Home All Log in RSS

冷却システムはオプション(只今リハビリ中)

此れから何しようとか、云いたい事は明日云えとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BD仕様を注文したつもりだったのに・・

ともあれ、食べながら観るべし。日曜にでも。

ZEPPELINs.jpg

西方徘徊170:BOSTON 『The Journey Into Centrum』 1987年8月24日 マサチューセッツ州ウォーセスター

久しぶりの更新です(またしても広告出されちゃいました)。先日、ボストンのちょいと珍しいサウンドボード音源を入手したのでそれをお題に今回は書いてみようと思います。

BOSTON_1987.jpg

収録されているのは1987年8月24日、マサチューセッツ州ウォーセスターにあるセントラム(現DCU Center:キャパ15,000人)での演奏。時期的には3rdアルバム『Third Stage』のリリースから11ヶ月後にあたりますが、当時のライン音源は自分の知る限りではこれが初じゃないかと。

いかにもミキサー卓から引っ張ってきました的な音像、と思いきや、時折見せる(聴かせる)ステレオイメージの奥行き感や広がりが気持ちよく、中でも特筆すべきはギターの定位の動きというか、例えばトムが独奏している時はセンターから聞こえていた音が、2本になった途端(もうひとりのギターはGary Pihl:右ch)、左右にキッチリ分かれるところなんざ、現場のPAから出力されていた音の動きを見せられているようでもあり、なかなか興味深い。

そもそもスタジオ版の音ではメンバーの顔が見えにくいのがこのバンドの特徴でもあったわけで(ドラムを除き、大部分がトム個人による多重録音なのでそれも当然と言えば当然)、しかし決してバランスが良いとは言えないこの音源がライブならではの生々しさでもってバンド像を伝えるドキュメントになっている点が堪えられない魅力(例えば「The Launch」でトムがギターからキーボードにチェンジする瞬間の左chの音の途切れですら、本音源の聴きどころのひとつと言っていいと思う)、そう考えると有り難みもさらに増してくるようで。

ところで、このツアーについて調べてみたところ、嬉しいことに公式サイトにスケジュールが記載されていました。それによるとこの日はトータル70本という規模で行われた全米ツアーのほぼ折り返しにあたる37公演目、しかも連続で10回行われた同会場での最終公演だったことがわかります(定番のオープニングナンバー「Rock & Roll Band」の3コーラス目のアタマで”Playin' for a week in CENTRUM”と歌ってます)。

01. 1987/06/14 War Memorial Auditorium, Rochester, NY 
02. 1987/06/17 Cotton Bowl, Dallas, TX
03. 1987/06/25 Spectrum, Philadelphia, PA
04. 1987/06/26 Spectrum, Philadelphia, PA
05. 1987/06/27 Spectrum, Philadelphia, PA
06. 1987/07/01 Meadowlands Arena, East Rutherford, NJ
07. 1987/07/02 Meadowlands Arena, East Rutherford, NJ
08. 1987/07/03 Meadowlands Arena, East Rutherford, NJ
09. 1987/07/05 Meadowlands Arena, East Rutherford, NJ
10. 1987/07/08 Joe Louis Arena, Detroit, MI
11. 1987/07/09 Joe Louis Arena, Detroit, MI
12. 1987/07/10 Joe Louis Arena, Detroit, MI
13. 1987/07/11 Joe Louis Arena, Detroit, MI
14. 1987/07/16 Veteran's Memorial Coliseum
15. 1987/07/18 The Forum, Los Angeles, CA
16. 1987/07/20 The Forum, Los Angeles, CA
17. 1987/07/21 The Forum, Los Angeles, CA
18. 1987/07/22 Irvine Meadows Amphitheater, Irvine, CA
19. 1987/07/25 Oakland Coliseum, Oakland, CA
20. 1987/07/26 Oakland Coliseum, Oakland, CA
21. 1987/07/27 Oakland Coliseum, Oakland, CA
22. 1987/07/31 Tacoma Dome, Tacoma, WA
23. 1987/08/01 Tacoma Dome, Tacoma, WA
24. 1987/08/06 Alpine Valley Music Theatre, East Troy, WI
25. 1987/08/07 Alpine Valley Music Theatre, East Troy, WI
26. 1987/08/08 Alpine Valley Music Theatre, East Troy, WI
27. 1987/08/09 Alpine Valley Music Theatre, East Troy, WI
28. 1987/08/13 Centrum, Worcester, MA
29. 1987/08/14 Centrum, Worcester, MA
30. 1987/08/15 Centrum, Worcester, MA
31. 1987/08/16 Centrum, Worcester, MA
32. 1987/08/18 Centrum, Worcester, MA
33. 1987/08/19 Centrum, Worcester, MA
34. 1987/08/20 Centrum, Worcester, MA
35. 1987/08/21 Centrum, Worcester, MA
36. 1987/08/23 Centrum, Worcester, MA

37. 1987/08/24 Centrum, Worcester, MA
38. 1987/09/07 The Scope, Norfolk, VA
39. 1987/09/08 Capital Centre, Washington, DC
40. 1987/09/09 Capital Centre, Washington, DC
41. 1987/09/11 Civic Arena, Pittsburgh, PA
42. 1987/09/12 Civic Arena, Pittsburgh, PA
43. 1987/09/16 Starwood Amphitheater, Nashville, TN
44. 1987/09/17 The Omni, Atlanta, GA
45. 1987/09/19 Dean Smith Center, Chapel Hill, NC
46. 1987/09/23 Richfield Coliseum, Cleveland, OH
47. 1987/09/24 Richfield Coliseum, Cleveland, OH
48. 1987/09/26 Market Square Arena, Indianapolis, IN
49. 1987/09/30 USF Sundome, Tampa, FL
50. 1987/10/01 USF Sundome, Tampa, FL
51. 1987/10/03 Sportatorium, Hollywood, FL
52. 1987/10/04 Sportatorium, Hollywood, FL
53. 1987/10/07 Checkerdome, St. Louis, MO
54. 1987/10/08 Checkerdome, St. Louis, MO
55. 1987/10/09 Kemper Arena, Kansas City, MO
56. 1987/10/11 Met Center, Minneapolis, MN
57. 1987/10/13 McNichols Arena, Denver, CO
58. 1987/10/14 McNichols Arena, Denver, CO 
59. 1987/10/16 BYU, Provo, UT
60. 1987/10/20 U of T - Frank Irwin Center, Austin, TX
61. 1987/10/21 The Summit, Houston, TX
62. 1987/10/22 LSU Assembly Center, Baton Rouge, LA
63. 1987/10/24 Kansas Coliseum, Wichita, KS
64. 1987/10/25 Devaney Center, Lincoln, NE
65. 1987/10/28 Centennial Hall, Toledo, OH
66. 1987/10/29 Riverfront Coliseum, Cincinnati, OH
67. 1987/10/31 Memorial Auditorium, Buffalo, NY
68. 1987/11/02 Civic Center, Hartford, CT
69. 1987/11/03 Civic Center, Hartford, CT
70. 1987/11/05 Broome County Arena, Binghamton, NY

収録時間は約77分間。まずはファーストとセカンドから代表的なところを聴かせてから、新作を全曲演奏(クレジット上ではそうなってませんがこれは誤りで、実際には全編ブッ続けで演奏されています)。

本盤はそこで終わっていますが、実際にはこれ以降がおいしいトコというか。ブラッドによるメンバー紹介を経て繰り広げられる「Forepaly〜Long Time」「Something About You」「Used To Bad News」「Hitch A Ride(!)」「Let Me Take You Home Tonight」といった私的ウハウハな曲がここではごっそり落ちているのが残念至極。きっとどこかにはあるんでしょうけども。

『山下達郎 シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012』公開まであと3週間

”上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消せます。”

まさかそこまで放ったらかしにすることはなかろう?開設後の数年間はそんな風に思っていたんですけどね。

やっちまいました。。

あゝそれなのに、毎日お立ち寄り下さる方が少なからずいらして。。

なので、ここいらで兼生存証明というか、音源紹介を期待されている方には誠に申し訳ないのですが、先日山下達郎のシアターライブの前売り券を購入してきまして。

performance1984_2012_a.jpg

28日から発売されていますが、左のポストカードタイプは10000枚限定なんだそうです。

一体何人の人が観るんでしょうね。でもってその内どれ程の人がリピーターと化すのか。

ちなみに自分が行く新宿バルト9も横浜ブルク13も観たい日の2日前の0:00からネット予約が可能。↑の前売り券の指定席券との引き換えは同じ2日前でも劇場が開いてからだし。

何だか微妙。。

ところで、チラシを見ても上映時間が記されてませんが、期待したいのは先のシアターライヴ『Joy1.5 -THE MOVIE-』の拡大版というか、肝はPERFORMANCE 2011-2012での演奏が何曲観られるのか?ってところでしょうね。


8/25(土)からの上映ですが、横浜ブルク13に問い合わせてみたところまだスクリーンも一日の上映回数も決まってないんだそうです。

北海道

[札 幌] シネマフロンティア

東北

[宮 城] MOVIX仙台

関東

 

[東 京] 新宿バルト9
[神奈川] 横浜ブルク13

甲信越

[新 潟] T・ジョイ新潟万代 (※9/8~)

東海・中部

 

[静 岡] シネシティザート
[愛 知] 名古屋ミッドランドスクエアシネマ

関西

 

[大 阪] 梅田ブルク7
[京 都] T・ジョイ京都

中国

[広 島] 広島バルト11

四国

[愛 媛] シネマサンシャイン衣山

九州

 

[福 岡]T・ジョイ博多
[鹿児島] 鹿児島ミッテ10 (※9/1~)


FREE『San Francisco 1971』 1971年1月22日&1月16日

twitterでは#nowpalyingというハッシュタグが音楽好きの間ではまるで挨拶代わりのようになっていて、自分も一時期よくやりました。

となると今回はさしずめ#previouslyplayedとでも?今日はこんな音源を聴きながら職場に向かいました。

FREE_SF_1971.jpg

今では入手が難しくなっちゃってるかも知れませんね。Freeの1971年の2種類の音源をプレス2CDに収めたブツで、放送音源とAUDソースの抱き合わせになっています。ビッグネームの割にコンディションの良い音源が少ない中、かなりの高音質で完熟期の演奏を楽しめる有り難いブツですが、リリース当時のキャプションにはこう書かれてます(抜粋)。

ディスク1では当時FMラジオで放送された71年1月22日サンタモニカ公演を安定したサウンドボード録音にて16曲分に渡って完全収録しています。この80分に渡る全長版は以前アナログ時代に存在していましたが、CD時代になってからは数種類存在するコンピレーションCDに、Be My Friend, Stealer, Woman, Ride On Ponyの4曲が収録されていたに過ぎませんでした。で、ここにきてアナログ落としでない、全長版テイクが衝撃の登場です!(各曲ごとのフェイドイン&アウト、そしてI'm A Moverのドラム・イントロに、テープのリバースポイントと思われるパートがあります。)

さらにさらに、ディスク2では、こちらは世界完全初登場となる1971年1月16日のフィルモアウェストでのライブをライン録音に迫る高音質オーディエンス録音で収録。こちらはカルフォルニア在住の日本人レコードスタッフが記録用に録音したもので、トレーダー界のどこにも流れていなかった世界中のFREEファン驚愕のウルトラテイクです!(ジャケ裏にマスターカセットの写真を掲載してます(なんと曲間で日本語が聞こえます!)。

収録時間は30分と短いですが、ポール・ロジャース、ポール・コゾフ、アンディ・フレイザー、サイモン・カークの織り成す燻し銀のようなオリジナルFREEの生々しいサウンドにたっぷりと触れることができます。

プロモーション用に制作したシングル盤「The Highway Song / Love You So」を引っさげて臨んだというUSツアー。まさに完熟しまくりな頃の記録で、時期的にはあの名ライブ盤『Free Live!』が録音されてからおよそ4ヶ月後、そしてすでにバンド内の人間関係がほとんど破綻していたとも言われる初の来日公演のおよそ3ヶ月前にあたります。

「各曲ごとのフェイドイン&アウト」はどうもマメにDJのナレーションをカットした痕跡とも聞こえますが、演奏中のカットは”テープのリバースポイントと思われる”「I'm A Mover」(0:06あたり)とキャプションには記されてませんが「Mr Big」(2:55あたり)の2箇所。が、どちらも然程目立つものではないです。

ところで、彼らの音楽性を評する際によく言われるのがその老成ぶり。そう、確かに渋い。ブルース・ロックの呼称が実にしっくりくる、けれどもそこにある種人懐っこくもある独特な歌心を注ぎ込んだ実に個性的な演奏を繰り広げていて、その味わいははまさにタイムレス。当時平均年齢21歳の4人が奏でる音を五十路手前の自分がいまもずっぽりと浸れてしまう、それも音楽ならではの醍醐味でがしょう。フリー、やっぱり良いなぁ。

FREE_SF_1971_b.jpg

R.I.P. Bob Welch

これから先、数多くの訃報に接することになるってわかっていたつもりだけど。

けど多過ぎでしょホント。

しかも今回は自害だなんて、あまりにも残念すぎる。

体調に不安を抱えていたんですってね。

70年代半ばよりラジオから流れてくるヒット曲で洋楽に親しんでいた自分にとって1977年にソロ名義でヒットさせたフリートウッド・マック時代(1972年作『Bare Trees(邦題:『枯木』に収録)の曲を再録した「悲しい女」と「エボニー・アイズ」は今も宝。

その後フリートウッド・マックでの活動も後追いし、けれどグループ名義ということなら1976年にデビューし、2枚の素晴らしいアルバムを残したパワートリオ、PARISの音がより鮮烈に刷り込まれてます。

PARIS_Detroit_a.jpg

これは1976年10月5日デトロイト、フォード・オーディトリウムでのライブを収録したタイトル。2ndアルバム『BIG TOWNE, 2061』リリース後ということもあり、全8曲中6曲がその2ndからの曲になっています。

音質は距離は感じさせるもののなかなか良好なAUD。

けどブートで追悼かよ、って?

・・まぁそう言わずに。

単にB級というレッテルを貼ってしまうだけでは実に惜しい個性とライブならではのスリリングなアンサンブルが今も自分の胸を強く揺さぶるのだからして。

2つの公式盤も長らく廃盤という現状を憂いながら、今はこのような素晴らしいバンドが存在していたという事実をこんなネットの片隅からとにかくアピールしたい気分。

May you rest in peace. 

どうか安らかに

Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
309
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
34
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。