Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 153:RAINBOW『虹 -Foldback, Marshall Majors-』1976年12月7日 名古屋市公会堂

レインボーの76年初来日シリーズ。

遅まきながら今回より3タイトル続けて紹介したいと思います。全てタランチュラレーベル・桃印音源。

まずは7日の名古屋公演を収録した『虹 -Foldback, Marshall Majors-』です。

niji_76_nagoya.jpg

この日は元々既発が少なかったこともあり、過去に聴いた音源はひとつだけ。早速恒例の?「Kill The King」比べからどーぞ。

左:『虹 -Foldback, Marshall Majors-』 Tarantura TCDNIJIFUNE3-1, 2
右:『Someone's Calling My Name ~ Catch The NIJI』 N-001/002

  niji_76_nagoya_s.jpg catch_the_niji_s2.jpg

見通しの良い既発の音もナカナカのものですが、処度の虹盤は距離感や音圧、全体的な安定感でもってそれを凌駕。加えてその素性の良さ(マスターカセットのクオリティ)からイコライジングも他の虹盤より控えめにも感じられ(実際のところは不明)、76年もの桃印レインボーの中でも例えば12月14日の広島公演を完全収録した『極楽蝶』といった高音質盤に並ぶクオリティに仕上がっていると思います。

この日はリッチーがキレキレ!コージーもすっ飛ばしてるし、ロニーも初日に感じられた気負いがウソのよう。閃きに満ちたフレーズを繰り出してますね。

そんな「Kill The King」演奏後のロニーのMC。”ちょっと静かにしてくれるかい?” と語りかけ、 ”トミー・ボーリンに” (この3日前に急逝)と告げられ演奏される「Mistreated」もまるで間延びしたところを感じさせないシュアな演奏ぶり。中でも3'30"からのディレイ効果の操り具合が、そのまるでライン音源のような音のメリハリ具合も相まってか実に印象的。そしてそんな変幻自在なギターソロに続けて飛び出すあの後半のロニーのロングノート。声量がレコーダーの能力を超えてしまったのか? ややノイズを纏いながら上りつめていくその声の迫力たるや・・。

それにしても、リッチー、ロニー、コージーの三頭があたかも横一線で並びながらしのぎを削っているかのような音像バランスの素晴らしさ。がその中でも弾力感と抜けの良い音の厚みでもってバンドを推進させていくドラムサウンドが本音源最大のキモだと個人的には思います。

そして、ヘヴィネスとスピード感を両立させたコージーのドラムと、やはり閃光が走るが如く高速で舞う(フィンガリングの速さという意味でなく)リッチーのギターが抜群の相性でもって絡み合っていたからこそ、この特異なバンドサウンドは実現していたのだと。

niji_76_nagoya_is.jpg

てなわけで音質はかなーり上等。弱音部分でややヒスノイズが目立つかな、とか、中には頻発するものもあったトラックの切れ目のギャップが、今回はほとんど目立たないとは言えD1のtk17と18、tk21と22の間に生じているのは残念ですが、それでも桃印を代表するトップクラスの音源であることは間違いないと思います。なお、テープチェンジのタイミングはD1のtk16「Catch The Rainbow」とD2のtk10「Do You Close Your Eyes」の後だったようで、ジミーがメンバー紹介をするD1のtk17「Band Introduction」と D2のtk11「Over The Rainbow」のアタマがそれぞれ数秒ずつ欠落しています。

ちなみにジャケット内側のキャプションを見ると録音ポジションは2階の立見エリアだったようですね。マイク位置を普段よりも高めに設定出来たなどの録音上のメリットがあったのでしょうか。

Nagoyashi-Kokaido.jpg

Nagoyashi-Kokaido_02.jpg

【名古屋市公会堂】
1930年10月10日開館
大ホール収容人員:1,994人
 1階 972席(車椅子スペース 8席)
 2階 562席
 3階 452席
Live at Nagoyashi-Kokaido, Nagoya, Japan - 7th December 1976

Disc 1
01. on stage
02. Monitor Check / band tuning
03. Opening
04. Over The Rainbow
05. Start
06. Kill The King


07. MC / Mistreated introduction
08. Guitar Solo
09. Mistreated
10. MC
11. Greensleeves
12. Sixteenth Century Greensleeves


13. Niji Flashing working
14. Das Wohltemperirte Clavier
15. Herz und Mund und Tat und Leben BWV147
16. Catch The Rainbow
17. Band Introduction
18. Lazy
19. White Christmas
20. Man On The Silver Mountain
21. Blues
22. Man On The Silver Mountain


23. Starstruck
24. Man On The Silver Mountain

Disc 2
01. MC
02. Keyboard Solo
03. Stargazer
04. Still I'm Sad


05. Keyboard Solo
06. Drum Solo
07. 1812 Overture


08. Still I'm Sad (reprise)
09. Guitar Solo
10. Do You Close Your Eyes (Guitar Clashing)
11. Over The Rainbow

Ritchie Blackmore - guitars
Ronnie James Dio - vocals
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards
Cozy Powell - drums

niji_76_nagoya_r.jpg
『虹 -Foldback, Marshall Majors-』
Tarantura TCDNIJIFUNE3-1, 2
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
関連記事
Comment
2011.01.29 Sat 19:56  ケーン #Jb4xbG8M
たどんさん、こんばんは。
ワタクシ、既発盤を気に入って聴いておりましたが
本作は音の近さ、クリアさ加減、迫力など
トータルでランクアップしたよふうな仕上がりが素晴らしいですね。

一連の音源のなかでもAUDですが一聴してサウンドボード録音??
と思うくらいのモノになっているかと思いますー。

76年日本公演、桃印音源もいよいよ
大詰めになってきましたね。
あと3公演、何とかコンプリートでいきたいです。

虹のデラックスエディション、次こそは
発売されそうですね。以前とは違い、
海外のアマゾンのサイトなどでも
しっかりあがってますので、よほどの
ことがないかぎ発売されそうな気がいたしますが
いかがなものでしょうか。

これが発売予定の3月は同時期に
LAYLA40周年のスゴイ箱が出ますので
オフィシャルだけでも大変ですよー。
(予約しちゃってます・・)
ここにブートがからんできますからねー・・

次のターナー期の桃虹新作、チラリと聴きましたが、
こちらもエライことになってました。
 / URL / Edit
2011.01.29 Sat 22:23  たどん #AZV5XfxQ
ケーンさん、こんばんは。

今回の桃虹盤はお見事でした。間違いなく76年式レインボーを代表する名音源でしょう。そしてこの日は演奏も良いですね。全編引き締まったタイトな演奏が堪能出来ます。これは3日前に舞い込んだトミーの訃報に因る部分もあるのかな、とロニーのMCを聴きながらふと思った次第。

>あと3公演、何とかコンプリートでいきたいです。

5、8日の大阪と10日の京都ですね。そして16日夜の部の桃印は存在するのか。財布と相談しながら・・いんや、ここまで来たらもう買うしかないでしょう。出して欲しいですね。

デラックスエディションといえば、どうやら『Down To Earth』はリリースされたようですね。『Rising』版リリースまでのタイムラグが気になりますが、僕自身はかなり期待値高まってきています(頼むよ~)。

Laylaの箱はアマゾンに予約しました。他には『NIAGARA CD BOOK I』やライブの参戦予定が3本ほど。達郎さんのツアーにも備えないといけないし、当然避けられないブート攻勢もあるでしょう。

お互い大変ですね^^;

>次のターナー期の桃虹新作、チラリと聴きましたが、こちらもエライことになってました。

試聴できるんですね?あとで立ち寄ってみます。

反応のしどころ満載のコメントありがとうございました(笑)
 / URL / Edit
2011.01.30 Sun 23:40  takezo_a #-
たどんさん、こんばんは~!

今回の桃印版は既発盤で隠れてた音が見事に出てきて、「こんな演奏してたの?」
って言う所がありました。

特に「Kill The King」のリッチーのキレ様は既発盤では感じる事が出来ませんでした。
今まで、9日の大阪がこの曲でのリッチーの最高のプレイだと思っていましたが、
この音源を聴くと「う~ん?」って(笑)
しかも、フロントとリアのピックアップを頻繁に切り替えるリッチーの音がリアルに分かる所がイイ!

しかし、桃印の虹1976日本のコンプリートはあるのですかねぇ~。




 / URL / Edit
2011.01.31 Mon 01:37  たどん #AZV5XfxQ
takezo_aさん、こんばんは。

AUDソースはモノによって聴こえ方にかなり差があるので、その分新しい発見をすることも多いですよね。

>特に「Kill The King」のリッチーのキレ様は既発盤では感じる事が出来ませんでした。

同感です。そしてアドリブかましながらお馴染みのアクションをキメてる姿が目に浮かぶようで。

>しかも、フロントとリアのピックアップを頻繁に切り替えるリッチーの音がリアルに分かる所がイイ!

これも同感!優れた音源ならではの恩恵ですよね。

>しかし、桃印の虹1976日本のコンプリートはあるのですかねぇ~。

どうでしょうね~。ただカタログ番号が公演順にふられているところがニクイといいますか、可能性を示唆しているようでもありますね。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/484-1a3b7509
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
402
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。