Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 159:BLACKMORE'S RAINBOW『破壊者は西へ:The Destroyer In The West』 1976年12月5日 大阪厚生年金会館

先の78ベック&スタンリーと一緒に入手したブツいきます。

徐々に、しかし確実に「決定版」の勢力図を塗り替えてきた新タラ桃印の76レインボーからまたもや新たな音源が登場。

12月5日(日)@大阪厚生年金会館大ホール 開演時間:1:00pm(これは知らなかった)
この日の演奏を一言で表すとすれば「堅実」。じゃロックっぽくないか。しかしそれがやがて狂気を孕んだ破壊劇へ。最後の「Do You Close Your Eyes」でのギタークラッシュはその音の良さと相まって強烈な印象を残します。一説によるとこの日は終演後のリッチーの機嫌がえらく悪かったそうで、その理由や如何に? 演奏の内容が文句無しに素晴らしいので?だったりしますが、ちなみに公式ライブ用にレコーディングされていたこの日の演奏は全てボツになってしまったそうな・・

トラック1は開演直前のマイク&キーボードのサウンドチェックの音にかぶる場内アナウンス。途中でカットアウトしますがそれでもあえて収録したのはそのドキュメント性を重視したからでしょうね。続くトラック2では既に会場のボルテージがかなり上がっていることがハッキリと伝わってきます。熱いね、大阪。

演奏音は全体的に重心が低めで厚みを感じさせるもの。メンバーが皆爆音で攻めているところでは音が飽和状態に達してしまいパートの分離が悪くなってしまうものの、不思議とノイズっぽさを感じさせない。個人的にはドラムスの弾力感のある音が今回もバンド全体の躍動感に一役買っていて嬉しいです。

テープチェンジはD1 tk13「Catch The Rainbow」の終演直後(そのため演奏後のメンバー紹介(tk14)からロニーとコージーが漏れてます)とD1 tk20「Man On The Silver Mountain」のやはり演奏直後。短時間でB面の録音を切り上げ、続くメドレー的に展開される後半の流れには新たなテープで対応しているもよう。初日のエラーを2日目でしっかりクリアしてくるあたり、やはりサスガという他ないです。

destroyer_in_the_west_is.jpg
”2階K列35番(最前列のほぼ中央)”

今回は毎度の「Kill The King」と他に尺の長いところをいくつかアレしてみました。

ちなみにこの日の既発盤からも同じ曲の試聴が出来るようにしてみたのでよかったら聴いてみて下さい。

西方徘徊 104:BLACKMORE'S RAINBOW 『Hail To The King』 1976年12月5日 大阪厚生年金会館

Live at Koseinenkin-Kaikan, Osaka, Japan - Sunday 5th Dec 1976

Disc 1
01. Mic Check / SE / Announcement/
02. Monitor Check
03. Over The Rainbow
04. Start
05. Kill The King


06. Guitar Solo
07. Mistreated
08. Greensleeves
09. 16th Century Greensleeves
10. John Operates Niji Flashing working
11. Das Wohltemperirte Clavier
12. Herz und Mund und Tat und Leben BWV147
13. Catch The Rainbow
14. Band Introduction
15. Guitar Solo
16. Lazy
17. White Christmas
18. Man On The Silver Mountain
19. Blues
20. Man On The Silver Mountain


Disc 2
01. MC
02. Keyboard Solo
03. Stargazer


04. Still Im Sad
05. Keyboard Solo
06. Drum Solo
07. 1812 Overture
08. Drum Solo
09. Still I'm Sad (reprise)
10. Guitar Solo
11. Do You Close Your Eyes (Guitar Clashing)
12. Over The Rainbow


Ritchie Blackmore - guitars
Ronnie James Dio - vocals
Jimmy Bain - bass
Tony Carey - keyboards
Cozy Powell - drums

さてさて、全部で10公演が行われた76年の虹来日公演©桃印もいよいよあと2日を残すのみ。すでにメーカーが「1976年初来日・全公演をピーチが録音してました!!!」と明かしてるのであとはそのリリースを待つばかりですが、それにしても凄過ぎます。

NIJIFUNEの4番と10番、大いに期待して待ちたいと思います。最後はおそらく16日の最終公演になるでしょうが、あの名盤『雷神』とのガチンコ勝負、その聴き比べもまた楽しみ。

destroyer_in_the_west_r.jpg
『破壊者は西へ:The Destroyer In The West』
Tarantura TCDNIJIFUNE-2-1, 2
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD
関連記事
Comment
2011.05.24 Tue 21:26  ケーン #Jb4xbG8M
たどんさん、こんばんは。
仰せのとおり76虹、日本公演、決定盤を
リリース毎にぬりかえていく桃印音源。
相変わらず素晴らしいですね。

わたしも知らなかったのですが
午後1時スタートだったとは・・
バンド側にしてみれば
起きぬけに演奏するような感じではないかと・・

あと8日、16日夜の2公演ですね。
8日は聴いたことが無いので
楽しみです。
久しぶりに雷神を聴いてみたのですが、
すごくクリアで分離が良いONなサウンドを
再確認しました。いやー、やはりスゴイです。
さて、桃印盤、どんなブツがでてくるか、
こちらも楽しみですね。
 / URL / Edit
2011.05.25 Wed 21:56  たどん #AZV5XfxQ
ケーンさん、こんばんは。

移動にかかる時間を含め中二日。それでも午後1時のスタートというのは演る側にとってはどんな感じなんでしょうね。けどまぁ最終日に連チャンを堂々とやってのけた連中ですからね、そんな時間のスタートでも内容は実に堂々とした素晴らしいものになっていますね。

>あと8日、16日夜の2公演ですね。

驚いちゃいますよね。ツアースタッフを除く一体誰が他に全日程参戦していたと言うのか・・・全くもって頭の下がる思いです。

8日はLHが出した既発盤で聴いていますが音質的に今ひとつだったので僕もリリースが楽しみです。

『雷神』は今聴いても別格というか、僕は桃氏の職人技をもってしてもアレを超えるのは難しいと思っている一人ですが、ともあれ怒濤の大団円、楽しみに待ちましょう!
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/526-a985078c
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
431
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
44
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。