Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 154:BLACKMORE'S RAINBOW『紫のけむり』1976年12月9日 大阪厚生年金会館

またしてもすっかり間が空いちゃいましたが、7日の名古屋に続いてはツアー5日目(大阪公演3日目)12月9日の大阪厚生年金会館でのライブを収録したコチラっ。

purple_haze.jpg

開演直前、モニターチェックからの収録。ギターが小さく鳴り、ドラムがドカスカ。その重厚な音に場内が大いに沸いたところでロニーがONE, TWO!そして上げられた開演の狼煙・・

「Over The Rainbow~Kill The King」

この日もノッケからフリーフォームなリッチーのギター。イントロを突然ブレイクさせ、けれどバンドはドンピシャのタイミングで追随。トリルを、そして派手にアクションをキメるリッチーの姿が目に浮かぶような滑り出し。するとロニーもこの日限定のフェイントをかましてくる。リズム隊はすでにエンジン全開。

”HA!!” 最初の3連フレーズからリッチーのソロに突入する直前のロニーのそんなシャウトにシビれつつ、おそらくフルアドリブで炸裂するリッチーのソロも何やってるのかまるでワカランほどの凄まじさ(笑)。そのソロの途中で音が数秒くぐもる箇所があるものの、いやはや今回も見事な高音質ぶりです。


続いては終盤にリッチーとロニーのちょっとした掛け合いが聴ける「Mistreated」。ダレたところを全く感じさせない引き締まった演奏。ロニーが要所要所で聴かせるロングノートが素晴らしい。

ロニーから ”トミー・ボーリンへ” と告げられ演奏される「Greensleeves~Sixteenth Century Greensleeves」(ボーリンはこの5日前にオーバードーズにより死亡)。その「Greensleeves」の最後をハーモニクスで〆、ピックアップをリアへチェンジ。そのスイッチングノイズもやけにはっきりと聞き取れます。

何やらどこかで見憶えのある言い回しが混じり込んでますが、それにしてもスゴイ音。

前回の名古屋同様、桃虹音源の中でも屈指の高音質マスター。距離感(とても近い)、各パートのバランス共にすこぶる優秀。加えて特筆したいのが歓声や拍手といったオーディエンスノイズから一定の距離が確保されている点。それはまるで客席からでなくステージ袖から、あるいは後方から録られたと言われても信じてしまうレベル。いやそれじゃ音潰れちゃうか?

”Catch the rainbow, this one!”

そしてお次が公式ライブ盤『On Stage』に使用された「Catch The Rainbow」。正確にはこの日の演奏をメインに一部16日夜公演の音源に差し替えられたものが収録されています。なのでそんな編集前の真性バージョンが聴ける点も本音源のウリのひとつになっているんですね。

具体的にはロニーが音程を外してしまった終盤の独唱パート12'36"~12'42"と12'56"~13'01"の2箇所で編集が施されているもよう。

そこで本盤の「Catch The Rainbow」を動画化してみました。これが12月9日に浪速のファンの前で披露された「虹をつかもう」の真性版です。



この曲の終了直後が最初のテープチェンジのタイミングだったようで、そのためジミーによるメンバー紹介中、ロニーのそれが未収録ですが、ここは先の名古屋と全く同じですね。で同じといえば終演後のSE D2t11の「Over The Rainbow」もやはりアタマ欠けになっています。

そして今回もまたスルー出来ないというか、触れないわけにはいかないのが例のトラックの変わり目の音量ギャップ。残念なことに名古屋に比べると本盤のそれは結構目立っています。

それとなぜかディスク1の最後、tk22「Man On The Silver Mountain」にディスク2のtk2「Tequila」からtk4の「Keyboard Solo」(の途中まで)が入り込んじゃってるんですが、これは単純な消し忘れ?

purple_haze_is.jpg

これ以降の演奏内容については↓の中で書き散らかしてますんでよければ寄り道してやって下さいな。

西方徘徊097:BLACKMORE'S RAINBOW 『Heritage』 1976年12月9日 大阪厚生年金会館

西方徘徊 136:RAINBOW『Shadow Of The Wizard #1』 1976年12月9日 大阪厚生年金会館
Live at Kohseinenkin-Kaikan, Osaka, Japan - Thursday 9th Dec 1976

収容席数 : 2,400(1階 : 1,250席 2階 : 388席 3階 : 762席)

Disc 1
01. Monitor Check
02. Opening
03. Over The Rainbow
04. Start
05. Kill The King
06. Mistreated
07. MC
08. Greensleeves
09. 16th Century Greensleeves


10. MC
11. Prelude In C Major
12. Catch The Rainbow
13. MC
14. Purple Haze
15. White Christmas
16. Man On The Silver Mountain
17. Lazy
18. Man On The Silver Mountain


19. Blues
20. Man On The Silver Mountain
21. Starstruck
22. Man On The Silver Mountain

Disc 2
01. Forty Miles Of Bad Road
02. Tequila
03. Medley
04. Keyboard Solo
05. Stargazer
06. Still I'm Sad
07. Keyboard Solo
08. Drum Solo
09. 1812 Overture
10. Still I'm Sad
11. Over The Rainbow
12. Announcement

Ritchie Blackmore - guitars
Ronnie James Dio - vocals
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards
Cozy Powell - drums

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

purple_haze_r.jpg
『紫のけむり』
Tarantura NIJIFUNE-5-1, 2
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
関連記事
Comment
2011.02.13 Sun 20:29  takezo_a #-
こんばんは~

古くはアナログブート『Catch The Rainbow』(Man On The Silver MountainとDo You Close Your Eyesを除く)に収められていた演奏ですよね~それこそ耳にタコが出来る位聴きました。
その演奏が、こんなに高音質で聴けるなんて生きてて良かった!(笑)
7日の名古屋とこの日の『KILL THE KING』は本当に素晴らしい演奏で来日公演中1,2を争いますね♪

ブッ飛びようの名古屋、聴かす演奏の9日って感じですか・・・
8日の大阪はフツーの演奏なんで複雑なキブンですが(笑)

しかし、ジャケ写ではリッチーがナチュラルのストラトを弾いてるんですが、これはこの日の写真ですかね~?

『SHADOW OF THE WIZARD』の8日の最後を注意して聴いてると9日の当日券販売の案内をアナウンスしてますね、行っとけば良かったとメチャクチャ後悔・・・

ついに・・・ / URL / Edit
2011.02.14 Mon 01:35  kaz #0rXGyna6
こんばんは

いや~、こちらも超高音質で驚きました。
昼下がりの覇者と良い名古屋公演と良い高音質オーディエンスばかりで驚きです。

>トラックの変わり目の音量ギャップ
某巨大掲示板でもよく書かれています(笑)
音圧も曲毎で違うみたいですがいつ頃からなんでしょう?

そういえばそろそろイーグルスが来ますね!

あとツイッターですがBoukendeshodeshは僕です。
言うの忘れてました・・・(笑)
フォローありがとうございます。
 / URL / Edit
2011.02.15 Tue 00:27  たどん #AZV5XfxQ
takezo_aさん、こんばんは。

>その演奏が、こんなに高音質で聴けるなんて生きてて良かった!(笑)

虹に関してはアナログブートはおろか、CDですら聴いている数の少ない新参者ですが、そんな自分が急速にハマるきっかけになったのが雷神とMr. Peach音源なんですよね。やっぱりブートは音質が命なんだなぁ。

「Kill The King」に関しては僕もこの日か7日の名古屋が甲乙付け難しで飛び抜けてますね。しかしこの日のリッチー&ロニーのフェイント、実に格好良いですね。

>8日の大阪はフツーの演奏なんで複雑なキブンですが(笑)

ライブ全体としては8日もいい演奏してますよね。では改めてキルキン聴き返してみます。

>しかし、ジャケ写ではリッチーがナチュラルのストラトを弾いてるんですが、これはこの日の写真ですかね~?

さすがはリッチーフリーク。目のつけ処が違いますね。どうなんでしょうね。

>『SHADOW OF THE WIZARD』の8日の最後を注意して聴いてると9日の当日券販売の案内をアナウンスしてますね、行っとけば良かったとメチャクチャ後悔・・・

なるほど。。けど結局一度も目撃することの出来なかった僕からすれば・・(生リッチーは85年の武道館一度きりなんです)
 / URL / Edit
2011.02.15 Tue 00:44  たどん #AZV5XfxQ
kazさん、こんばんは。

この大阪と名古屋はお見事ですね。昼下がり~も取り上げてみましたがこと音質面ではこれらに一歩譲る感じかなぁ。

>音圧も曲毎で違うみたいですがいつ頃からなんでしょう?

その音圧をかせぐ措置の結果としてあのギャップは生じてしまったようです。いつ頃からでしょうね、あからさまなそれが気になったのはベックの2009/2/9NHKホールを収録した『Gives A Fan His Axe』が最初ですが、それ以前にもあったかも知れませんね。

>そういえばそろそろイーグルスが来ますね!

ランディ・マイズナーはともかくドン・フェルダーが不在じゃあ、とか東京ドームじゃなぁ、とかやってるうちに公演は終了し、DLで済ますことになりそうです(笑)。

>あとツイッターですがBoukendeshodeshは僕です。

わはは、それは気付きませんでした。こちらこそフォローありがとうございます。今後ともどうぞヨロシク(笑)
 / URL / Edit
2011.02.19 Sat 08:29  声の主 #WksCB13w
はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

ナチュラルが当日の写真か?とのコメントがありましたので一言・・・。

私は76年12月8日、9日、78年1月16日、17日等々見に行ってますが、76年はホワイトローズ、78年はサンバーストローズがメインで、確か78年1月16日だったか?のCatch The Rainbowのソロの途中で弦が切れて、キーボードソロでつないだ後、ホワイトローズ(ピックガード等は黒)に持ち替えたぐらいで、他のギターは使っていません。(78年はネームを消した国産のY社だそうですが、76年12月8日のギタークラッシュは双眼鏡で確認していますがホワイトメイプルで本物のフェンダー!! 多分オンステージの表の写真に使われているやつではないかと思いますが・・・。)

ということで、当時の雑誌にもナチュラルは登場しなかったし、どこかヨーロッパあたりの写真ではないでしょうか?

ちなみに、私はこの日の演奏が大好きで、一度パソコンに取り込み、音源編集ソフトのイコライザー等で、左右の音揺れや若干こもった部分等を補正したり、細切れになっている曲間の部分を統合したりして聞いています・・・。

あと、数年ぶりに使ったこのハンドルネームにピンと来た方がいらっしゃれば、相当ディープでコアなファンか、私の知り合いでしょう・・・。(汗)

 / URL / Edit
2011.02.19 Sat 18:49  たどん #AZV5XfxQ
声の主さん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

来ました、新たな目撃談。とても興味深いですね。中でも78年1月16日の「Catch The Rainbow」の弦切れのくだりはぜひとも音源で追体験したいところです。

>76年12月8日のギタークラッシュは双眼鏡で確認していますがホワイトメイプルで本物のフェンダー!! 多分オンステージの表の写真に使われているやつではないかと思いますが・・・。

これもまた実に興味深いお話。となるとギター破壊劇が繰り広げられた他の5日間がどうだったのかにも興味がわいてしまいますね。

>ちなみに、私はこの日の演奏が大好きで、一度パソコンに取り込み、音源編集ソフトのイコライザー等で、左右の音揺れや若干こもった部分等を補正したり、細切れになっている曲間の部分を統合したりして聞いています・・・。

この音源ではありませんが、補正は僕もトライしたことがあります。が思い通りに仕上げるのはなかなか難しい。

>細切れになっている曲間の部分を統合したりして聞いています・・・。

これについては僕も同様で、この盤でいえばD1を7トラック、D2を4トラックに変更して楽しんでいます(笑)。

>あと、数年ぶりに使ったこのハンドルネームにピンと来た方がいらっしゃれば、相当ディープでコアなファンか、私の知り合いでしょう・・・。(汗)

引用だらけですみません。虹の水面下音源に関しては全くの新参者なのでいつも思い込みだけで書きなぐってます。ですからディープでコアな虹ファンの方からのコメントや情報提供はとても嬉しいです。

何か面白いネタがありましたら(もちろんそれ以外でも^^)またコメントしてやって下さい。どうぞよろしくお願いいたします m(__)m
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 01:34  声の主 #WksCB13w
たどんさん
こちらこそよろしくお願いします。

78年1月16日は、たとえば「I See a Glow」で聞くことができますが、この音源では、Mistreatedのソロの静かな部分の終わりで心無い観客が「ハ○゛ー!!」と叫んだところは見事にカットされてます・・・。

で、本音源の話に戻りますと、私が見に行ったコンサートの爆音度の双璧が、この76年と80年のロニーサバスでしたが、そのどちらも音が潰れていない素晴らしさに尽きると思います。

あと、他の日では2階席最前列とかの言葉を見たことありますが、この日については無かったように思いますけど、1階席後方で見ていた私の「あの掛け声」がほとんど聞こえないので、2階席とかのやはり前列で少なくとも1階席では無いと思います。
大阪厚生年金会館は、2階席がかなり張り出しているので、あくまで想像ですが・・・。

ネタ系の話では、当時の雑誌の記事に、16日武道館夜のギタークラッシュで、マーシャルのスピーカーキャビネットで客席に放り込み、それを駅まで数人でごろごろ押して運んだ人がいたとのことで、激しさが想像できますが、12月8日も客席への投げ込みとかはないですが、ヘッドを引きずり降ろし、キャビを蹴り倒し、思いっきり暴れていました・・・。
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 02:24  たどん #AZV5XfxQ
声の主さん、こんばんは。

再度のネタ投入、誠にありがとうございます。

その「ハ○゛ー!!」については噂だけはかねがね(笑)。これはますます聴かねばなりませんね。

76年と78年では前者の方が音が大きかったということなのですね。それでも今回のタイトルのような歪みの少ない音で録れているのは機材やポジションに恵まれていたことに加えてレベル設定やマイク位置など、経験がものを言うブブンもあったんでしょうね。有り難いことです。

16日のマーシャル投げ入れ~九段下駅ごろごろについてはかつてbeatleg誌で似た記述を見た記憶があります。今どこでどうしてるんでしょう(笑)。

>12月8日も客席への投げ込みとかはないですが、ヘッドを引きずり降ろし、キャビを蹴り倒し、思いっきり暴れていました・・・。

さぞかし興奮されたことでしょうね。羨ましいです~
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 09:33  声の主 #WksCB13w
76年が1階席後方、78年が2階席、80年サバスが1階席のわりと前方だったせいもありますが、76年は耳が元に戻らなかったのが4~5日ぐらい、78年は翌日には普通に・・・。
80年サバスは1週間ぐらいかかりました。

前座の“A”バンドはクリアーに聞こえましたが、いざ「本編」になると、音圧が1.5倍ぐらいに感じたので、P氏の勘と経験に感謝、感謝ですね・・・。

エンディングのSEについては、多分オープニングに引き続き録音されているのか(95年再結成のブートDVDでは、1曲目の曲中にエンディングが流れているし・・・。)出だしの入り方がまちまちですね。

ちなみに、これも元ソースから音源編集ソフトで作ったことがあります。
オープニングのエコーでの繰り返しは、ボリュームを落としながら、ジャストなタイミングでつないでいって、出来上がった時はため息が出ましたが・・・。(笑)

あと、CDではまったく関係ない虹ですが、あの800個(某サイトの電球部分がわかりやすい写真を元に推定)の特殊電球を使用した最大10万ワットものモンスターイルミネーションは、唯一のオフィシャルのミュンヘンの画像を遥かに上回るキレイさでした。
(人間の目や耳の対応力のおかげでしょうが・・・。)
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 15:01  たどん #AZV5XfxQ
声の主さん、こんにちは。

いやーますます深堀的になってきました。ありがとうございます^^

ひとくちに大音量と言っても昔と今とでは随分違うという意見が多いですよね。昔はそれこそ大会場でも耳をつんざく程の大音量が鳴り響いていたと。

そういえば76年は安全バンドが前座だったんですよね。『A』というタイトルのアルバムがありました。

>エンディングのSEについては、多分オープニングに引き続き録音されているのか(95年再結成のブートDVDでは、1曲目の曲中にエンディングが流れているし・・・。)出だしの入り方がまちまちですね。

ひょっとして桃氏が録音を止めているのではなく、SEそのものがアタマ欠けで流れたということなんでしょうか?これはまた興味深いご指摘ですね。AUDノイズ部分に注意して聴き返してみたいと思います。

>あと、CDではまったく関係ない虹ですが、あの800個(某サイトの電球部分がわかりやすい写真を元に推定)の特殊電球を使用した最大10万ワットものモンスターイルミネーションは、唯一のオフィシャルのミュンヘンの画像を遥かに上回るキレイさでした。

またしても引用だらけでスミマセン^^; くやしいけれどそのミュンヘンのDVDを観ながら当時に思いを馳せたいと思います(笑)。
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 15:41  声の主 #WksCB13w
昔発売されたパープルの単行本だったか?に、2期のサウンドは、PA用スピーカーまでオルガン用のマーシャルのキャビを使用(実際に写真でも確認できますが・・・。)していたので、オーバーオールサウンドが・・・、という記述があったのですが、76年の音の大きさは、まさに体じゅうが包まれる「オーバーオールサウンド」だったと思います。
78年は、御大がタウラスを踏むたびに会場が揺れ、80年は2曲目のラストでグラハムがシャウトする部分でも会場揺れを感じましたが、トータル感では76年に勝るものはないでしょう・・・。

今のPA卓は、ライブハウスで使用されるものもデジタル化が進んでおり、一度フェーダーのレベルをプリセットしておけば、すべての帯域が一瞬でそのレベルに動くようですが、当時は会場ごとにホワイトノイズとかを出して、その後のリハーサルでフェーダーの横に目印を書き込む作業をしていたと思います。
一体前座とは、どの程度の差があったんだろう?って思いますけど・・・。

エンディングSEについては、先ほど78年1月17日を聞き返してみたら、いきなり歌から始まっているし、PAさんが慌ててフェーダーを上げたのでは?と想像できます。

77年当時の、どんな高性能なTVカメラやレンズでも、残念ながら見た目通りの再現は不可能だったでしょうね~。
78年は故障でもしたのか、黒い布をくり抜いたものを虹の前に垂らすようになってしまいましたが、Still I'm Sadのエンディングに、虹の後ろ上方から「Rainbow」の文字のイルミネーションが降りてくるのはカッコよかったです!!

バックドロップも、前半戦はファーストのお城の絵が、キーボードソロあたりで入れ替えたのかStargazerでRisingのジャケに変わっていたのにはワクワクしましたが・・・。
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 20:44  たどん #AZV5XfxQ
声の主さん、こんばんは。

うぅむ、凄いです。

>76年の音の大きさは、まさに体じゅうが包まれる「オーバーオールサウンド」だったと思います。

僕も回想してみましたが、確かにいくつかのライブでそんな身体が包まれるような体験をした記憶があります。

>78年は、御大がタウラスを踏むたびに会場が揺れ、80年は2曲目のラストでグラハムがシャウトする部分でも会場揺れを感じましたが、

会場揺れ・・このタウラスの本当の威力は会場に居合わせないと解りにくいでしょうね。感覚的には理解出来るんですが。

それにしても声でそれをやってのけてしまう当時のグラハムの声量や流石ですね。なるほどなぁ~

そ、それにしても目撃談が目撃弾!

>バックドロップも、前半戦はファーストのお城の絵が、キーボードソロあたりで入れ替えたのかStargazerでRisingのジャケに変わっていたのにはワクワクしましたが・・・。

それに思い切り打ち抜かれつつ、イメージを膨らませるワタシです。

とにかく77ミュンヘンを再観(笑)。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/496-d89dc027
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
369
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
40
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。