから5ヶ月近く経っちゃってますけど)はやはりオープニングSEからの収録なれど、終演後のアナウンスは未収(その直前までの収録)。距離は近くパート毎のバランスも良好。音像の乱れもほとんど無く、客のしゃべくりに煩わされることも無し。私的には高域の伸びが若干足りない気がするものの、おそらくマスターに大きな手入れはしていないんでしょうね、今後これを越えるものは出て来ないに違いないと思わせるハイクオリティ音源です。

というわけで、初日12月4日以来となる武道館2日目。ツアー終盤の演奏ですが、14日と16日の出来が抜群なだけに例えば「Too Much I Loose」や「Space Boogie」でミスが目立つなど、やや精彩を欠いたプレイになっているこの日の師匠。今回は上記の先代決定版『New Master 1980』との比較式にしてみました。既発も良質、とてもクリアな音源でしたが、今回の新マスターはそれを凌駕。お見事です。

cyclone_2.jpg JB_new_master_1980_a.jpg

左:『CYCLONE Vol.2』
右:『New Master 1980』Masterport-049 (2CD-R)
Live at Budokan, Tokyo - 17th December 1980
Disc 1
01. Opening
02. Star Cycle

03. El Becko
04. Too Much I Loose
05. The Pump
06. Cause We've Ended As Lovers
07. Space Boogie
08. The Final Peace
09. Led Boots

Disc 2
01. Freeway Jam

02. Keyboard Solo
03. Diamond Dust
04. Scatterbrain
05. Drum Solo / Scatterbrain (reprise)
06. Blue Wind
07. Goodbye Pork Pie Hat
08. You Never Know
Encore :
09. Going Down
10. Member Introduction

Jeff Beck - guitar, vocal
Mo Foster - bass
Simon Phillips - drums
Tony Hymas - keyboards

cyclone_2_r.jpg
『CYCLONE』
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス8CD
100セット限定生産・ナンバリング入り
関連記事
Comment
2011.03.10 Thu 01:11  ささ #kYWy6.4o
毎日拝見してます。ギックリですか。私も40半ば過ぎて先日はじめて体験。治ってみるとウソみたいに記憶の彼方ですが、たしかにその最中には一大事だったわけで。くれぐれもご自愛くださいませ。上半身お元気でPCにむかって発信されますこと、われわれフォロワーにとっては、幸いなことです。あ、コルセットまいて背筋のばしてくださいませ。
 / URL / Edit
2011.03.10 Thu 09:14  OKASAKAN #9L.cY0cg
腰&花粉ですか! それは辛い。(**;)
年々無理がきかない年回りになってきてます。
ご自愛ください。
(あ、申し遅れましたが当方もたどんさんとそう違わない世代ですので・・)

・・で、このツアー。今から思えば本当~~に行きたかった!(涙)
当時は別方向に興味がいってたもので、ちゃんと聴いてなかったんですよねぇ。Jeff Beck♪さん。
ですからファンでもなんでもなかったという・・・(汗)
もっとも自由にコンサートに行ける御身分でもなかったわけですが(笑)
たどんさんのブログでこうして聴くことができるのが、せめてもの幸せ☆☆☆

しかし何十年も前の音源を楽しめる世界。貴重です。
この先そんなアーティスト達がどれだけ現れるんでしょうか?

そんなわけで、今後ともお元気で、UP楽しみにしています。(^^)
 / URL / Edit
2011.03.10 Thu 14:14  たどん #AZV5XfxQ
ささ さん、こんにちは。

お見舞いのお言葉、どうもありがとうございます。

最近はすっかり更新が滞り気味で、なのに毎日お立ち寄り下さっているとのこと、重ねて厚く熱く御礼申し上げます。

さささんも経験がおありでしたか、腰ぎっくん。僕はもうこれで何度目になりますか、回復までに時間がかかるようになってきたのは間違いなく華麗(正しい字は何だか使いたくないのです)のせいであります。

ローガン(これまた漢字で書くのに抵抗があります)は進んでますが確かに上半身は元気ですので、そろそろ更新の頻度も上げたいな、と(以前にもそんなこと言った気がしつつ)思っている次第です。

今後ともご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。
 / URL / Edit
2011.03.10 Thu 14:45  たどん #AZV5XfxQ
おそらく同世代のOKASAKANさん、こんにちは。

お見舞いのお言葉、どうもありがとうございます。大変嬉しゅうございます^^

日頃の鍛錬の度合いが如実にものを言い出すお年頃、喉元過ぎればなんとやらにならぬよう、これからは腹筋背筋を鍛えていきたいと今は本気で思っている次第ですがどうなることやら(笑)。けどちょうど娘も今春から小学生になるのでタイミング的にも良いかな、なんて(関係ないですが)。

この年のツアーはいつぞやの記事にもちょこっと書いているんですが、17日武道館のチケットを入手しておきながら観ることが出来ませんでした。なのでこの音源を聴いているとほろ苦い感じで当時さかんに流れていたエル・ベッコを使った来日公演のラジオCMなんぞを思い出したりします。

>たどんさんのブログでこうして聴くことができるのが、せめてもの幸せ☆☆☆

どうもありがとうございます。そう言っていただけると本当に励みになります。

>そんなわけで、今後ともお元気で、UP楽しみにしています。(^^)

OKASAKANさんもどうぞお元気で、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 / URL / Edit
2011.03.10 Thu 22:50  takezo_a #-
こんばんは~

腰の具合は如何ですか?腰の場合は明日はわが身って思うんで他人事には思えないんですよね~

そして、Jeff Beck♪
アルバム『There and Back』まではよく聴いてました、その流れで
1枚だけ17日の音源だけもっておりました。
ライヴでは、どの公演でも素晴らしいプレイを聴かせてくれてるように思うんですが、
聞く人が聞くと違うんですね・・・
この人のプレイは全く次が読めないフレーズがポンポン出てくる、
その良さが分かるのは、ある程度歳を取ってからでした。

しかし、このように高音質で当時の模様が聴けるのは本当にあり難いですね~!
その節はお世話になりましたm(__)m





 / URL / Edit
2011.03.10 Thu 23:29  たどん #AZV5XfxQ
takezo_aさん、こんばんは。

ありがとうございます~。腰、だいぶ良くなりました。なのでコルセットは外して、飲み薬もやめて今は湿布だけにしています。これからの人生を考えるに、やはりカラダは鍛えとかんといかんですねぃ。

>この人のプレイは全く次が読めないフレーズがポンポン出てくる

まさにその通りでして、しかもご本人がそのスリルを楽しんでいる風でもありますよね。だから演奏にややバラツキが出てきたりもしちゃうんですが、そんなところも含めとても魅力的なのです。それにしてもこのBOXセットは素晴らしいですね。

>その節はお世話になりましたm(__)m

こちらこそ、いつもお世話になっております。

志帆ちゃんライブの結果発表が近付いてきましたねぃ^^
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/478-340734e8
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
562
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
56
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。