Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 005:OASIS 『Carnival Of Lightning』2008年10月26日ロンドン

今回は比較的新しめなお題で。

今年最初に買った裏ブツです。既に映像がいくつかのレーベルからDVD-Rで出ていましたが、ようやくプレス盤仕様登場と相成ったので入手してきました。同日の演奏(と新作のCMやインタビューなどのボーナストラック)を収録したプレスCD(2枚組)付。

carnival_of_lightning.jpg

”BBC Electric Proms 2008”
Roundhouse, Camden, London - 26th October 2008

Disc 1: Broadcast on BBC Radio 1 (Sky Digital) Track 1&2 from BBCi
01. BBC Electric Proms Jingle
02. Announced by Edith Bowman
03. Fuckin' In The Bushes
04. Rock 'n' Roll Star
05. Lyla
06. The Shock Of The Lightning
07. Cigarettes & Alcohol
08. The Meaning Of Soul
09. To Be Where There's Life
10. Waiting For The Rapture
11. The Masterplan*
12. Songbird
13. Slide Away
14. Morning Glory
15. Ain't Got Nothin'
16. The Importance Of Being Idle

Disc 2
01. I'm Outta Time*
02. Wonderwall*
03. Supersonic
04. Don't Look Back In Anger*
05. Falling Down
06. Champagne Supernova*
07. I Am The Walrus*
*with Crouch End Festival Chorus

Bonus Tracks
08. "Dig Out Your Soul" CM 1
09. Interview 1
10. Interview 2
11. DJ Intro
12. I'm Outta Time
13. DJ Outro "Rewind@Noon with Oasis!" (Podcast), 98.7FM, Los Angeles, 26th November 2008
14. "Dig Out Your Soul" CM 2
15. The Shock Of The Lightning (Primal Scream Remix)

DVD
Broadcast On BBCi & BBC2 (BBCi + BBC2 Hybrid Version)
01. BBC Electric Proms Jingle
02. Announced by Edith Bowman
03. Fuckin' In The Bushes
04. Rock 'n' Roll Star
05. Lyla
06. The Shock Of The Lightning
07. Cigarettes & Alcohol
08. The Meaning Of Soul
09. To Be Where There's Life
10. Waiting For The Rapture
11. The Masterplan*
12. Songbird
13. Slide Away
14. Morning Glory
15. Ain't Got Nothin'
16. The Importance Of Being Idle
17. I'm Outta Time*
18. Wonderwall*
19. Supersonic
20. Don't Look Back In Anger*
21. Falling Down
22. Champagne Supernova*
23. I Am The Walrus*
*with Crouch End Festival Chorus

2008年10月26日、ロンドンのラウンド・ハウスで行われたBBC Electric Proms 2008の最終日にヘッドライナーとして出演した模様を収録。CDの方はややダンゴ状ながら(というかそれがこのグループのサウンドの特徴?)良好な音質で収録されています。DVDの画質・音質も良し。新曲の演奏振りもそうですが、ここでの目玉はやはりクラウチ・エンド・フェスティヴァル・コーラス(総勢50人)との共演でがしょう。

元々この両者、新作『Dig Out Your Soul』で共演する予定が、スケジュールの都合が合わず断念。また、オアシス側からストーンズの「We Love You」のカヴァー共演を匂わせる発言があったようですが、そちらも実現とはいかなかったようですね。がしかし、期待に違わない壮大な演奏を聴かせてくれています。

白眉は最後の2曲。特にラストの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」が強烈。過去に幾度と無く演奏されてきた曲ですが、僕の聴いてきた限りにおいてはこのテイクが最高。細かなニュアンスより一丸となって押し進む音圧重視といった感じか。バンドのテンションも高く、コーラス隊との相性も良い。いよいよエンディングに差し掛かったところで、混沌の度合いを深めるバンドの演奏に被る第九の「歓喜の歌」、そして「へルター・スケルター」のフレーズ。凄いぞ。


carnival_of_lightning_back.jpg
『Carnival Of Lightning』
Bayswater bw-10/11/12 
ステレオ・サウンドボード音源&プロショット映像収録
プレス2CD+プレス1DVD 
関連記事
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/74-61298925
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
378
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
42
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。