FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 064:THE BEATLES 『A Collection Of Beatles Oldies』Dr. Ebbetts Series

今回はちょいと目先を変え、僕が初めて聴いたビートルズのアルバムのことを書いてみたいと思います。

『オールディーズ』はビートルズ活動期唯一のコンピレーション・アルバムである。 1963年から1966年までのシングル曲とアルバム収録曲からの選曲、また当時英国で未発表曲であった『バッド・ボーイ』(米国では米国編集のアルバム 『ビートルズ IV』で発表済)が収録された。英国と英国編集の国のみで発売され、米国や米国編集の国では発売されなかった。当時の英国盤にはビートルズは年間2枚のアルバムを制作する契約だったが、1966年のビートルズは『リボルバー』完成後にアルバムを制作せずオフに入ったため、パーロフォンが企画したものだった。

日本盤では "A BEATLES COLLECTION OF OLDIES" という誤ったタイトルが盤面と背表紙にクレジットされており、日本・韓国盤以外の裏ジャケット(来日時にホテルで撮影された写真)は裏焼きとなっている。

1987年から始まったCD再発ではCD化されず、オリジナル・アルバムとオリジナル・アルバム未収録曲はCDシングルおよび『パスト・マスター ズVol.1』『同Vol.2』でCD化された。2009年現在も『オールディーズ』は未CD化である。

「オールディーズ(アルバム)」
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より 2009年10月10日 (土) 15:41 

ご多分に漏れずというか、この『オールディーズ』が初ビートルズLPだったという方多いんじゃないでしょうか。ただ僕の場合は買った訳ではなくて。

かれこれもう35年近く昔のことになりますが、当時半ば競うように聴き、情報交換をしていた同い年の洋楽仲間がいました。父親がピアノとギター、母親が声楽、自身も幼少の頃からバイオリン教室に通うなど、音楽が身近にある環境に育ったせいか、彼が好きな曲について語る時の独特な視点は聞いていて面白く、またこの頃は好みが似通っていたこともあり、尽きぬ音楽バナシによく花を咲かせていたものです(余談ですが彼の妹は後にかなりの人気を博する某アイドルユニットのメンバーになります)。

またどちらかと言えば裕福な家庭でもあったので、家には既にステレオコンポがあり、遊びに行く度に?増えていた新しいシングル盤を垂涎の眼差しで見つめていたことも思い出します。”これすげーイイから聴いてみてよ” そんな感じで彼の家で初めて知った曲も数多くありましたね。そうそう、それまでは雑誌の広告でしか知らなかったアナログブートなるものを初めて見せてくれたのも彼でした。


ある年ある日のこと、彼に集まったお年玉でカセットデッキを買いたい(!)から一緒に秋葉原に行こうと誘われました。でその時彼が買ったのがシルバーの面構えもまばゆいSONY製のデッキ。と一枚のLP。

僕が初めてアルバム単位で聴いたビートルズはその時カセットデッキと一緒に彼が買った『オールディーズ』とまあそんなハナシなのです。

当時の僕はといえば、その2年程前に突然父親が買ってきたナショナル製のラジカセを独占し、FM放送を聴いては録るといった日々を送っていましたが、彼がそのデッキで録音してくれた音はラジカセで聴いてもFM放送を録ったそれとは音の密度がひと味もふた味も違う。同じビートルズの曲でも雰囲気が異なって聴こえるんですね。おまけに曲が途中で切れることもないし、アナウンスも被らないし、家の近くをクルマが通った時に決まって入っていたマルチパスノイズもないし、てな具合にいい事ずくめで、以来飽きもせず毎日こればかり繰り返し聴いていた憶えがあります。

SONY_TC.jpg
イメージ画像

残念なことに未だCD化されたことのない『オールディーズ』ですが、将来的なリリースの可能性は決して低くないと見ているんですがどんなもんでしょう。どうせ出るなら紙ジャケが良いですよねやはり。その時裏側の写真はどっちを向いているでしょうか。他にも『ロックン・ロール・ミュージック』や『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!(アット・ハリウッド・ボウル)』など、公式にCD化してほしい作品はまだまだありますね。

という訳で、そんな未リリースの影に裏盤有り、ってことで今回はこんなブツを取り上げてみます。

oldies.jpg

Dr. Ebbettsシリーズ。ハイスペックなオーディオ機器で再生したコンディションの良いオリジナル盤をCD化、そんな簡単な説明で事足らしてはいかんのかも知れませんが、何せその存在は知りつつも、これまであえて手を出さずにきたシリーズです。

それが何故かと言えば、制作ノートがある訳じゃなし、いや仮にあったとしても結局は正体のよくワカラン裏のブツ。しかもCDで聴く訳で、それを真に受けてこれがオリジナル盤の音か、てなことになっちゃいかんだろ、とただそれだけのハナシ。

なのに今回その禁を解いてしまったのは、結局はリマスター盤の内容に満足していたのが理由じゃなかろうかという気がしています。上手く言えないんですが、帰る場所がちゃんと出来た今なら、知らぬ怪しい場所にふらり出掛けてみるのも悪くないか、そんな感じ?(苦笑)

例によってMP3フォーマットなので ”あくまで参考程度にどうぞ” ですが何曲か貼り付けてみました。モノとステレオのUKオリジナル盤を元に制作されたとのことですが真相やいかに? 音質的にはなかなかよく出来ていて、針音もなく、音圧も割合しっかり出ていますが、ステレオ版「恋を抱きしめよう」の1'33"のところに音飛びがあります。

がしかし、個人的には今回のテーマは音質よりもその曲順。当時何度も繰り返し聴き刷り込まれたその曲順。なら今回のリマスター盤から寄せ集めてCD-Rにでもすれば良かったじゃないかと気付いたりもしましたが(苦笑)、とまれ、あと単曲としてはこのLPで初めて聴いた「Bad Boy」がポイントでしょうか。最初聴いた時のまるで鬼っ子のような違和感が、その後自身の中で大きく変わって行き、いつしか最高のR&Rとして刻まれている。聴く者の耳を釘付けにするざらついた声とファルセットの絡ませ方の妙、ゾクッとくるシャウトとソレを入れるタイミング。特徴のある音色を聴かせるギターも相当印象的ながら、とにかくジョンの歌が凄いです。

西方徘徊 060:PAUL McCARTNEY 『Complete Rooftop Concert 2009』 2009年7月15日ニューヨーク

♪二日遅れの便りをのせて~~ 

何だかよく分かりませんが、先程ウチにもようやく届きましたよ。

parcel.jpg

9日は仕事休んでウッシシ~てな予定だったのに、発売日の発送というHMVのナントモな対応のせいで深夜帰宅となった昨日は不在票と睨めっこ。で、今日も遅くなりそうだったので、とにかくウチが最終、何がなんでも最終~、と佐川急便に念押しして、帰宅直後の22時頃に無事受領、そしてご対面。開梱しブツを確認した瞬間、妙にホッとしましたよ。

opened.jpg

で、すぐにでも聴きたいキモチをグッとこらえて、9日をハズシちゃったからにはもう慌てずに日曜の昼過ぎあたりからじっくり腰を据えて聴き始めようかと。とにかくハジメが肝心というか、出来るだけデカい音で鳴らしたいですからね。という訳で、何から聴き始めようかな。やっぱりきっちりとモノ版の『Please Please Me』から行きましょうかね。わくわく。

remaster_boxes.jpg remaster_boxes_r.jpg
『ザ・ビートルズ BOX』『ザ・ビートルズ MONO BOX』どちらも輸入盤(トータル 45,581円也)



強めのエコーが掛けられているせいか、例えば距離感が遠目なボーカルとまるで詰め物をしたような響きの少ないコンパクトな鳴りのスネアに評価が分かれそうですが、バランスの良さはさすがライン録音。そんなソースで音のディテールを味わい、SBDソースでは大部分がカットされている観衆にやけにウケているポールのMCが聴けるAUDソースでその場に居合わせたかのようなリアリティの肉付けをし、最後はプロショット映像で仕上げ。印象の彫りをぐっと深める。

と書くとまるで1枚で3度オイシイって感じですが、はてさて?

rooftop_concert.jpg

西方徘徊 059:PAUL McCARTNEY 『Live On The Common Halifax 2009』 2009年7月11日カナダ

きっと楽しませてくれる。必ず満足出来る。60年代や70年代から活躍していたアーティストなりグループが現在の活動でもそう思わせてくれるとしたらそれは何と幸せなことだろう。

僕にとってポール・マッカートニーのライヴは間違いなくそのひとつ。オープニングは何だろう?今回の初ビートルズは?ウイングスももっと聴きたい。新曲だってライヴならではのノリでもってますます魅力的に鳴り響くことだろう。ああ、ポールぅ(笑)。

ビートルズ・リマスターBOXのリリースが目前に迫りました。そこで今回はこんなブツ。7月11日からスタートした夏の北米ツアー初日、カナダのノバスコシア州にあるハリファックス・コモンズでの演奏をサウンドボード、プロショット映像で収録した一品です。

the_commons_halifax.jpg

ポールのライヴにまつわる最大の関心事といえば、やはり新たにセット入りするビートルズ・ナンバーは何?てなことになる訳ですが、この日の基本的な流れはこのハリファックス公演同様に放送ソースがブート化された昨年6月のリバプールやキエフ公演とよく似ています。

今回はそこにThe Fireman名義としては初の全曲歌入り作品となった『Electric Arguments』からの2曲(「Highway」「Sing The Changes」)と、初ビートルズとしてアンコールの1曲目で「Day Tripper」がセットイン。ウイングス・ナンバーの「Let Me Roll It」は後半ジミ・ヘンドリックスの「Foxy Lady」をモチーフにしたというジャムへと展開。また、キエフでも演奏された「Mrs. Vanderbilt」もしっかりポジションをキープしています。

昨年のリバプールが初お披露目だった「A Day In The Life / Give Peace A Chance」と、ウクレレの弾き語りで始まり途中からバンドが加わるドラマチックなバージョンにアレンジされた「Something」(2002年の来日公演では弾き語りのみの演奏でしたね)、そして個人的にとてもナイスな選曲「I've Got A Feeling」「Helter Skelter」どちらも健在。一方、最近になって演奏されていた「I'll Follow The Sun」が消えてしまったのは残念でした。

あとこのハリファックスだけのスペシャルとして、地元のバグパイプ楽団、78th Highlanders Pipe Bandがステージ上にずらり勢揃いし「Mull Of Kintyre」を一緒に演奏しています。スコットランド系移民の多いカナダならではの展開ですね。

またボーナストラックとして前日10日のサウンドチェックの様子(4曲中本番で演奏されたのは1曲だけ)と地元ラジオのインタビューを収録しています。相変わらずここんちのブツは具沢山ですよって(味の方はともかく^ ^ ;)。

halifax02.jpg
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search