Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 151:PAUL McCARTNEY『Apollo Theater 2010』2010年12月13日 ニューヨーク

もうすっかりお馴染みの味わい。いや、ある意味食べ尽くした感もある。

けどひとたびまた口にすれば、極上素材の旨味と絶妙な味付けに心躍らされ、そして唸らされること必定。

それは主皿に添えられた付け合わせとて同様。いやむしろソコを求めて、とかソコに大いなるヨロコビを見出して、なんて向きもあるかもしんない。

って一体何のハナシ?

そこで今回はこんなブツ(なんだかな)。

paul_apollo_2010.jpg

昨年12月13日にニューヨーク、ハーレムにあるブラック・ミュージックの殿堂、アポロ劇場で行われたポール・マッカートニーのライブを収録。なんでも衛星ラジオ曲シリウスXMがリスナーを対象に実施したライブだったらしく、今回のブツはその放送を録音したものをマスターにしているようです。

ポールの最新ライブ、それもステレオ・サウンドボードということで期待して聴きましたが、音質は中の上といったところ。各パートのバランスが今ひとつで、全体的に暴れ感の強いミックスに聴こえます。また、これはエンコード時の劣化によるもの?  高域、中でもシンバルやアコギの音にシャリシャリとしたノイズっぽさを感じますね。

PAUL_APOLLO.jpg


が、内容の方はノッケからハートをガッチリと掴んでくる毎度の王道路線(オープニング曲はウィングスの夢のメドレーから「Magical Mystery Tour」に戻りました)。そこへスペシャルな付け合わせをちりばめたなかなか味わいのあるメニューになっています。

そこで今回はそんな鮮度の高いトコを中心にULしてみました。

まずは本音源最大の目玉。バンドとしてはこの日が初演となった(ですよね?)ビートルズナンバー「One After 909」。1957年頃クオリーメン時代にジョンが書いた曲で(ポールが手伝ったと言われてますね)63年に初めてレコーディングされた時のバージョンが処女作「Hello Little Girl」などと共に『Anthology Vol.1』で公式に日の目を見ました、ってのは周知ネタでしょうが。

コチラがその1963年バージョン


でもってこれが1969年1月30日、ルーフトップ・コンサートでの演奏


元々がジョンとポールのダブルボーカルをフィーチャーした曲だけにここでの演奏もほとんど違和感無しに聴けますね。しかし、こんな曲まで演ってくれるとなるとますます今後のお楽しみが増えようってもの。いずれ「抱きしめたい」とか「シー・ラヴズ・ユー」なんてとこも出てくるんじゃないですかね。そういえばこの日の「Hey Jude」では後半のアドリブ部分で ”Don't let me down~” なんて歌ったりしてます(旋律は違うけど)。

お次は2002年の来日公演でも演奏、エイブの手数の多いドラミングが曲に新たな躍動感を与えていた「Maybe I'm Amazed」。この曲の復活は嬉しかったですね。ポールがピアノのイントロをミスっちゃうのはご愛嬌。

ミスといえば、9曲目の「西暦1985年」も。ここではポールがメロの進行を間違えてしまったためにバンドが迷走。これまた公式のライブ盤では決して聴くことの出来ないレアなバージョンとなっています。

「Petrushka」は11月に行われたブエノスアイレス公演のサウンドチェックの際にも演奏されたロシア民謡。そしてディスク1のラスト。聖地へのリスペクトを込めてポールが選んだのがマーヴィン・ゲイ初期のナンバー「Hitch Hike」です。


バックコーラスはマーサ&ザ・ヴァンデラス

この曲もポールの歌、バンドの演奏共に見事にハマってますね。ところがそんなリスペクトも何とPAのトラブルによって中断というミソがついてしまいます。ポールは ”エイリアンの襲撃だ” などと戯けてますが、再度ギターソロからスタートするも、またしてもポールが演奏を止めてしまい、改めて最初から仕切り直すという何ともとっちらかった展開に。

D2の7曲目「Wonderful Christmastime」は時節柄ってことで客ウケも上々。そして「Yesterday」を歌い終えた後の“Scrambled egg, oh my baby I love your legs……” 原曲の「Scrambled Eggs」をちょろっと披露なんてヒトコマも。

20101524.jpg

今回は同日のライブを撮影した動画との抱き合わせにしてみました。王道メニューの中で独特な存在感を放つ付け合わせの妙味をご賞味あれ。

とその前に大事なことを忘れてました。

本盤には受信時のエラーによるものでしょうか、いくつか音が飛んでしまう箇所があるので記しておきます。

・D1 tk9 「Nineteen Hundred And Eighty Five」:2箇所(0'35"と0'51")

・D2 tk4 「A Day In The Life / Give Peace A Chance」:イントロ15秒程の中に3箇所(苦笑)

・D2 tk6 「Hey Jude」:1箇所(1'49")

今回は2枚組で1,800円とかなりお手頃だったので躊躇せず購入しましたが、番組は5回程放送されたようなので、本盤よりコンディションの良い音源が出回ってる可能性は高そう。もしも明らかに違う、これよりも状態良しと思われる音源なり盤をお持ちの方いらっしゃいましたら、コメントお待ちしております m(_ _)m
Live at The Apollo Theater, Harlem, New York, USA - December 13th 2010

Disc 1
01. Magical Mystery Tour

02. Jet
03. Drive My Car
04. All My Loving
05. One After 909

06. Let Me Roll It
07. Foxy Lady
08. The Long And Winding Road
09. Nineteen Hundred And Eighty Five

10. Maybe I'm Amazed

11. Blackbird
12. I'm Looking Through You
13. And I Love Her
14. Petrushka

15. Dance Tonight
16. Elenour Rigby
17. Hitch Hike

Disc 2
01. Band On The Run
02. Ob-La-Di, Ob-La-Da
03. Back In The USSR
04. A Day In The Life / Give Peace A Chance
05. Let It Be
06. Hey Jude
07. Wonderful Christmastime

08. I Saw Her Standing There
09. Get Back
10. Yesterday

11. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band / The End

Paul McCartney - vocals, bass, guitar, piano
Rusty Anderson - guitars, backing vocals
Brian Ray - guitar, bass, backing vocals
Paul "Wix" Wickens - keyboards, backing vocals
Abe Laboriel, Jr. - drums, backing vocals

paul_apollo_2010_r.jpg
『Apollo Theater 2010』 JOKERMAN JM-046
ステレオ・サウンドボード音源収録 2CD-R

☆おまけ☆

公式サイトに11月のアルゼンチンツアーの様子をまとめた動画がありました。これがなかなか素敵な仕上がりになっているのでここに貼っておきます。

”Thank you Brazil & Argentina!”

関連記事
Comment
はじめまして。

いつも楽しく拝見・勉強させていただいております。

同公演の音源を2種類程所持していますが(貼られているサンプルより良いと思います)、このバンドには >全体的に暴れ感の強いミックスが相応しいと感じます。(このタイコが大好きです)

ダイカン9Fの新作、同月18日のLondon公演もなかなか素晴らしい録音でした。
(ステージからちょっと遠い気もしますが)

これからも素敵な記事・情報の更新を楽しみにしています。
 / URL / Edit
2011.01.18 Tue 12:35  たどん #AZV5XfxQ
positivityさん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

記事で取り上げているのとは別の音源を2つ聴かれているのですね。やはりもっと質の高い音源があるわけですね。

「全体的に暴れ感の強いミックス」

今回はネガティブな意味合いでこう記しましたが、おっしゃることも解る気がします。

現在のバンドは、例えば90年以降ポールが招集した他のメンツと比べてもその音に良い意味でのラフさ、ロックらしさを感じますね。その最大の要因がおそらくエイブのグルーヴ感のあるドラミングなのだと思います。あとラスティの骨太なギターワークも大きいですかね。

>ダイカン9Fの新作、同月18日のLondon公演もなかなか素晴らしい録音でした。
(ステージからちょっと遠い気もしますが)

そちらは気になりつつもちょっと手が伸びませんでした。その代わり?ギフトで100 ClubのDVD-Rをもらいましたが、なかなか良かったですね(継ぎ接ぎ状の不完全収録ですが)。ご覧になられましたか?

>これからも素敵な記事・情報の更新を楽しみにしています。

ありがとうございます。励みになります^^
 / URL / Edit
2011.02.01 Tue 20:53  positivity #-
こんばんは。

再放送の音源も聴いてみたのですが、前述の2種の方が良好でした。

ギフトのDVD-Rはネットでshareされた、youtubeの映像をまとめたもののコピーだと思います。

通常のライブとは異なるだけに、個人的には映像の方が楽しめました^^
 / URL / Edit
2011.02.02 Wed 02:18  たどん #AZV5XfxQ
positivityさん、こんばんは。

やはり色々とコンディションの異なるソースがあるのですね。

実はpiccadilly circusがプレス2CDでリリースしているタイトルが気になっているのですが買い替えにはちと敷居の高い値段・・(でも気になる・・)。

『CONCERT FOR SIRIUS XM LISTENERS 【2CD】』
http://www.wanderlust-web.com/shop/7_950.html

ギフトのDVD-Rはおっしゃる通り様々なムービーを繋げて仕上げたものなんですよね。それでもこの小さなハコのもたらすインパクトの大きさたるや。思わずジェフ・ベックのロニー・スコッツの映像を思い出しましたが、こんな継ぎ接ぎ映像でも臨場感はかなり伝わってきますね。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/494-7a73b185
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
562
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
56
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。