Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 156:VARIOUS ARTISTS『A Concert For KILLING Cancer』2010年1月13日 ロンドン

ベックが実にベックらしいサウンドを奏でロジャーがそれに応える。

アタマのその数秒だけでもう胸躍っちゃう。

しかし、いやブルースだからこれでいいのかも知れないが、ほとんどリハ無しのぶっつけ本番? 内容的には今ひとつピリッとしない感じもする。

けどやっぱり感動せずにはいられないんですよ。ロジャーの歌にベックのギターが絡む。それを支えるザックのドラム。

なんと贅沢な。

てなわけでまずはこの曲を簡単な動画にしてみました。マディ・ウォーターズ「Mannish Boy」のカバー。



で今回のブツですが。

とその前に、遅ればせながら。

2月14日に発表された第53回グラミー賞でジェフ・ベック先生なんと三部門で受賞を果たしました。

<最優秀ポップ・コラボレーション賞/Best Pop Collaboration With Vocals>
ハービー・ハンコック、ピンク、インディア・アリー、シール、コノノ・ナンバーワン、ジェフ・ベック、ウームー・サンガレ 「Imagine」on 『Imagine Project』

<最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞/Best Pop Instrumental Performance>
「Nessun Dorma」 on 『Emotion & Commotion』

<最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞/Best Rock Instrumental Performance>
「Hammerhead」 on 『Emotion & Commotion』

作品リリースやツアーのペースなど、移籍後の精力的な活動も実にスゴイと思いますが、こうしてきちんと結果を出し続けているところも本当にサスガだなと思いますね。素晴らしい!

ちなみに公式サイトにはこんな短くも思いの詰まったコメントが掲載されています。

 I can believe it. I'm happy for you!

3 Grammy's.

14.Feb.2011 18:30

What a crazy few days........ performances/parties/interviews/seeing some friends and to top it all off, the Grammy's.
I got 3, can you believe it?? I am really thrilled and humbled.
Thank you all for your support and encouragement.

J.B

killing_cancer.jpg

今年の1月13日、ロンドンのHMV Hammersmith Apollo(旧Hammersmith Odeon)で開催されたチャリティ・コンサート”A CONCERT FOR KILLING CANCER”の全演奏を収録(収録時間2時間4分:プレス2CD)。

コンサートのスタートは日本時間の14日早朝。当日はベックが登場する直前、確か6時頃からツイッターのタイムラインに飛び込んで来たロンドン在住『斜に構えて。』のMickさんの実況中継にもんどりうって悶えていたことを思い出します(笑)。まるで予想していなかったザ・フーとジェフ・ベックの共演。驚きましたよ。事後に反芻すればナルホドと思えなくもないけど、それまでは僕の中で両者を繋ぐ糸は全く見えていなかったから。

killing-cancer-2011-poster.jpg

コンサートは元The Verveのリチャード・アシュクロフトがひとりアコギを携えて登場するところから始まります。で1曲目の「Sonnet」でああそうか、と。

記憶が曖昧ですがリリース当時にCDショップだかどこだかで聴いた「Bittersweet Symphony」。アンドリュー・オールダムが手掛けたオーケストラ版の「The Last Time」をサンプリングしたストリングスがなんだか安っぽいんだけど妙に儚げで美しくて。一聴して気に入ってしまい速攻で買い求めたアルバム『Urban Hymns』(1997年リリースの3rd)の2曲目に入っていたのが「Sonnet」。彫りの深いメロディラインが印象的で当時はこの2曲をメインによく聴いたもんです。

「Bittersweet Symphony」



アンドリュー・オールダム・オーケストラ『ザ・ローリング・ストーンズ・ソングブック』より


そして「Sonnet」やっぱりいい曲

続いてはRoger Daltrey Bandの登場。演奏されたのは2009年のソロツアー『Use It Or Lose It Tour』でもセット中盤に登場していた2曲。まずはアイルランドのバンド、チーフタンズの「Freedom Ride」のカバー。そしてサイモン・タウンゼントがマンドリンを弾く「Gimme A Stone」。

ちなみにそのツアーではほとんどの日で続けて「Going Mobile」を演奏してましたが、そこではピートの代役としてサイモンがボーカルを取っていました。


2009年11月13日ニュージャージー州アトランティック・シティでの演奏。思わず『Who's Next』のそれを思い浮かべちゃいますね。さすが兄弟、声質が良く似てます。

続いて登場するはこちらもあな懐かし、ブライアン・アダムス。彼もまたアコギによる弾き語りを披露。84年の大ヒット作『Reckless』から「Run To You」、3rdアルバムのタイトル曲「Cuts Like A Knife」と代表曲をじっくりと聴かせた後はPDT(光線力学的療法)による治療を受けた女性の患者さんを迎えてのデュエット「When You're Gone」。最後は再び3rdからバラード「Straight From The Heart」で〆。とここまでがディスク1の収録曲です。

killing_cancer_member_20110218035345.jpg  

ディスク2はザ・フーのマネージャー、ビル・カービシュリーによるイントロダクションでスタート。そして登場するは我らがジェフ・ベック!何と二枚看板抜きのザ・フーにジェイソン・リベロを加えたまさにワンオフな布陣で演奏された「Beck's Bolero」。かつてベックがキース・ムーンと共に音盤に刻んだこの曲をこの日はキースから直接ドラムの手ほどきを受けたというザック・スターキーが演奏するという縁。

2曲目は目下の新作『Emotion & Commotion』 から本年度のグラミー賞に輝いた「Hammerhead」。ボレロではやや不安定だったベックのギターがここで本来のキレを取り戻し、そして最後はお馴染み、第52回グラミー賞最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞に輝いたビートルズのカバー「A Day In The Life」。一打一打丁寧に打ち込んでいくザックのドラムが曲に独特な彩りを加えてます。

それにしてもたった3曲だけとはあまりにもショートスケール過ぎ。それでも貴重音源には違いないんですけど。

で続いてはブロンディのデボラ・ハリーが加わっての代表曲3連発。ベックは「Heart Of Glass」と「Call Me」の2曲に参加。リハーサル不足が目立つものの(「Call Me」は途中ぐだぐだ・・)どちらも終盤に飛び出してくるベックのベックらしいソロが聴きどころ。

そしていよいよ大トリ登場。最早揺るぎないBIG3とも言える3曲を演奏し(BIG4なら加わるのは「See Me, Feel Me」かな)迎えたアンコール、大団円。それが冒頭のボ・ディドリーの「I'm A Man」へのアンサーソングとしてマディ・ウォーターズが書いた「 Mannish Boy」と再びステージに戻ってきたピートを加えての「Join Together」with JEFF BECK!!!

killing_cancer_is.jpg

音質について触れるのを忘れてました。まだiPod~イヤホンでしか聴いてませんが、個人的にとても好きなタイプの音です。エッジがいい具合にまろやかで聴きやすく音圧も十分。距離も近いですね。またイコライジング臭を感じさせないナチュラルな仕上がりもいい感じです。

そしてことザ・フーに関していえば、粗さもまるごとバンドの勢いとして昇華させてしまう、08年の来日公演で改めて実感したこのバンドの特異性がこの音源からも伝わってくるようで嬉しい(ザックの貢献度高し!)。当日ピートのコンディションは万全ではなかったのかも知れませんが、バンド総体としてのグルーヴ感やアンサンブルの凄みは今も健在ですね。

月並みだけど、もう一度生の彼らを体験したい。初の単独来日公演から2年とちょい経ちましたが、今年あたりまた来日してくれないですかねー。今度こそ関東公演は全部行くからー。
Live at HMV Hammersmith Apollo - 13th January 2011

Disc 1
Richard Ashcroft
01. Sonnet


02. Space And Time
03. Lucky Man
04. History

Roger Daltrey Band
05. Freedom Ride


06. Gimme A Stone

Bryan Adams
07. Run To You
08. Cuts Like A Knife
09. Guest Introduction
10. When You're Gone (Duet with Teri Hargreaves)
11. Straight From The Heart

Disc 2
01. Introduction by Bill Curbishley

Jeff Beck
02. Beck's Bolero


03. Hammerhead
04. A Day In The Life

Deborah Harry with Jeff Beck
05. Heart Of Glass


06. Call Me

Deborah Harry
07. One Way Or Another

The Who
08. Baba O'Riley


09. Who Are You
10. Won't Get Fooled Again

11. Mannish Boy (with Jeff Beck)
12. Join Together (with Jeff Beck, Deborah Harry & Bryan Adams)




13. Harvey Goldsmith Closing Speech

■Roger Daltrey Band

Roger Daltrey - Vocal Simon Townshend - Guitar, Mandolin Danny Thompson - Bass Jody Linscott - Percussion Charlie Hart - Fiddle Andy Cousins - Accordion Billy Nicholls - Vocal

■Jeff Beck

Jeff Beck - Guiar Pino Paladino - Bass Zak Starkey - Drums John 'Rabbit' Bundrick - Keyboards Jason Rebello - Keyboards Simon Townshend - Guitar

■Deborah Harry with Jeff Beck

Deborah Harry - Vocal Jeff Beck - Guiar Pino Paladino - Bass Zak Starkey - Drums John 'Rabbit' Bundrick - Keyboards Jason Rebello - Keyboards Simon Townshend - Guitar

■The Who

Roger Daltrey - Vocal Pete Townshend - Guitar, Vocal John 'Rabbit' Bundrick - Keyboards Pino Palladino - Bass Zak Starkey - Drums Simon Townshend - Guitar, Vocal

*MP3Tube : 16bit/44.1KHz 128kbps

killing_cancer_r.jpg
『A CONCERT FOR KILLING CANCER』
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
50セットのみナンバリングステッカー付
関連記事
Comment
2011.02.20 Sun 00:18  ケーン #GSy5Gvgw
たどんさん、こんばんは。
あらためてここでのベック先生、熱いですね!!

かなり以前に
ポールロジャースだったかJPジョーンズだったか、(違っていたなら、すみません)
たしか、いずれかが仰せになった言葉を<JOIN TOGETHER>
の映像をみさせていただいて、思いだしました。

「ロックギタリストには2種類しかいない。ジェフ ベックと
ジェフ ベック以外だ!!」

このオオゲサな褒め言葉にも納得の
この濃いメンツのなかでも、埋没することなく
むしろギタープレイの個性と強い存在感が浮き出てくるベック先生。
いやー熱いです。気持ちが伝わってきますね。




 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 01:40  たどん #AZV5XfxQ
ケーンさん、こんばんは。

>「ロックギタリストには2種類しかいない。ジェフ ベックとジェフ ベック以外だ!!」

ポール・ロジャースが言ったと伝えられてますね。それにしても個性の塊、おっしゃる通り本当にとんでもないギタリストだと思いますです。しかも弾いてる姿が実にカッコイイでしょう?タマランですね。

今年はこれからどんな活動を見せてくれるんでしょう。ロッドと一緒に制作を開始したという新作の行方もとても気になりますね。そして来日にも期待してしまいます。
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 07:24  Pink Cloud #HkRIpaaw
たどんさん、こんにちは。

いや~、たまらんです。
なにがたまらんかって、この出演者と共演。
そして、たどんさんのブログ記事。
濃いですね~。 私、この音源について、もう書けないです(笑)

それにしてもジェフ・ベック大先生のカッコいいことったら
これまた、たまらん ですね。
第53回グラミー賞の大先生、髪形のせいかもしれないけど
また若返った感じでした。かっこ良すぎです、この66歳。
(今年 67歳)

ご存知のとおり出張で留守にしていたので、予約取り置きしていた
このブツは、明日あたりに取りに行こうと思っています。
楽しみです。 
たまらんです(笑) / URL / Edit
2011.02.20 Sun 12:14  OKASASAN #9L.cY0cg
たどんさん、こんにちは。
いや、なんと凄い面々による凄いコンサートであることか!
そしてそして、たどんさんのUPも素晴らしい!ライナー書けちゃいますよ。
プロに負けてません。絶対(^^)V

・・で、相変わらず小ネタ提供しかできないわたくしですが・・・
たまたま手元に古本屋で購入した古い写真集がありまして、中味自体は別段どうってことのない写真の寄せ集めで失望したのでありますが、当時編集した年表のページがあり、76年9月ハリウッドでの「ロックミュージックアワード」の授賞式の後、ピート・タウンゼントらと夜遅くまで語り明かす・・・な~んて記述があるんですよ。
映画「欲望」のインタビューで「ピートみたいな真似はしたくなかった」なんて言ってた割にはやはり繋がりはあったんですね。
なんか勝手にTHE WHOとはあまり仲良しの印象がなかったので意外でしたけど・・・
今この時代だからこそ実現した顔ぶれなのかもしれませんが、もう誰とでも大歓迎ですからどんどんコラボして、元気なプレーを披露して欲しい・・・なんて、勝手に思っている今日この頃です。
凄い凄い! / URL / Edit
2011.02.20 Sun 13:26  たどん #AZV5XfxQ
Pink Cloudさん、こんにちは。

ホントたまりませんよね。次はこの日のDVDが欲しいです。ダイカンからプレスで出ないかなぁ。

何だか思い付くままに書き(&貼り)殴っちゃってますが、このところずっと仕事上のストレスがキツイせいか、その鬱憤を此処にぶつけてる気がしなくもありません(苦笑)

まそれはともかく、

”JEFF BECK WINS THREE GRAMMYS”

http://www.youtube.com/watch?v=xzH35pBUMcM

格好良いですよね~。 こんな66歳他にいませんって。ホントたまらんです。

>このブツは、明日あたりに取りに行こうと思っています。
楽しみです。 

きっとその期待に応えてくれることと思います。プレスで出してくれてありがとう。
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 15:57  たどん #AZV5XfxQ
OKASAKANさん、こんにちは。

あいや、そんな過分なお言葉^^; 恐縮でございます。

ことロックの世界に関しては、最早時代はなんでもアリ期に突入しているのかも知れませんね。これからもアッと驚くようなコラボレーションが生まれることを僕も願っています。

>76年9月ハリウッドでの「ロックミュージックアワード」

貴重なお話どうもありがとうございます。9月18日の第2回ロック・ミュージック・アワードのことのようですね。ダイアナ・ロスとアリス・クーパーが司会を務め、授与式の様子はCBSで生放送されたのだとか。なんて話をし始めると俄然その映像が観たくなっちゃいます。

>今この時代だからこそ実現した顔ぶれなのかもしれませんが、もう誰とでも大歓迎ですからどんどんコラボして、元気なプレーを披露して欲しい・・・なんて、勝手に思っている今日この頃です。

全くもって同感です。ロッドとのコラボも無事進んで欲しいですね。
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 16:44  OKASAKAN #9L.cY0cg
ネタ元の写真集は、昭和52年6月発刊のROCK FAN No3『JEFF BECK ジェフ・ベック写真集』(シンコーミュージック)というヤツでして、思わず飛びついたんですが、オール白黒で先ほど中味はどってことないなんて書きましたが(^^;)今改めて見ればそうでもないかも(笑)
ヤードバーズ~ジェフベックグループ~BBA~あの派手派水色サイケシャツ?が忘れられない75年ワールドロックフェス来日時の写真etc、どっかでお目にかかっている物ばかりではあるんですが、やはり若い頃のJeff,ワイルドでカッコイイですよねぇ(笑)

因みに同年表ではご指摘通り9月18日、第2回目の受賞パーティーの後の事だそうでして、他ボズ・スキャッグスにエルトン・ジョンにキャプテン&テニールにロッド・スチュアートも一緒だったとありますんで、こりゃまた豪華すぎるメンバーだったというわけです。
一応66年のご誕生の砌から、77年3月に至るまで、ご丁寧に何年何月何日に誰と何したなんて記載が4ページにわたって掲載されており、近年目にする年表より詳しく彼の行動が判るという、Fanにとっては興味深い、ある意味優れものの貴重盤かもしれません。
補足しますと・・ / URL / Edit
2011.02.20 Sun 16:49  OKASAKAN #9L.cY0cg
66年×→44年ですね。
Jeffの誕生年。風貌が若いので、66年でも通ったりして・・(^^;)
間違えました / URL / Edit
2011.02.20 Sun 21:00  たどん #AZV5XfxQ
OKASAKANさん、こんばんは。

ネタ元の情報ありがとうございます。大変興味深いですね。

>一応66年のご誕生の砌から、77年3月に至るまで、ご丁寧に何年何月何日に誰と何したなんて記載が4ページにわたって掲載されており、近年目にする年表より詳しく彼の行動が判るという、Fanにとっては興味深い、ある意味優れものの貴重盤かもしれません。

これが決め手になってしまい、ふらふらと古書サイトを彷徨っていたらナント見つけてしまいました。状態も悪くなさそうでしたのでその場で注文(笑)。到着が待ち遠しいです。

OKASAKANさん、ご紹介ありがとうございました m(_ _)m
 / URL / Edit
2011.02.20 Sun 21:45  OKASAKAN #9L.cY0cg
たどんさん、流石アクションが早い!
年表ですが、よく読むと間違いもあったりします。
Jeffの姉が妹になってたり・・・
イリディウムライヴの特典映像インタビューで、Jeffが3歳上の姉の話をしていますので、間違いなく姉ですね。
実はライターによって、姉だったり妹だったりするんで前から気になってたんですよ。双子の姉なんて文章も読んだ記憶が・・・
このお姉さん、ジミー・ペイジをJeffに紹介したという方ですよね。
今回のインタビューではかなり詳しく語られていて興味深かったです。
ピアノばかりじゃなくて、おじさんにヴァイオリンやチェロの手ほどきも受けていたなんて初耳でしたし・・・
今回のDVD、本編はもとより特典映像も見応えありで大満足です。
それはラッキー / URL / Edit
2011.02.22 Tue 23:16  たどん #AZV5XfxQ
OKASAKANさん、こんばんは。

いえいえ決してアクション早くなどないのです。遅レスごめんなさい

しかもイリディウムのDVDもまだ全部は見てなかったりして(汗)。

というわけで慌てて?インタビューパートを見ましたよ。

おしゃる通り初めて耳にする話(バイオリン→チェロのくだりは僕も初耳でした)や、ある程度知ってはいたけど、改めて本人の口から語られることで感慨を深める部分など、とても濃い26分ですね。ひとつひとつの所作にもわくわくしちゃうし。

エリック・クラプトンやジミ・ヘンドリックスとの思い出、特にクラプトンからは憎まれていたなんて回想した後にインタビュアーから現在の関係は?と訊かれて、グレイト!と即答するところ良いですねぇ。

あとレコーディングを嫌う理由として「頑張って作ったものが5分後には古く感じちゃう」と言い切っちゃうところがいかにもらしいなぁとか、ホットロッドに関しては意外にクールな受け答え(僕はそう感じました)をしているところとか・・

そうそう、映画『女はそれを我慢できない』をもう一度ちゃんと観なくっちゃ(笑)。
 / URL / Edit
2011.02.23 Wed 15:59  OKASAKAN #9L.cY0cg
全く私もたどんさんと同じ箇所に興味を惹かれました。
あのインタビュー場所は、ギタマガ3月号細川氏の記事によればJeffのアメリカの自宅なんだそうですが、女性相手ということもあってか?ロニスコの時よりかなりリラッススムードですよね。
パトカーのサイレンに反応したとこなんかも楽しかったし・・・。

写真集が届きましたら、扁桃腺だ、髄膜炎だと彼が病気した回数を数えてみてください。
例の交通事故もありましたし、今こんなに元気なのが嘘のようです。
こうなったらタンクトップでも何でも着て、目指せレスポール!
長生きして欲しいです。(笑)
 / URL / Edit
2011.02.23 Wed 22:35  たどん #AZV5XfxQ
OKASAKANさん、こんばんは。

>パトカーのサイレンに反応したとこなんかも楽しかったし・・・。

そうそう。あと”ハロ~、ジェフ♪” おじさんの真似も可笑しいですよね。

77年産の写真集今日届きました。全てモノクロ、しかも見覚えのあるもの(ブートのジャケにもかなり使われてる:笑)がほとんどですが、匂い立つ時代の空気にチトやられ気味です。それにしても先生格好良い!中でも僕は75年WRF、ブラックのベルベットジャケットの出で立ちが何度見てもたまらないです。

精悍な顔だち、髪型、無造作な着こなし、大振りなクロスのネックレスやリング、そしてホワイトのストラトキャスターとオックスブラッド・レスポール、ピックを持つ右手と指板上の左手・・

最初にそのルックスの良さにマイって『WIRED』に手を伸ばした
35年前につい思いを馳せてしまいました。

年表はこれからじっくり読みたいと思います(ローガンにはちとキツイですが^^;)
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/502-2a02b881
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
431
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
44
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。