Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 002:GENESIS 『SPECTRUM 1983』1983年11月26日フィラデルフィア

リアルタイムで聴いた1982年の『スリー・サイド・ライヴ』がジェネシスとの最初の出会いで、その後ピーター・ガブリエル(ゲイブリエル?)時代も聴き、好きな作品もいくつかあるんですが、それでもジェネシスといえば結局はこのライヴ盤に戻ってしまう。中でも「In The Cageメドレー」のドラマティックな一大音絵巻にはすっかりヤラれてしまい、今でもiPodの常駐曲だったりします。

『スリー・サイド・ライブ』にはアバカブ・ツアーの初日、1981年9月29日にフランスのジュレで行われた公演が収録されていますが、先月リリースされたこの4枚組にはその2年後、アルバム『Genesis』リリース後のMamaツアーから1983年11月26日と27日、フィラデルフィア、スペクトラムでのライヴを高音質収録。どちらの日もFM放送用に録音されたものですが、このCDにはその放送前のマスターが使われているとのこと。ただ、両公演とも完全収録ではなく、放送時間枠の関係で曲順にも編集があるようです。

spectrum_1983.jpg

両公演ともまさにオフィシャル級の高音質なので快適に聴けますが、曲順編集の結果、26日の(27日もちょっと怪しい感じですが)「Misunderstanding」のエンディング後の展開に違和感があるのが惜しい。そのまま「Turn It On Again」のイントロに続いているところを無理にフェイド・アウトさせ、次の「Illegal Alien」前の歓声にクロス・フェードさせちゃってます。それなのに、その「Turn It~」が5曲目に違和感なく収録されているのはトラック編集がされているからでしょうか。って分かってもらえないですよね、こんな説明じゃ(苦笑)。

なので、瑕疵がないわけではないんですが、音は抜群に良いし『Three Sides Live』のメドレーが「In That Quiet Earth」を加えてよりスケールアップしているのが嬉しく、個人的には買って正解な好タイトルでした。メドレー以外では、特に26日Disc2の3曲目、フィル・コリンズとチェスター・トンプソンが見事なユニゾン・ドラムを聴かせる「Drum Duet」から名曲「Los Endos」への流れが白眉という感じです。このグループの場合、音のレイヤーというか、その織りなす様がキモなのでブート選びの際は音の良さが必須条件。で、このタイトルは公演ごとの聴き比べが出来るところも良いですね。ディスク1枚あたり1,450円(笑)。まずまずといったところでしょうか。

Live at Spectrum, Philadelphia, PA - 26th November 1983

Disc 1
01. Dodo / Lurker
02. That's All
03. Abacab
04. Mama
05. Keep It Dark
06. Home By The Sea
07. Second Home By The Sea

Disc 2
01. In The Cage / Cinema Show / In That Quiet Earth / Slippermen
02. Afterglow
03. Drum Duet
04. Los Endos
05. Turn It On Again
06. Misunderstanding
07. Illegal Alien

Live at Spectrum, Philadelphia, PA USA 27th November 1983
Disc 3
01. Dodo / Lurker
02. Abacab
03. That's All
04. Mama
05. Illegal Alien
06. Home By The Sea
07. Second Home By The Sea

Disc 4
01. In The Cage / Cinema Show / In That Quiet Earth / Slippermen
02. Afterglow
03. Keep It Dark
04. It's Gonna Get Better
05. Los Endos
06. Misunderstanding
07. Turn It On Again

Phil Collins vocals, drums, percussion
Mike Rutherford bass, guitar
Tony Banks keyboards
Chester Thompson drums, percussion
Daryl Steurmer guitar

spectrum_1983_back.jpg
Virtuoso 047/048/049/050
サウンドボード音源収録(ステレオプリFMマスター) プレス4CD
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/55-c971544c
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
576
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
54
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。